【運営】スピテキ斜め読み #4品質・環境

D運営
 工場で カネにならない 3兄弟

 

品質重視に安全第一。さてお題目とはこのことで、最近の大手製造業の品質不祥事の例を挙げるまでなく。実際の企業においては、

カネになる開発・製造・営業部門の発言力が強く、
品質・環境・安全は傍流であることが多々。

いえそうはいっても。企業や生産に関することなら幅広く学ぶのが診断士。

ここで、「品質」=QCとQAの違いに注目します

QC:Quality Control 品質管理
QA:Quality Assurance 品質保証

QAはもちろん大事。でも診断士試験上は「経営戦略」に関わるQCの方がまず大事。同じ「品質」でも2通りあるぞ。診断士テキストはこの違いをはっきり教えないので、ちょっとした狙い目。ではQC中心に斜め読みを。

「運営」#4 品質・環境

重要問題

スピテキ斜め読み~重要度ミシュラン

スピテキ各論点は、重要度S~Cを頭に振って、内容を読み進む。

S論点:
最初に暗記、次いで理解しておく最重要論点。「1次」で毎年問われ、「2次」では自分なりの理解で使いこなす。スト合格狙い時の「知識の差別化」実現ツール。
A論点:
必ず暗記しておく重要論点。「1次」で毎年問われるが、「2次」では問われない、または一般常識で対応すれば良く、講義で教わる通りの理解でOK。
B論点:
余裕があれば暗記しておく出題領域。昔よく問われたが最近の出題トレンドから外れたもの、またはS~Aランクのサブ論点。時間的に理解するのは非効率で、先送り直前丸暗記でOK。
C論点:
C論点とは、過去出題があったため営業上収録された知識。追い掛けたらキリがないので、過去問の答えだけ読んでおく。

 

このS~C分類は診断士講座に限らず、多くの資格講座、スクールで使われる手法です。

スピテキ重要度S~Cランク表はこちら

S論点 頻出+理解=2次論点 ★ココが重要★

4その他、品質管理に関する事項
1品質に関する用語

  • 今日の#5では、この「設計品質」「製造品質」が理解必要最重要Sランク。

設計品質:製造の目標として狙った品質
製造品質:設計品質を狙って製造した製品の実際の品質

  • 製造業の世界では、

10個に1個素晴らしい芸術作品を作ることより。
10個注文を受けたら10個全て、最悪9個を良品に。

  • ところで2次「事例」の世界では、

10人に1人の素晴らしい芸術解答を目指す人が現れがち。
それで合格・・という話はあまり聞かないので気を付けて。

A論点~頻出+暗記

2QC7つ道具
1パレート図
2チェックシート
3ヒストグラム
4散布図
5管理図
6特性要因図
7層別

  • QC7つ道具は、2013年(H25)以来出題されていないが、

生産管理手法として、
また用語暗記を問う試験上としての重要知識。

  • 理解は必要ないので、まず丸暗記し過去問解ければOK。なお2016年「事例Ⅲ」で突如「特性要因図」が登場し、この手の知識が薄いと「2次」でパニクるので要注意。

1設備保全
2評価と更新
1設備総合効率
2設備更新

  • 工場でいえば「工務」と呼ばれる方たちの活動領域。診断士に助言は求めないので、いつもの通り①用語暗記 ②過去問を解ければOK。また「設備総合効率」と問われ、「情報」のフェイルセーフ、平均故障間隔(MTBF)あたりの知識をスッとつなぐ。
B論点~暗記

1TQM
1SQC(Statistical 統計的)
2TQC(Total 全社的)
3TQM(Total, Management総合的)

  • TQMは、ISO=国際標準と違い、国ごとに自由に競い、力を伸ばす。改善や小集団活動=日本の製造業の競争力の源泉だから、常識レベルの知識で1マークいただき。

3新QC7つ道具
1親和図法
2連関図法
3系統図法
4アローダイヤグラム法
5PDPC法
6マトリックス図法
7マトリックスデータ解析法

  • 新QC7つ道具とは、QC7つ道具以上に高度な原因分析をするツール。QC7つ道具さえ問われるのは用語レベルだから、ここも用語暗記、かつ面倒ならば先送りでOK、Bランク。

2検査
(1)検査の定義
(2)検査の種類

  • 製品が出来上がった、検査をするのはIEで学んだ通り。特に出題する論点ではなく、テキスト眺めて暗記程度に。

1環境保全
1環境基本法
2循環型社会形成推進基本法

  • 「環境」→「水」「CO2地球温暖化」は国際レベルで取り組む課題。日本だけ勝手に行動できず、国際ルールとして背景を理解。試験上の重要性は低い。

2廃棄物の処理・管理
1ゼロエミッション
2リデュース・リユース・リサイクル

  • 廃棄物は減らして地球保護。またブログの過去記事だって大切にリデュース・リユース・リサイクル。
C論点~おまけ

3シックスシグマ手法

  • シックスシグマは米国の品質向上運動。「経営」と異なり国内産業万歳、トヨタ自動車万歳の「運営」では、海外の手法はむしろ目の敵。だからまず出ない。

4ISO9000シリーズ、品質マネジメントシステム
(1)ISO
(2)ISO9000シリーズ

  • 冒頭に示した通り、生産現場はむしろISO中心で動く。でもそれは国際標準の話であり、「日本の製造業の競争力はその上にある」と考えるのが試験委員。だから出題数は急には増えない。

3省エネ法
4ライフサイクルアセスメント(LCA)

  • 法律知識は、ひっかけ問題に出しやすい。LCAもISO知識だから同様。この手の意地悪出題に動揺せず、「捨て問」判断するのが短期合格センス。

今日のまとめ

QCとは単に「品質」でなく、経営戦略の話なのか。

そして、こう気づいてニヤリ。
  • なぜそうなのか?の問いかけが甘く、
  • やることなすこと他人をパクってばかり?
  • すると「2次」は何度も落ちるぞ。

へぇ、まだ「1次」の途中だけど。「2次」って面白そうだ。

当サイト、たまにこんなことをほっこり口コミ。そうだよ、「2次」とは自分の筆記答案の品質管理活動そのものなんだよ。そう投げかけて、試験委員がニンマリ。

ポチっと押して「アイデアいただき」。
スッと爽やかにページが閉じます↓

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

    コメント