C経営

【誰も書かないドッキリ仮説】初学ハイスコア勢を迎え撃つ「事例Ⅰ」のリーダー戦略

投稿日:

なぜ奴らは150hで「Ⅰ」70点?

初学ハイスコア勢が「2次」に乗り込み、「事例Ⅰ」で安定高得点をかっさらうやり方をネタバレ。
①「戦略論」を体系的に学び、幹の知識と枝葉ががっしり。
②与件文を想定して読み、あの難解なオジサン語を苦にしない。
③何を聞かれたか、レイヤー×知識をピンポイントに当てる。
④高い国語力で初見の制約条件(最大の要因)にも柔軟に対応。
⑤(高ヒット率の前提で)与件を丁寧にコピペし、知識で締める。

っていうかこれ、きゃっしいの解法実況@事例Ⅰのまんまコピペっ?

はい。だから「素直な」初学勢は、8月に入ったらこのシリーズを熟読し、さっさと合格実力を超えて確実合格を狙ってきます。

【誰も書かないドッキリ仮説】初学ハイスコア勢を迎え撃つ「事例Ⅰ」

でもそれだけで、これだけ初学有利になった説明がつかない。そう、この変化の裏には、経験者勢を不利にする、もう一つの材料が。

当サイト独自の分析「要求分類」による、「Ⅰ」過去7年分のレイヤー別配点&目標得点。

出題レイヤーの上方シフトが起きたのに、つい「人事」の知識から入ってしまうのか!

これはわがHAKS氏ノートのやや弱い点ですが、①「組織!」「人事!」と呪文の様に叫ぶ経験者勢に対し、②「戦略論」「組織論」の出題構成比をそっくり持ち込むのが初学勢です。

リアルな企業人事の潮流が個人→チームに移ると、旧来の茶化(採用・配置・報酬・異動・評価)への配点は右肩下がりっ。

①多年度合格した講師が多年度生を集めて教える国語スクール②「素直な」初学勢
気の遠くなるほど昔のさび付いた「経営」知識を教わってしまうリスクが最新セオリーをひっさげ、経験者勢の苦労など知らずにさっさと通過

ほう。2年目上級生だって、これを指でくわえて見逃す理由はありません。

初学勢を迎え撃つリーダー戦略~1⃣同質化

チャレンジャーの強みを見たら、上からかぶせるように奪い取るのがリーダー戦略。

「戦略論」誤答選択肢のバツをマルにし、最新セオリーをイタダキ。
明日から5日間で【全問収録】シリーズを連載します。
7/10 ②述語(結論あべこべ)
7/12 ③目的語入れ替え
7/17 ④形容詞エラー
7/18 ⑤長文の因果ズレ
7/19 ①主語入れ替え ※難

わざわざ【全問収録】してまで誤答選択肢パターンを分類するのは、×テストの点を取るためではなく、○バツをマルに直して出題側の教えたい知識をいち早く吸収するため。

でもスト生でその余力のある方は限られる。そこで2年目経験者のあなたに、ぜひ試験を進化させる力を貸していただきたいのです。

初学勢を迎え撃つリーダー戦略~2⃣ミラモン(未来問題)で市場拡大

「2次」受験に原書はマストじゃない。でもなぜ初学ハイスコア組は、レイヤー×知識をピタピタ当てるのか。

それは、良書とされる「経営」スピテキの出来が素晴らしいから。①テキストを順に読めば「経営学」の流れがわかる。②それなら今年の「Ⅰ」で問われる論点(ミラモン)だって予想できる。

ついでに「Ⅰ」で使う企業戦略レイヤーの知識を、こんな一表にまとめてスッキリです。

競争戦略成長戦略技術経営
イノベーション
5フォース
競争回避(参入障壁)
競争優位(差別化等)
競争地位別戦略
ドメイン
VRIO分析
アンゾフ成長ベクトル
多角化・PPM・シナジー
モジュール
アーキテクチャ
デファスタ
チーム理論
規模の経済範囲の経済速度の経済
経験曲線
利益重視
バリューチェーン
コアコンピタンス
垂直・水平統合
M&A、外部連携
デスバレー
ダーウィンの海
産学連携
知識ノウハウコミュニティ
画像は全てWikipediaより

うは、外人顔でくだらねぇ。でもこの表中の知識を使えば、本試験でテンパってもミスはない。

今日のまとめ

「2次」で使う知識は、ぜんぶ「1次」で教わった

このセリフがスッと頭に入るのは、①「2次」では周囲が(時に採点者さえ)知らない知識を書くと答案がブレッブレになり、そこに点はこないから。そしてもっと恐ろしいのは、②2次スクールや市販本から知識を得ると、出題側の思惑とズレるリスクが。

だから、「1次」知識の学び直しに注目です。

「2次」で使う知識は、ぜんぶ「1次」で教わっておいで。

近年の「Ⅲ」マン・マシーンや「Ⅳ」FCF出題を見るにつけ、試験委員の思いはそんな所にあるのでは。そんな気がしてきます。

ボタンを押して今日もイタダキ↓。
試験の進化は待ったなしです。

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

-C経営

Copyright© 200%抜け駆けスタイル 診断士試験 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.