C経営

薬なら九層倍、2年目のマーケ解き直しなら効果が8倍:①③用語入れ替え

投稿日:2019年6月6日 更新日:

「1次」合格済、または正解を覚えてから「マーケ」を解き直すとどうなる?
誤答選択肢を使ってまず×4倍、誤答箇所を正しく直してさらに倍で、知識は計×8倍に。

前提:2年目生の「マーケ」解き直し×8倍効果

資格試験では、①ある瞬間から急に力が伸び ②試験にギリギリ間に合って合格できることがよくある。そしてあらゆる謎がすぐ解明される当試験では、急に力が伸びだすある瞬間とは、こう判明しています ↓ 。

「1次」=4択マークの正解を一通り覚えた時
過去問1回転目から4択全ては理解できません。①3回転以内に正解を覚え、②「残りの選択肢はウソ」と疑って読むと、③誤文訂正の知識「インプット」で力が伸びる。
「2次」=最新ふぞろいを入手し、合格答案のレベル感を知った時。

ふぞろいがあれば「2次」は誰でも合格答案なら、今後の点差は「1次」知識次第だろう。そう考えた2年目上級生が効果×8倍のどんな解き直しをしてくるか。過去問に着手したばかりの初学のあなたにも、ひょっとして役に立つかも?

薬なら九層倍、2年目のマーケ解き直しなら効果が8倍:①③用語入れ替え

テキスト+一般常識ABランク

H29第32問 ブランド Bランク

一般常識で、解説も要らないレベル。

次の文章は、マーケティングにおける競争の次元について例を示したものである。文中の空欄A〜Cに入る語句の組み合わせとして、最も適切なものを下記の解答群から選べ。
缶コーヒーの製品カテゴリーでは、毎年、多くの製品が投入されている。異なるメーカー間では、缶コーヒー製品をめぐりA 競争を繰り広げている。また缶コーヒーは、緑茶や紅茶、炭酸飲料とも顧客を奪いあっており、この競争は産業競争と呼ばれる場合がある。
さらに、缶コーヒーは、コンビニエンスストアやファーストフードチェーンが提供する安価な淹れたてコーヒーともB 競争をしている。また、給料日前に節約のため缶コーヒーを我慢して、新聞やスイーツを購入するといったケースがあるように、缶コーヒーは消費支出をめぐり多くの製品とC 競争をしている。
×アA:一般B:機能C:便益
×イA:一般B:形態C:機能
×ウA:形態B:機能C:一般
×エA:ブランドB:一般C:便益
○オA:ブランドB:形態C:一般
H30第36問 ブランド (1)Bランク (2)Cランク

アップセルとクロスセルは絵で理解を。

画像:コンラボ
次の文章を読んで、下記の設問に答えよ。
顧客リレーションシップのマネジメントにおいて、企業は、①収益性の高い優良顧客を識別し、優れた顧客価値を提供することで関係性の構築、維持、強化に努め②ブランド・ロイヤルティなどの成果を獲得することを目指している
(設問1 )
文中の下線部①に関する記述として、最も適切なものはどれか。
○ア 初めて購入した顧客がリピート顧客、さらには得意客やサポーターになるように、関係性にはレベルがある。自分のすばらしい経験を、顧客が他者に広めているかどうかは、関係性レベルの高さを判断するための手段となる。
×イ パレートの法則をビジネス界に当てはめると、売上の50 %が上位50 %の優良顧客によって生み出される。
×ウ 優良顧客の識別には、対象製品の購買においてクロスセルやアップセルがあったか否かは重視されない
×エ 優良顧客の識別のために用いられるRFM 分析とは、どの程度値引きなしで購買しているか(Regular)、どの程度頻繁に購買しているか(Frequency)、どの程度の金額を支払っているのか(Monetary)を分析することである。

イは○80%-20%、ウは○むしろ重視する、エは×Regular→Recentで、いずれもテキストレベル。アップセルとは高級車の凄腕セールスが、医者や弁護士相手に次々と売りつけるイメージで(苦笑)。

ブランドロイヤリティは、行動的⇔心理的の2軸で考える。

画像:IMJ
(設問2 )
文中の下線部②に関する記述として、最も適切なものはどれか。
×ア 関係性が構築され、それがさらに維持、強化されることで、特定顧客における同一製品カテゴリーの購買全体に対して自社製品が占める割合、つまり市場シェアの拡大が見込める。
×イ 関係性が構築されると、同一製品を再購買する傾向である「行動的ロイヤルティ」が高まる。それはブランド・コミットメントと言い換えられる
○ウ 消費者は、惰性、サンクコストや所有効果により、現在利用している製品やサービスを変更しない傾向がある。こうした傾向が、真のロイヤル顧客の識別を難しくする。
×エ 製品やサービスの購入および利用に対してポイントを付与することにより再購入を促し、継続的な取引の維持を目指そうとする「ロイヤルティ・プログラム」は、多くの企業が採用可能な、経済効率の非常に高い施策とみなされている。

アは×市場シェア→○顧客内シェア、イは×言い換えられる→○心理的ロイヤリティを意味する「ブランド・コミットメント」とは異なる、です。エの×ロイヤルティ・プログラムは、○ポイントカード位に直すと、当試験の規模感に合います。

H30第35問 プロモーション (1) (2)Bランク

一般常識レベルのBランクは、肩の力を抜いてらくーに眺める。

次の文章を読んで、下記の設問に答えよ。
プロモーションの役割は、①広告、販売促進、人的販売、パブリックリレーションズ(PR)の4 つの手段を用いて、製品やサービスに関する情報を伝達し、魅力をアピールし、販売を促進することである。プロモーション効果を高めるためには、その目的や、対象となる②製品・サービスの特性および知名、理解、好意・選好、購買、再購買といった購買プロセスの段階に応じて、4 つのプロモーション手段を使い分けたり、適切に組み合わせたりすることが重要である。
(設問1 )
文中の下線部①に関する記述として、最も適切なものはどれか。
×ア 2016 年度の日本の広告費に関する注目点は、製作費を含むインターネット広告費が、はじめて、テレビメディア広告費を上回ったことである。
○イ 従業員と家族を対象にした運動会や部署旅行および従業員の家族を対象にした職場見学会を実施する企業が出てきている。これらの活動はPR の一環と捉えることができる。
×ウ 人的販売は、テレビ広告と比較して、到達する消費者1 人当たりの情報伝達コストが小さい。
×エ パブリシティは、企業や製品に関する情報の公表を通じて、新聞や雑誌などのメディアに取り上げてもらうための広告活動の1 つである。

○イ一択に出来ます。エは×公表→○提供、ウは×1人あたりの→○総額ならOKに。

(設問2 )
文中の下線部②に関する記述として、最も適切なものはどれか。
×ア 4 つのプロモーション手段の重要性は、対象が消費財か生産財かによって変わるが、いずれの場合も、広告が最も重要である。
○イ 企業が広告を作成する狙いには、再購買時のブランド想起を促進したり、購買後に消費者が感じる認知不協和を減らしたりする効果を生み出すことが含まれる。
×ウ 製品やサービスに対する知名率や理解率が高いものの購買に至らない場合、買い手の当該製品やサービスに対する関与の高低にかかわらず、短期的なインセンティブを提供する販売促進が最も有効である。
×エ プッシュ戦略と比較して、プル戦略の場合、一般的に、人的販売が重要視される。

アは○消費財の場合には、ウは○高低によっては、なら正解知識っぽくエは×プッシュ⇔プルが逆です。

最後の2択がCランク

H30第30問 リサーチ Cランク

キャズムは年1マーク出る重要知識。こいつはイタダキです。

さすがに見飽きた・・?
マーケティング計画に関する記述として、最も適切なものはどれか。
×ア POS データを用いた最も基本的な分析手法の1 つはアクセス解析である。これは、購買金額の規模によって顧客をいくつかのグループに分け、それぞれのグループの顧客による売上や利益への貢献度を測定するものである。
×イ 首都圏在住の大学生をターゲットとする就職活動支援サービスの展開を計画する企業が、ターゲットの潜在ニーズを把握するために標本調査を実施する場合、母集団の規模とその男女構成比が事前に把握できるため、その比率に応じた標本抽出を行うことができる。この種の標本抽出法を系統的抽出法という。
×ウ マーケティング計画の初期段階においては二次データが用いられる場合が多いが、二次データは内的データと外的データに分類される。小売業者にとっては、POS データなどの販売データは外的データである。
○エ 洋菓子メーカーA社は、SNS のフォロワーを100 万人以上もつ若手人気モデルと契約し、SNS を用いて若者をターゲットにしたスイーツに対するブランドのプロモーションを強化している。その狙いは、早期に前期大衆(early majority)への普及を図ることである。これをキャズムを超えるという。

アは○デシル分析、イは○有意抽出法(暗記不要)、ウは○内的データに修正を。

H30第37問 ブランド Cランク

ブランドの話が苦手、嫌いな人はいないでしょう。折角なのでCランク知識を楽しんで。

ブランドマネジメントに関する記述として、最も適切なものはどれか。
×ア これまでに製品を投入したことのないカテゴリーにおいて、すでに他のカテゴリーで実績のあるブランド名を用いて新製品を投入することを「ブランド・リポジショニング戦略」と呼ぶ。
×イ ターゲットとする性別・年代、価格帯やイメージが異なる複数の製品ラインを展開する場合、メーカー名などを冠した統一的なブランドと個々のブランドを組み合わせた「ダブルチョップ戦略」が適切である。
○ウ ブランド間の知覚差異は大きいが製品自体やその購買への関与度は低い、という状況でのブランド展開においては、「マルチ・ブランド戦略」が採用されやすい。
×エ ブランドには、メーカー名がつけられる場合や独自の商品名がつけられる場合がある。前者をプライベート・ブランドと呼ぶ。

アは○ブランド拡張、イは○ダブルブランド、エはナショナルブランド。

これは無理ゲーDEランク

スト生が書けない知識を「2次」に使うとドボン。こじらせ知識を知るにはここを。

H28第30問 基礎知識 (1)~(3) Dランク ※捨て問

H28はマーケの難化年で、「ボクだって難しい問題を出せまちゅ!」 でもこれはやりすぎ。

Marketing is the activity, set of institutions, and processes for creating, communicating, delivering, and exchanging offerings that have value for customers, clients, partners, and society at large.

AMAのマーケティングの定義(2007)
次の文章を読んで、下記の設問に答えよ。
①マーケティング概念は、今日に至るまで複数の②段階を経て発展してきたとフィリップ・コトラーは指摘している。近年のマーケティングを取り巻く環境は、私たちが暮らす社会における問題解決が強く求められている点に特徴づけられる。③複雑化する世界における社会・経済的な適切さとは何か。環境面における望ましさとは何か。現代におけるマーケティング活動の実践においては、こうした点を事業のミッションやビジョン、価値の中核に据えることがますます重要になってきていると考
えられている。
(設問1)
文中の下線部①に示すマーケティング概念について、アメリカ・マーケティング協会(AMA)は、現在、以下のような定義を行っている。空欄に当てはまる語句の組み合わせとして、最も適切なものを下記の解答群から選べ。
Marketing is the activity, set of A , and processes for creating,
communicating, delivering, and exchanging B that have value for C ,clients, partners, and D .
×ア
A:commercial institutions
B:products and services
C:consumers
D:the mother earth
×イ
A:commercial organizations
B:products and services
C:consumers
D:people across the globe
○ウ
A:institutions
B:offerings
C:customers
D:society at large
×エ
A:non-profit organizations
B:products
C:money
D:people in need
×オ
A:organizations
B:outputs
C:employees
D:shareholders

なぜこんな出題をしたのか? 事前に覚えている訳もなく、英語でも当たらず、教育的効果も?マーク。

コトラー先生のマーケティングも年々インフレ傾向に。リンク先を読みつつどうぞ。

画像:ビジネスのためのWeb活用術
(設問2)
文中の下線部②に示す段階に関する記述として、最も適切なものはどれか。
×ア Marketing 1.0とも呼ばれる第1段階では、経済の高度化にともなって、多品種・小ロットを重視する柔軟な市場対応が重要視された。
×イ Marketing 1.0とも呼ばれる第1段階では、生産者の生産能力と需要を整合するために、市場指向の考え方が採用されるようになった。
○ウ Marketing 2.0 と呼ばれる第2段階では、情報技術の進展に後押しされる形での展開が見られ、より優れた製品をターゲット市場セグメントに投入することの重要性が高まった。
×エ Marketing 3.0とも呼ばれる第3段階では、デジタル技術によるオートメーションがマーケティング戦略策定における支配的なツールになることが強調されている。
×オ マーケティングは、国や地域、機関の境界線を超えて共通の段階を経て、発展してきている。

アは×多品種・小ロット→○大ロットであべこべ、イは×1.0→2.0。エは×支配的→有効な・・位で正解でしょうか。オはよくわかりません。

H30第38問 購買意思決定 Dランク

どの段階で買うのをやめる? 繰り返し出題されており、当問で暗記を。

画像:j-mac
ブランドカテゴライゼーションに関する記述として、最も適切なものはどれか。
×ア 消費者の長期記憶の中で、ブランド情報は構造化され、保持されている。購買意思決定プロセスにおいて、消費者は、保持するすべてのブランド情報を均等に検討し、1 つのブランドに絞り込む。
○イ 「想起集合」とは、消費者が購入を真剣に検討する対象のことであり、「考慮集合」と呼ばれることもある。
×ウ 「想起集合」に入るためには、当該製品カテゴリーの中で際立った異質性をもたせることが重要である。
×エ 「保留集合」とは、判断に必要な情報が不足しているため、購買の意思決定が先送りされているブランドのことである。

今年も出そうですが、暗記するとパンクするので、これ位くだらなく。

  • 知名集合←知ってる!
  • 処理集合←よく知ってる!
  • 想起集合←欲しい!
  • 第1選択肢←決めたっ!

ウは×想起集合→○知名集合、エは×保留集合→○非処理集合。アは×均等に、はヘンです。

H29第33問 購買意思決定 Eランク

どうみても上田隆穂先生の作品。傾向から見て、今年も類題が出るでしょう。

画像:note
消費者の購買意思決定に関する記述として、最も適切なものはどれか。
×ア 原材料や味に特徴がある多様なドレッシングが販売されている。アサエルの購買行動類型によれば、商品間の差を理解しやすく、低価格で特にこだわりもなく購入できる商品に対して、消費者は多くを検討することなく、慣習的な購買行動をとりやすい。
×イ テレビを買い替える場合、過去の使用経験から特定ブランドに好ましい態度を有している消費者の多くは、他ブランドを詳しく検討することなく、当該ブランドを選ぶことがある。こうした決定方略は連結型と呼ばれる。
×ウ 特別な人に贈る宝石の購入は重要性の高い買い物であるが、一般の消費者は宝石の良し悪しを正確に判断できない。アサエルの購買行動類型によれば、こうした場合に、一般の消費者は複雑な情報処理を伴う購買行動をとりやすい。
○エ パソコンの購入に際して、消費者は最も重視する属性で高評価な候補製品を選び、その属性で候補製品が同評価であれば、次に重視する属性で選ぶ場合がある。こうした決定方略は辞書編纂型と呼ばれる。
×オ マンション購入に際して、消費者は価格、立地、間取り、環境や建設会社など、検討すべき属性を網羅的にあげ、候補物件において全属性を評価し、総合点が高い選択肢を選ぶことがある。こうした決定方略はEBA型と呼ばれる。

誰もが×ウを選ぶ気がしますが、正解○エと言い張っていて、これは無理。アは×理解しやすい→○理解しにくい、イは×連結型→○習慣型、オは×EBA型→○情報処理型に。

H28第33問 購買意思決定 Dランク ※捨て問

精緻化見込みモデル? そんな難しくやっても始まらない。要するに「どうやって衝動買いをさせるのさ?」

画像:note
消費者の購買行動に関する記述として、最も適切なものはどれか。
×ア 精緻化見込みモデルに基づけば、人が時間や労力をかけた購買意思決定プロセスをとるのは、以下のいずれかの条件が満たされた場合である。それは、「製品やサービスの購買に対する動機づけレベルが高い場合」、「情報処理の能力を有する場合」、あるいは、「利用可能な情報に接する機会や時間がある場合」である。
×イ 多属性態度理論に基づけば、人は、製品が有するある属性のマイナス面を他の属性のプラス面で相殺することをしない
○ウ 特定の製品カテゴリーに対する関与が高い場合、知識が少ない人より多い人のほうが、満足の最大化を目指して、限定的な意思決定プロセスをとりやすい。
×エ 「見せかけのロイヤルティ」の顧客とは、対象製品やサービスに対して好ましい態度や高い購買意向を持ちながら、購買行動に移さない人のことをいう。

ヒトの心理を深く扱う消費者購買行動は、時に「組織論」より深くなるので、当問は捨て。イは×しない→○する、エは×見せかけの→○潜在的ですが、アは3つある最後の1つが余計ですって。そんなの知るかいっ。

今日のまとめ

知識とは、知っているとつい使ったり、他人に教えたくなったりするもの。でも「2次」本番で、「うほっ!この知識を書けばスト生と差が付き、今年で合格!」なんてやらかす人は、イマドキいません。

「2次」は基本的にスト生・独学・若い方を優遇し、彼らが知らないようなDE知識を書くと×がつくからだねっ。

そして「1次」過去問の出題意図は、DEランクの深~い方向に掘り下げるより、イージーな選択肢のバツをマルに直して、「2次」回答にスッと使える豊かな語彙を養うことにあった。

試験委員がそんなコトを聞いたら、尻尾を振って喜びそう。でも過去問の答えをまず覚える初学者には時間的に厳しく、試験委員が望む方向に試験を変えるには、 合格済の2年目上級生の手をお借りしたい。 これは本当に、当サイトからのお願いなのです。

ボタンを押して今日もイタダキ↓。
試験の進化は待ったなしです。

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

-C経営

Copyright© 200%抜け駆けスタイル 診断士試験 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.