C経営

ふぞ先輩との差を稼ぐ【経営:誤答パターン別タテ解き】

「経営」が苦手な診断士は本来いない

そりゃ「企業経営」に興味があるから、こんなクソ暗記も我慢ができる。

では我慢ついでに。「1次」=皿回しと勘違いしたふぞ先輩との差を、今日で決定的にします。

ふぞ先輩との差を稼ぐ【経営:誤答パターン別タテ解き】

1⃣ふぞ先輩の弱みを観察

【今日のフェイクニュース】
ふぞ+ベテの共通点を観察したら、試験に8割落ちる原因が見えてきた。
①読む力:与件文が読めていない

②考える力:設問解釈時での、基本セオリー不足

③書く力:文章構成力が弱く、結果として語彙不足
【新事実】試験に落ち続ける人の共通点
まず自分の苦手を棚上げして、酸っぱい葡萄に。そして得意な所ばかりを繰り返し、勉強した気になる。
出典:資格スクエア

こらこら。ただでさえ受からないのに、頭を使うことまで止めたらもう絶望的だろ?

2⃣奴らの弱みが、自分の強み

では頭を使うのが苦手なふぞ+ベテの弱み=「1次」過去問の難易度を、定量データで把握します。

出題領域×正答率A~E

・高得点が取れないとされる「経営」も、「戦略論」「マーケ」はBランクが中心。真面目に勉強すればその分伸びる。
・似ても焼いても食えないのが、当てにくい「組織論」。
データ:H27~R1「経営」出題マーク数。正答率ランクはTAC過去問集より

結論から言うと、「組織論」は当てさせないための出題で、そのクソ問はまるっと捨ててOK。「2次」対策の毛深い猫で、お釣りが来ます。

出題年×正答率A~E

・いくら勉強しても初見の知識が出てきてキリがない、収穫逓減科目に。
・「2次」で使えるABランク知識を確実INPUTしたら、Cランク以下は現場対応の鉛筆コロコロでOK。

H30のDランク問題のひっかけ方を良く見とけ。今年はそこが突かれるぞ。

【当サイト独占】
誤答ボケを見つけて、素早くツッコミ

・良くネットに書かれる「⑥長文因果のズレ」ひっかけは、そう多くなく、むしろ当てやすい。
・それより「あいまい知識」を突いてくる、⑤形容詞エラーが当てにくい。
∴「経営」は国語で当てましょうと絶叫する奴は、単に基本知識の暗記があいまいな、情弱野郎だ。

試験を受けつつ誤答パターンまで分類してくるきゃっしい様は、別物・別格です。

出題領域×誤答ボケパターン

・知識を素直に聞いてくる「マーケ」は、②用語入れ替え ④結論あべこべなど当てやすいパターンが中心。
・「⑥長文因果ズレ」は戦略論に多く、ここを得意化すると「2次」対策の国語も楽になる。

早くオトウサンのボケ方に慣れておく。すると「2次」事例でもツッコミやすいぞ。

今日のまとめ

試験を早く卒業するには、ふぞ先輩の弱みを狙え
あの薄っぺらいブログはモレ+ダブリだらけ。そこが今年の狙い目だ。
モレ:同友館様に不都合なトコはひた隠し
ダブリ:周囲と同じコトさえ書けば安心

ふぅん、不都合なトコって、何でしたっけ?

そりゃ同友館書籍の売上減要素を書くのは一切禁止。TBC抽象化ブロックシート>全知識だなんて、他言無用です。

そこで初学⇔経験者を問わず、ふぞ先輩の苦手で差を稼ぐ。そう、皿回しなバトンには一生追いつかせない、戦略論4+組織論3+マーケ3=計10回のシリーズ連載のスタートです。

わかりやすさがマスト、具体的ならベスト
ワンクリックで国語力UPの実感を↓

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

サイト内検索

カテゴリー

2020年6月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

-C経営

Copyright© 200%抜け駆けスタイル 診断士試験 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.