【店舗管理】#2 MD~商店の基本は「仕入れて、売る」

商店の基本は「仕入れて、売る」。

今日が仕事始めの方も、まだ休みたっぷりの方も。まだ初売りを見逃していたら、ぜひ「MD」の過去問に目を通して行ってみるのはいかがでしょうか。

「MD」の最初の柱は「予算計画」。
その基本は「一定の元手でいくら稼ぐか」。イトーヨーカードーでもイオンでも、小売業の創業期は現金商売がスタートなので、粗利益率や商品回転率を今でも大事にします。

次の柱は「商品計画」。
どの商品をどう品揃え?そして自分が 競争が激しいスーパーの社長になったつもりでどう稼ぐか。すると今日の過去問がぐっと現実的で、身近なものに。ではどうぞ。

【店舗管理】#2 MD マーチャンダイジング

予算計画

H27第32問 GMROI/交差比率 Bランク

GMROIは中学生レベルの割り算問題。暗記ではなく意味で覚えて応用問題。

商品予算計画に関する以下の用語とその算出方法の組み合わせとして、最も適切なものを下記の解答群から選べ。
<用語>
① GMROI
② 交差主義比率
③ 商品回転率
<算出方法>
a 粗利益÷平均商品在庫高(原価)
b 粗利益率×商品回転率
c 年間売上高÷平均商品在庫高(売価)
〇ア ①:a ②:b ③:c
×イ ①:a ②:c ③:b
×ウ ①:b ②:a ③:c
×エ ①:b ②:c ③:a
×オ ①:c ②:a ③:b

GMROIが苦手という方はいなくなり、出題頻度も最近減りましたが、この手の割り算問題は実力通りに点差がつくので、まだまだ意外に出題されるはず。

GMROI⇔交差比率とは、分母の平均在庫高の違い(原価⇔売価)が違うだけ。ですが当問の算出方法a⇔bの表現は少し異なり、意味で覚えるための良問です。

H28第28問 商品回転率 Bランク

「財務」「運営」で頻出の割り算問題。慌てず4つのウソに×を付ける。

小売店の商品管理に関する記述として、最も適切なものはどれか。
×ア ある期間の商品回転率が6である場合、当該期間の売上高は期末在庫高の6倍である。
×イ 売上高が減った場合でも、平均在庫高を一定に保てば商品回転率は維持できる
×ウ 売場に商品を補充する際、先入れ先出しをすると必ず商品回転率が高まる。
×エ 売れ筋商品の品ぞろえを増やして売上高が増加すれば、平均在庫高が増えたとしても必ず商品回転率が高まる。
〇オ 需要期後に売れ残った季節商品を値引きや廃棄して処分すると、その処分をしないよりも商品回転率は高まる。

当問は正解を選ぶより、間違いを1つずつ指摘して、正しい知識を深めるための出題です。アは×期末→〇平均、イは×できる→〇できない、ウエは×必ず→〇そうとは言えない、です。

商品計画

H30第27問 商品構成 Bランク

品揃えとは、ライン(幅)×アイテム(深さ)。スーツ、ネクタイ・・と幅が広がり、サイズ・色・素材の違いで深まる。まぁ例えは何でもOK。

画像:PR TIMES
小売店の品揃えの方針に関する記述として、最も適切なものの組み合わせを下記の解答群から選べ。
〇a 売れ筋商品を中心に品揃え商品数を絞り込むと、店全体の在庫回転率を高めやすい。
×b 同じ商品カテゴリーの中で多数のメーカーの商品を品揃えすると、品揃えの総合化になる。
〇c 競合店にない独自商品を品揃えすれば、品揃え商品数を増やさなくても差別化ができる。
×d 品揃えを専門化するためには、売れ筋商品に品揃え商品数を絞り込むことが重要である。
×ア aとb
〇イ aとc
×ウ bとc
×エ bとd
×オ cとd

ごちゃごちゃした選択肢をいちいち読まず、ライン(幅)×アイテム(深さ)をイメージして選びます。a、bはそりゃその通り。bは×同じ→〇異なる、dは×売れ筋商品→〇売れ筋カテゴリーなら正解に。

H26第31問 ISM Bランク

生産現場のIEに負けじと、スーパーの店頭を科学するとISM(インストアマーチャンダイジング)に。ただし難しくないのであっさり捉え、暗記も不要。

画像:流通経済研究所
インストアマーチャンダイジングに関する次の文中の空欄AとBに入る語句の組み合わせとして、最も適切なものを下記の解答群から選べ。
客単価を上げるためには、インストアマーチャンダイジングを実践することが有効である。たとえば、 A ためにはマグネットポイントの配置を工夫することが重要である。また、棚の前に立ち寄った客の視認率を上げるためには B ことが重要である。
×ア A:買上率を高める B:CRM を実施する
×イ A:買上率を高める B:プラノグラムを工夫する
×ウ A:客の動線長を伸ばす B:CRM を実施する
〇エ A:客の動線長を伸ばす B:プラノグラムを工夫する

当問はなんとなく〇エ一択になればOK。凝り性の方は、A→フロアマネジメント、B→シェルフスペースマネジメントと考えれば納得。ちなみに価格主導型のプロモーションとは「値引」、非価格主導型では「試食販売」だったりしますが、そんなのいちいち覚えない。

H30第30問 外的/内的参照価格 Aランク

「他よりちょっと高い」が外的参照、「いつもよりちょっと高い」が内的参照。自分なりの例えで納得すると使える知識。

インストアプロモーションに関する次の文章の空欄A〜Dに入る語句として、最も適切なものの組み合わせを下記の解答群から選べ。
特売は、インストアプロモーションの中でも A に売上を増加させるために有効である。価格弾力性が B 商品は、 C 商品と比べて同じ値引率での売上の増加幅が大きい。ただし、特売を長期間継続した場合は、消費者のD が低下するため、特売を実施する際に注意が必要である。
×ア A:短期的  B:小さい  C:大きい  D:外的参照価格
〇イ A:短期的  B:大きい  C:小さい  D:内的参照価格
×ウ A:短期的  B:大きい  C:小さい  D:外的参照価格
×エ A:長期的  B:小さい  C:大きい  D:内的参照価格
×オ A:長期的  B:小さい  C:大きい  D:外的参照価格

当問もなんとなく〇イ一択ですが、折角なので知識を深めます。外的参照価格とは同じジュースが7-11で120円、スーパーで100円、ドンキで80円になることで、「高いのを承知」で買ってもらいます。

内的参照価格とは、「この商品ならいくら」の値ごろ感のことで、「3個1,000円セール」に1つ高めの商品を入れておくと、実は他の2つがあまり安くなくてもまとめ買いを促せます。ひどいな・・。一番の典型は福袋ですね。

今日のまとめ

八百屋やスーパーの売り場を科学したら、案外面白かった。

そう、正月気分の周囲を傍目に勉強するなら、いつものしかめっ面はやめてニヤリと楽しまないと。しかし今の八百屋やスーパーの品揃えでは、超効率主義のCVS、ロングテールのネット通販に挟まれ、そうラクな商売もできません。

明日はネット通販がなぜこんな便利に? その縁の下の力持ちである「物流」の過去問です。

ポチっと爽やかに頁が閉じます↓。
その爽やかさが進化の手応え。

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村