【「Ⅳ」は努力より工夫】ようこそ多年度ループへ

努力するほど60点。
ようこそ多年度ループへ。

標準150hで合格実力に届く「2次」では、誰だって今年の試験で卒業したい。ところが一度スベるとループにハマり、本人は「最後まであきらめない!」つもりが、家族や同僚から「アイツはあきらめが悪い」と評判が。そんなリスクに注意が必要です。

それが嫌なら、「Ⅳ」で70点を取ればいいんだぜっ。
「Ⅳ」は税理士・会計士なら涼しい顔で70点なのに、①平均的なスクール・受験者がお熱を上げるほど60点どまりの多年度ループへ。②それは問題集回転・計算偏重の誤った学習スタイルの足元を出題側に見られるためで、③解決策は彼らに負けない理論の重視で。
そこで60点止まりの誤った学習スタイルを捨てる、イノベを
今日は「Ⅰ~Ⅲ」の合格努力・実力なら十分な受験経験者のあなたのために。時間がかかる上に、効果が不明で奇想天外。つまりタイムレースなスト生が参入できない、税理士・会計士が「Ⅳ」で確実に70点を取る学習スタイルの紹介です。

「Ⅳ」は努力するほど60点。ようこそ多年度ループへ:受験経験者の確実合格

1⃣最初のツッコミ ~2次スクールの「Ⅳ」講義と講師はなぜショボい

口コミ:「事例Ⅳ」対策は大手の寡占。TAC優勢で、MMCやLECがそこそこ良い。
これは理由が簡単で、大手スクールのリーダー講師は会計士・税理士×診断士のWライセンスです。「診断士講座を教えるのは診断士様」な仕事互助会たる中小スクールに、そこを期待するのは無理ゲー。

「事例Ⅳ」過去問の答えを覚えるのが精一杯な講師に、H30第2問企業価値の質問をしても、まともな答えは返ってこない。生質問すると一発でわかるぜっ。

2⃣診断士の勉強法では「Ⅳ」はMax60点。そこで70点取るのが税理士・会計士

口コミ:「Ⅳ」60点は誰でも取れるが、70点を狙う上値は急に重たい。
これも理由が簡単で、やや難しく作問して下駄を履かせる得点調整をするためです。つまり会計のプロである試験委員から見て、診断士ならこの程度を当てればいいよ(苦笑)。それが「Ⅳ」の60点であり、70点はその延長上にはありません。
60→70点を狙うと、計算難度が急に上昇。
「Ⅳ」70点とは、H29なら取替投資、H30なら爆益CVPか企業価値の難問を取るレベル。ここがたまたま「当たる」こともありますが、確実に「当てる」にはやり方を変えます。

「Ⅳ」の70点を確実に狙って取るには。×診断士流の誤ったやり方を捨て、○税理士・会計士の手口を参考にします。

3⃣「Ⅳ」対策のプロダクト・イノベ~知識の目安は簿記1級

口コミ:「Ⅳ」対策は計算より、理論・文章題重視になるんだよ。
【対策】
①「Ⅳ」対策なら大手スクールのリーダー講師に
②TAC(またはMMC・LEC)の有料オプションを
③その他スクール・市販ノウハウ本・計算問題集・ネット記事(当サイト含む)はウソだらけで使ってはいけないレベル
簿記2級以上なら、確実70点が射程内。
「Ⅳ」は一見計算重視に見えますが、点差がつくのは①設問文から計算式にする国語力 ②初見の文章題のマス目を埋めるポエムの2点です。
試験委員の発想の基本は会計ルール(=簿記)なので、①簿記2級未取得の方は60点狙いにとどめ、②逆に簿記1~2級・税理士・会計士の方なら、TACの簿記人気No.1シリーズで知識を固め直して確実70点を狙います。
スッキリわかる 日商簿記シリーズ(1級):瀧澤ななみ

×しかめっ面で小難しく電卓パチパチではなく、○わかりやすくてスッキリ読める。時流を先読みしたTAC出版の会心作です。

今日のまとめ

最初の2択~受験経験者は「Ⅳ」で確実70点
A:診断士受験のオジサマ向けに、わざと小難しく作られた問題集を電卓パチパチ回転させるか。
S:どの書店でも必ず並ぶ、小ぎれいに作られたTAC出版の会心作をエクセルでスラスラ解くか。

勝負が見えてはいるけれど、実は「TAC出版なら誤植やウソがなく、安心して使える」時点で勝負アリです。

でも、スッキリ1級でエクセルなんて合格体験記は、見たことないっ。

うふふ、それはね。「Ⅳ」のイノベーションが今年で起こる前の話だからです。

プロダクト・イノベプロセス・イノベ
これまで過去問集やノウハウ本電卓パチパチ
これから「財務」スピテキ+簿記1級理論 エクセルスラスラ

ボタンを押して今日もイタダキ↓。
試験の進化は待ったなしです。

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村