C経営

フロントランナーは卵顔(戦略論):①主語入れ替え

投稿日:

フロントランナーは卵顔

画像:ケインズのみコトバンク、他はWikipedia

卵顔とは女性にとっては理想でも、男性には童顔として人気が低め。でも試験対策で悩んだら、この童顔トリオがきっと力を貸してくれます。

修正資本主義~ケインズの功績

「経済学の父」アダム・スミスの楽観的な資本主義を修正し、独り勝ちしたのがケインズ。「経済学」を学ぶのはここがスタート。

画像:幻冬舎
新大陸フロンティアの発見~コロンブスの功績

ヨーロッパからインドに行くなら、誰もがアフリカに南下する。ヘソを曲げて西に言ったら新大陸を見つけ、先行者利益でガッバガバ。

フロントランナー=先行者利益はわかる。でも診断士試験に歴史は関係ねぇだろ。

違うよ。7月はなぜ誰もがカコ問を超高速回転? そのベストの期待効果は、今年出てくるミラモンを予想する力を鍛えることです。

【戦略論】誤答パターンの国語力① 用語入れ替え(主語)

競争戦略
「規模の経済」「経験曲線」は、競争回避への心強い参入障壁に。前者が「沢山作れ」、後者が「良く学べ」とくだらなくして使い分けを。
H29年第8問 規模の経済性 Cランク ※盲点

「規模の経済」と「経験曲線」は似てるけど違うよ。連続出題でここをガッツリ覚えます。

※主語省略パターンが苦手な方は、「規模の経済では」と主語を補ってからバツをつけると簡単に。

規模の経済は、モノづくりをする企業にとって重要である。規模の経済を説明する記述として、最も適切なものはどれか。
【ズバリ最後の2択】
〇エ 産出量の増大に伴って1単位当たりの製品を産出する平均費用を低下させるべく、一度に数多くのアウトプットを産出するようにする。
×オ (規模の経済では)累積生産量を増やして単位当たりのコストを下げるようにする。
×ア (規模の経済では)売り上げの増大をもたらすように複数の製品を組み合わせて生産するようにする。
×イ 買い手にとって購入価値が高まれば販売数が増大するので、製品の普及度に注目してクリティカルマスを超えるようにマーケティング組織の規模を維持する。
×ウ (規模の経済では)現有製品の特性を分析し直し、製品の構成要素の機能や性能を向上させて、新たな経済価値を付与した製品の生産を行う。

当問はエオの2択で、○エが「規模の経済」、×オは「経験曲線」の説明です。ふはっ、どこが違うの?そこをしっかり覚えて差別化を。×アは「範囲の経済」、×イはクリティカルマス、×ウはVAの説明です。

画像:グロービス学び放題
類題:H26第7問 経験曲線 Dランク ※盲点

規模の経済⇔経験曲線はの違い。それは、知らなきゃ当たらない盲点パターン。

規模の経済と経験曲線および経験効果に関する記述として、最も不適切なものはどれか
×ア 規模の経済と経験効果は連続的に生じ、コスト低下の効果が生じない停滞期間が存在することは少ないが、物理的な特性が効率性の向上の水準を制限する場合もある。
〇イ 規模の経済の追求には相当額の投資が必要であり、多くの場合、特殊化した資産が投資対象となって長期間にわたって実現されるコストの減少を通じた投資回収を目指す。
〇ウ 規模の経済は、ある一定程度の総生産量が増加することによるコストの低下を指し、大規模な工場施設の建設などで模倣することはできるが、経験効果の構築にはある程度の時間を必要とする。
〇エ 規模の経済は、業界内において利益をあげられる企業数の上限を決定する一因となり、市場規模に対する生産の最小効率規模が大きいほど、当該業界に存在できる企業数は少なくなる。
〇オ 経験曲線は累積生産量の増加に伴ってコストが低下することを表し、累積生産量に対応する技術の進歩や改善等の要因からも生じるが、生産機能において生じる経験効果に限定されない。

×アのどこが間違いかは複数回出題されいずれもCDランクになるので、ここを理解する⇔しないの差は「2次」の国語力や語彙に直結します。

〇規模の経済があれば経験曲線は単年度で達成するかもしれないが、△経験曲線は累積すれば良いので規模の経済は前提としない。ボクの考えと違っても、ポーター先生が言えばそうなのです。

画像:戦略源
類題:H27第5問 タイムベース競争 Eランク ※盲点

タイムベース競争をくだらなくすると、先手必勝。

どのようにして早く競争力のある製品を開発し、市場に供給するか、という時間をめぐる競争は「タイムベース競争」と呼ばれるが、タイムベース競争に関する記述として、最も不適切なものはどれか
〇ア 製品開発では、最初に製品を生産・販売することにより、企業のブランドを一般名詞のように使うことで顧客の頭の中に刷り込み、商品選択の際に有利となるような先発者の優位性が生じる。
×イ 製品開発では、最初に製品を生産・販売することで競合他社よりも早期に量産化し、大規模生産による経験効果を連続的に享受できるような先発者の優位性が生じる。
〇ウ タイムベース競争の効果は、開発から生産・販売までのリードタイムの短縮による販売上の機会損失の発生の防止にも現れる。
〇エ タイムベース競争の効果は、工場での生産リードタイムの短縮による原材料費の削減によって、原材料購入にかかわる金利の削減にも現れる。
〇オ タイムベース競争の効果は、顧客ニーズに俊敏に対応することで価格差を克服し、結果的に競合他社よりも高い利益率を実現することにも現れる。

同じく盲点パターン。イが×と覚えていないと、正解○アウエオの間違いをウンウン探し、タイムベースどころかタイムロスです。

画像:DHBR
H28第7問 コトラー 競争地位別戦略 Bランク

4分類の定義を見たら、主語を入れ替えたくなるもの。作問心理を読んでイタダキ1マーク。

画像:NRI
業界での競争地位によって、企業はリーダー、チャレンジャー、フォロワー、ニッチャーに分類できる。そのなかで、チャレンジャーとニッチャーに関する記述として、最も適切なものはどれか。
×ア チャレンジャーは、業界で生き残ることを目標に、購買の動機として価格を重視するセグメントをターゲットにし、徹底的なコストダウンを行い、代替品を低価格で提供していく戦略を採る。
×イ チャレンジャーは、市場全体をターゲットとするフル・カバレッジにより、リーダーの製品を模倣していく戦略を採る。
×ウ チャレンジャーは、リーダーに対する価格・製品・プレイス・プロモーションという4P の差別化よりも、ドメインの差別化を行う。
〇エ ニッチャーは、狭いターゲットに対して、業界の価格競争には巻き込まれないように閉鎖型の販売チャネルを採用して、媒体を絞り込んだプロモーションを展開する。
×オ ニッチャーは、自社が属する業界のライフサイクルの導入期に活動が活発になり、他社の行動を追随する同質化を推進し、市場全体の規模を広げる役割を担っている。

当問では、ニヤリと主語を変えて正解知識に直します。アは×チャレンジャー→〇フォロワー、ウは〇ニッチャー、オは×ニッチャー→〇リーダーです。

イは×フルカバレッジ→〇セミフルカバレッジ、×模倣→〇差別化にすると、チャレンジャーの説明になります。

成長戦略
成長戦略は、ドメインやPPMの③目的語入れ替えをさんざん出題したから。バーニー先生も今日暴れる気はない様です。
H30第4問 M&A Dランク

M&Aを理解するには、まず「バイアウト」。要は「株の買い占め」がスタート地点。

企業の事業再編と買収の戦略に関する記述として、最も適切なものはどれか。
【主語入れ替え】
×イ 事業規模の縮小は、通常、売却、企業の一部門の分離独立であるスピンオフ、企業の中核事業に関連しない部門の廃止などの手法を指し、事業ポートフォリオを変えて短期的には負債の削減につながる。
×ウ 事業範囲の縮小は、企業買収によって期待した価値を実現できない際の買収見直しに用いられ、通常、従業員数や事業部門数の削減を伴い、事業規模の縮小と同様に事業ポートフォリオを変えることになる。
×ア 企業の一部門を買収するタイプの買収は、通常、狭義のレバレッジド・バイアウトと呼ばれ、もともとは経営資源の拡大を意図したが、マネジメント・バイアウトやエンプロイー・バイアウトとは異なる範疇の手法である。
〇エ 自社資産を担保に調達した資金によって、オーナーではない経営者が自社を買収するタイプの買収は広義のレバレッジド・バイアウトの一形態であり、通常、買収後には経営の自由裁量の確保や敵対的買収に対する防衛などのために株式を非公開とする。
×オ プライベート・エクイテイ投資会社が、企業の資産の大部分を買い取って当該企業を非上場化するレバレッジド・バイアウトでは、通常、当該企業の業務を維持し、資産の売却は長期的な計画の下で行う。

M&Aの手法はほっておくとどんどん増えるので、まずバイアウト=株の買い占めと覚え、そこから派生的に知識を広げます。

当問の注目は×イウで、事業規模⇔事業範囲の主語があべこべに。オは×買い取って→〇担保にして資金調達ですが、この手の暗記は後回しでOK。

画像:en転職
H29第12問 経営管理 Cランク ※一般常識鉛筆コロコロ

戦略論テキストの最後に出てくる、ESG系のいろいろ問題はビジネス常識で当てる。知らなければ鉛筆コロコロで。

自然災害や大事故などの突発的な不測の事態の発生に対応することは、企業にとって戦略的な経営課題であり、停滞のない企業活動の継続は企業の社会的責任の一環をなしている。そのような事態への対応に関する記述として、最も適切なものはどれか。
×ア カフェテリア・プランは、多くの場合、ポイント制によって福利厚生メニューを自主的に、また公平に選択できるようにしているので、突発的な災害などの支援に活用できるメニューは盛り込めない
×イ クライシス・マネジメントは、想定される危機的事象を予測し、事前にその発生抑止や防止策を検討して危機への対応を図ろうとするものである。
×ウ コンティンジェンシー・プランでは、不測の事態や最悪の事態を想定して、その事態が与える業務間の影響を測るべく、事業インパクト分析を重視して危機対応の計画を策定するのが一般的な方法である。
〇エ 事業継続計画(BCP)では、事業停止の影響度を評価分析して、業務の中断が許される許容期限を把握して業務の復旧優先順位を導くために事業インパクト分析の実施が行われる。
×オ 事業継続計画(BCP)は、災害時のロジスティクスの確保を重視した企業間ネットワークの構築を目指すものとして策定されている。

コンティンジェンシープランと事業継続計画(BCP)の違いとは? そんなナゾナゾ知識まで覚えるヒマはありません。

イを×クライシス~ →〇コンティンジェンシー、ウを〇BCPで正解に。アはそんなの国が勝手に決めちゃダメ、オは良く分かりませんが、間違いなのは分かります。

画像(BCP~ビジネスインパクト分析):ITmedia

イノベーション
テキスト代わりにいろんな知識を教えたいけど、昨日の⑤長文の因果ズレでたっぷり出したよ。あのシュンペーター先生も、今日のマーク数は控えめです。
H30第7問 アーキテクチャ(外注管理) Dランク ※ミラモン

貸与図・委託図・承認図? これはどうみても「運営」知識。

部品の開発や生産をめぐる完成品メーカーと部品メーカーの取引関係は多様である。そのような取引関係に関する記述として、最も適切なものはどれか。
×ア 委託図方式では、部品メーカーが部品の詳細設計を行うので、図面の所有権は部品メーカーに帰属し、部品の品質保証責任は完成品メーカーが負うことになる。
×イ 承認図方式では、発注側が準備した部品の詳細設計に基づいて製造できる能力やコストを評価して部品外注先が選ばれる。
〇ウ 承認図方式や委託図方式では、部品メーカーには製造能力ばかりでなく設計開発能力が要求される。
×エ 貸与図方式では、発注側が提示した部品の基本的な要求仕様に対して、部品メーカーは部品の詳細設計を行い、部品を試作し性能評価をすることになる。
×オ デザインインでは、部品メーカーは当該部品の開発段階の参加と発注側作成の詳細設計に基づく生産能力が求められるが、設計の外注が発生しないのでコスト負担は軽減される。

アを×委託図→〇承認図、イを×承認図→〇貸与図、エを×貸与図→〇委託図に入れ替えると正解に。こんな知識は本来不要ですが、今後「Ⅲ」の出題可能性があるので、この際に覚えます。

画像:JMA
H28年第10問 知的財産戦略 ※法務知識 Bランク

特許の無償開放といえば、トヨタが有名。試験委員の俺が考えたひっかけ選択肢はこれだっ。

画像:IT media
技術志向の企業では、企業価値に占める無形資産の割合が有形資産のそれを大きく上回る企業が多く見られ、知的資産の戦略的経営が注目されている。特に特許は守るだけでなく、企業価値を高めるべくそれを他社と相互に活用したりすることも重要になっている。特許の戦略的運用に関する記述として、最も適切なものはどれか。
×ア 特許をオープンライセンスすることは、ライセンスを許諾することによって自社技術基盤の上に他社製品をのせて、他社の代替技術開発のモチベーションを下げる効果を期待できるが、ロイヤルティ収入は期待できなくなる。
×イ プロパテント戦略は特許侵害に対応すべく、訴訟に訴えて差止請求権や損害賠償請求権などの法的手段で特許を守る戦略であり、知財戦略の基本をなすものである。
×ウ 包括クロスライセンス契約では、特定分野についてリスト化された特許の範囲で特許の相互利用が許されるが、その後成立した特定分野の特許についてはリストに加えることは法的に許されていない。
○エ 包括クロスライセンス契約を結ぶのは、主として企業間で特許を相互に幅広く利用するためであり、契約提携企業間での金銭の授受を伴うこともある。

正解○エは一択できますが、×アイがもっともらしくて不安になります。アは×オープンライセンス→○無料開放、イは×プロパテント戦略→○特許攻撃戦略(?)なら正解に。用語の確認はリンク先でどうぞ。×ウは結論あべこべです。

今日のまとめ

ポーター(競争戦略)やバーニー(成長戦略)が言い争っているヨコで、シュンペーター(イノベーション)がイイトコ総取り。

そう。シュンペーターのイノベーション類型(OECDによる4分類)は、2次「事例Ⅰ~Ⅳ」の役割分担と一致します。

8月からの「2次」対策で、もし「事例Ⅰ」の答えに迷ったら。シュンペーター先生ならこの組織をどうイノベするかなっ? うん、きっとその方向でマルが付きます。

ボタンを押して今日もイタダキ↓。
試験の進化は待ったなしです。

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

-C経営

Copyright© 200%抜け駆けスタイル 診断士試験 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.