【模試終了】自己採点の後に~「2次」に向けてギアチェンジ

1次Check:効果測定

420点取ることが全てじゃないよ。

自分のベストを尽くしたことが大事だよ。

首尾よく450点以上
→7月は「2次」に向けてギアチェンジ。
目標ギリギリ420点
→本試験で取りこぼさないよう準備を万端に。
目標未達の390点
→「1次」は7科目の暗記試験。過去問の答えを覚えりゃ420点。
全員共通
→合格者数調整用の「足切り40点」には細心の注意を。

でも本当に一番大事なのは、「目標点数を設定して模試に臨んだか」。仮にそれが欠けていたら、「2次」は苦戦に次ぐ苦戦は必至。診断士の端くれとして、別な道に進むことを強く助言します。

そこで、①目標点数を設定した ②自分のベストを尽くした。その2条件さえクリアすれば、模試点数に関わらず、診断士試験は誰でも合格チャンスが。

【模試終了】自己採点の後に~「2次」に向けてギアチェンジ

でもなぜ、「目標点数設定」「自分のベストを尽くす」がそんなに大事?

その理由は、「ベストの自分」⇔「試験に合格する自分」のギャップを把握。それを7月中につぶすことが不可欠だから。

逆のパターン、「ボクは今から本気出す!」を考えれば明らか。それやらかすと、8月本試験でこのギャップ↑を思い知ることに。不合格率8割試験を舐めてはいけません。

あとなぜ、「2次」に向けてギアチェンジ?

その理由は、「ベストの自分」⇔「受験母集団」のギャップの把握。ベストを尽くして受けた「模試」「本試験」のスコアは、自分の「脳力」をストレートに示してくれます。

「1次」は7科目の暗記試験。知識の「理解度」「適用力」を問われるのは「2次」の話であって、要は過去問A~Cランクの4択全てを覚えりゃ、必ず420点を取れる試験です(※40点足切りは注意)。

そして知られた通り、「2次」はちょっとオトナの国語の試験。受験技術がこれだけ発展すると、今更国語の読み書きで有意な差はつかず、「脳力」=暗記=語彙(1次知識)の戦いに。

「1次」420点と500点では「2次」の戦い方が異なる。
でもそれ一長一短で、「2次」は誰にも合格チャンス。

そこで自分は抜け駆け狙いか、共喰いで行くか。どちらかのギアを選びます。

今日のまとめ

当試験の勝ち方はひとつじゃない。でも一つ確実なのは、

1年前の自分に比べ、知識の筋肉がずいぶんついた。

ではその筋肉が、「2次」を1~2年で駆け抜ける速筋か、3~4年掛けじっくり挑む遅筋タイプか。そこは自分で選べます。

その見極めには、来る「1次」本試験のスコアを目安に。そして速筋・ハイスコアを選ぶ方なら、明日からの「1次」まとめシリーズをご活用ください。

ポチっと押して「アイデアいただき」。
スッと爽やかにページが閉じます↓

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

    コメント