【合格予定者のイノベーション(Ⅱ)】大型バス1台の駐車場は活かすか無視か

口先だけかと思ってたけど、
そこそこやるね?

口が悪い当サイトに珍しく、合格予定者(現役受験者)の方からプラス評価をいただけた。そんな【コピペ答案時代の得点差】シリーズですが、改めて申し添えておくのは、あれは、

×80分間で解いたボクの答案(←見て見て、ボクってすごい)でなく、
〇与件のコピペでどこまで回答編集できるか。

80分で解いたものでも、手書きしたものでもなく。十分な時間をかけたうえ、Wordを使って文章を伸縮自在に。さらに試験当日作った「Ⅰ」を除けば、当日作成された最新再現答案をチラ見しているので、一見「ボクが作った優秀再現答案」に見えてしまう。そんなタネと仕掛けがあります。

【合格予定者のオープンイノベーション(Ⅱ)】大型バス1台の駐車場は活かすか無視か

ところで、自分の合格手応えは合否半々以上。あとは12/7(金)の合格発表まで手持無沙汰で仕方がない。そんな合格予定の方々に、口述試験対策を兼ね、ぜひ力を貸していただきたいオープンイノベーションがあります。

事例の設問文+与件文をWordで写経し、根拠と設問を対応づける。

つまり、「2次」対策の実力が最も伸びるのは、試験前ではなく。自分のベストを尽くした答案を片手に解答分析会をはしごし、周囲のベストと見比べた時。そして心を静めて写経をし、「そうか、その手があったか」。今年の事例を見る眼鏡を、試験問題→教育的指導に掛け変えると、驚くほど力が伸びます。

おぃ、そんなことやってもクッソ役に立たないよ。

いえ、受験者→診断士に立場を変えるとは、試験においてプライステーカー(受容者)からメーカー(設定者)になる、つまり様々な情報発信を通じ、試験の競争を上方シフトさせる力を持つことです。そこでまずわかりやすい「Ⅱ」から、お題を3つ。

お題1⃣
「事例Ⅱ」では、与件そのままコピペが良いか、根拠詰め込みのために言い換えて良いか。

お題2⃣
「事例Ⅱ」のターゲットは、①1つに絞る ②複数列挙可 ③~などで逃げる、のいずれが良いか。

お題3⃣
与件の根拠は使い残してよいか、余さず全て使うか。

合格予定オープンイノベーション(Ⅱ)まとめ

このお題1⃣~3⃣には、当サイトなりの明確な仮説があって。

事例を写経し、問1~4にコピペで使う根拠を順に割り振ると、「大型バス1台の駐車場」に使うマス目はない。

ただし事例の答えは一つじゃない。もしかして、「大型バス1台」は第4問の知恵が出ない時に使えるお助け根拠だったかも? その答えは「事例の正解発表の場」である、「2次口述」試験で判明します。

もし聞かれたらその方向の根拠として使うべき。完全スルーなら迷わず無視すべき。出題側が受験者を試すと思いきや、受験側が出題側の手の内を覗いて観察。合格率100%の口述試験とは、出題側⇔受験側が対等の立場で鎬を削り、試験の競争の質を高める。そうやって使うものです。

ボタンを押して今日もイタダキ↓。
試験の進化は待ったなしです。

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村