K事例Ⅳ

【イケカコ】イケカコ利用のメリデメ


「Ⅳ」難化の翌年は、ちょっとしたイケカコブーム。

理由は、H29(2017年)最新問題「差額CF」が、2001年発刊のイケカコに収録済だから。またその背景がちゃんとあるから。(50字)

「Ⅰ~Ⅲ」出題「Ⅳ」出題
合格実力者が数年単位で滞留して技を競うため、今年どう変化するかは読みにくい。高得点順に卒業(合格)するため、新規論点は不要で古典論点の目先を変えるだけ。
出題予想:将来出題予想:過去~現在

そう、「Ⅳ」はクッソ難しい年でも、定番古典論点の目先を変えて出題するだけ。そこで、イケカコを昔買ったはいいけどタンスの肥やし。当シリーズのターゲットは、そんな「2年目上級生」です。

【イケカコ解かずに斜め読み】タンスの肥やしの活用法

1⃣イケカコ活用のメリデメ

そして「2次」攻略セオリー上は、時制「将来」より、「過去~現在」の方が当てやすい。そこに賛成なら、今の「2次」合格には「Ⅳ」の確実60点がマストになります。

でもでも、2001年発刊の古典書籍イケカコが未だに現役? その理由をメリデメから探ります。

○メリット△デメリット
「Ⅳ」対策にピタリの収録範囲
学習論点を最適な順序で掲載
簡潔かつ知的なテキスト表現
易→難の順に並べた例題・問題
難問揃いで計算体力が備わる
2001年以来改訂がなく古臭い
簿記2級原価計算の知識が前提
ぶっきらぼうで不親切な解答解説
端数・小数が頻出して解きにくい
使いこなすには膨大な時間が必要
ふぅん、するとイケカコブームの理由はこうだな。

メリット①
論点順、難易度順の良問題集は、診断士受験者が得意な「問題集回転学習」に最適。つまり、初めは理屈そっちのけでも、正しい理論が追って身につく。

メリット②
設問がクッソ難しく、解説がクソ不親切なため、簿記2級程度の知識と十分な学習時間が前提。つまり参入障壁により差別化できる。

メリット③
診断士の「Ⅳ」問題集に特有の、デタラメや誤植がないので安心。

では、タンスの肥やしを使ってやるか? そこで今日はイケカコの目次を紹介し、その後3回に分けて「肥やしの活用法」を提案します。

2⃣イケカコ目次

ランクタイトル
B1全部原価計算と直接原価計算
S2CVP分析(基礎)
A3CVP分析(応用)
A4事業部の業績評価
B5在庫管理
A6業務的意思決定会計
C7活動基準原価計算(ABC)
S8戦略的意思決定会計(1)
~投資案評価、時間価値
S9戦略的意思決定会計(2)
~CIF
S10戦略的意思決定会計(3)
~資本コスト(WACC)
C11原価計算の新領域
C12不確実性と情報

※イケカコといえど、要は「Ⅳ」で頻出のCVPとNPVの最上級問題集。あとは時間が許す限り回転させることで、本来必要な理論が順に身につく程度と捉えてOK。

今日のまとめ

意外かも知れませんが、当サイト、イケカコは全くおススメしません。

そもそも発行が古すぎっ!
端数出まくりの計算問題はイラつく。
超低金利の時代に「インフレ会計」?
とどめを刺すのが全く意味不明の解答解説。

しかし、「Ⅳ」の難易度が上下にブレるたび、イケカコ必要!いや不要!と自己主張ばかりするブログの議論の方が意味不明。手もつけずに否定ではなく、全問解いた人が「非効率」と言えば済む話です。

でもでも、時間が許される「2年目上級生」なら、あえてその非効率に挑んでみる手が。 すると「Ⅳ」意思決定会計のあらゆる問題を、効率的に解くスキルが備わります。

わかりやすさがマスト、具体的ならベスト
ワンクリックで国語力UPの実感を↓

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

サイト内検索

カテゴリー

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

-K事例Ⅳ

PAGE TOP

© 2020 200%抜け駆けスタイル 診断士試験 Powered by AFFINGER5