H事例Ⅰ

【5年前の2次】過去記事使って「事例Ⅰ」

事例Ⅰは明鏡止水

む、明鏡止水とは何のこと?

・来る10/22(日)の「2次」では鍛え上げた合格実力を携え、
・心静かに相手の話に耳を傾け、
・相手が答えさせたいことを、鏡に映すが如く答案用紙に書いてくる。

自分はやるだけのことをやった」「後の合否は半々」。初学スト生の合格目安の一つが計画的たまたま50%合格。そこで語り継がれるコンセプト~明鏡止水~の初出は2010年10月のこの過去記事

【5年前の2次】過去記事使って「事例Ⅰ」

オリジナル記事2012/10/6

【事例I】過去記事使って総まとめ

書く~どの程度の答案を狙うか

編集力で差をつける
得点を安定させる「ストラックアウト戦術」
いつも通りに、当たり前に
解答作成のコツ

過去記事活用は一つ一つ読み込まず、各主張の共通点に注目することがポイント。

こちらは2年後の2014/10/12にリニューアルした内容。

【ラスト2週】明鏡止水vol.3

作問者の思いと制約

△上位20%=合格ではなく、○下位80%を不合格にするために作問。

心身を鍛え上げ相手の話に耳を傾けると、本試験の一字一句に籠められた作問者の思いを知る。すると同時にこんな声↑が聞こえる。つまり、

当てて欲しいが、どこかで差をつけないといけない。

だから事例出題の黄金比率は、当り前AB:勝負所C:捨て問D=4:4:2。与件を写経すると、勝負所Cランクの作り方も聞こえてくる。

設問文で意地悪 与件文で意地悪 解答用紙で意地悪
設問表現を難しくしたり
制約を甘くする
不要ダミー情報を入れる 字数・配点を変える

設問文について。事例Ⅰの解答要求は、時に真意を掴みにくい禅問答。この非論理性の壁を越え論理的な因果関係で答えることが合格条件。

与件文について。事例出題は80分では解けない文章量。従い、与件の根拠を全てどれだけ使うかではなく、優先度順に選ぶセンスが合格条件。

解答用紙について。字数・配点が前年と同じだと皆すぐ気づいて解答がバラけない。毎年変わる字数・配点の目先に惑わされないことが合格条件。

事例の写経を通じ、作問者の思いを知ると。「今年の出題が変化するかも・・」と恐れるのでなく、「出題傾向は表面上必ず変化」と覚悟が決まる。すると一点も曇りのない鏡、静かに湛わる水面に映るが如く、変わらぬ本質だけが浮かび上がって見える。

★社長の思い
★経営上の課題
★診断士への相談

この3つを見つけ、対応する設問に割り付けた時点でA答案がほぼ確定。

競争前倒しと事例の「本質」

根拠の希薄化と競争前倒し→事例の「本質」で勝負。

この試験は結果的に合格した方法、年1,000通り全てがマイベスト。だから解答プロセスの優劣を競うことは無意味。だがスト合格⇔多年度合格者の言い分を良く眺めると、その傾向は顕著に異なる。

<事例の本質>ポジションマップ

事例の本質 合格実力Aランク 合格
ノウハウ
作問者視点 採点者視点 解答者視点
準備と前倒し
最初の10分勝負
80分間
全力疾走
読む 考える 書く
予想レベル 思考レベル 作業レベル
解脱 開眼 上達
素直 精巧
マクロ大局観 ミクロの根拠
最適安全解答 聞かれたことに答える 1点を争う
スト合格← →多年度合格

この試験の合格に欠かせないのが採点者視点。解答を考える思考レベルが一定水準を超えると「開眼」。聞かれたことに答えて合格A答案。

解答者視点に立ち、書く作業レベルを磨くと「上達」。 精巧な技を磨き、ミクロ根拠に注目して1点を争い合格A答案を作るのが、多年度合格の主流

作問者視点に立ち、読む予想レベルを高めると「解脱」。素直にマクロ大局観を磨き最適安全解答を選んで合格A答案を作るのが、スト合格の主流

受験対策の発達に加え、合格者の再現答案がWebで公開される時代では、合格答案の似たり寄ったり化は年々加速。すると与件の根拠が薄くなり、事例の競争は「要求解釈の精度を競う」本質へのシフトが進む。

今日のまとめ

高度化した今の「2次」を、初学スト生が独力で勝ち抜くには、11週間では時間が足りず、立ってる者は親でも使え。でもね。

  • 目先の解答テクニックが1~2年で陳腐化するのに対し、
  • 企業経営への助言の本質は、そう簡単に変化しない。

合格ノウハウは、最新・最先端を採用するのが有利。でもその内容全てが「最新」である必要はないのか。そんな所に気づくだけで、合格スピード感はずいぶん変わる。

わかりやすさがマスト、具体的ならベスト
ワンクリックで国語力UPの実感を↓

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

-H事例Ⅰ

Copyright© 200%抜け駆けスタイル 診断士試験 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.