H事例Ⅰ

【事例Ⅰのトリセツ】知識のレイヤー化

4人の社長の思いに応えましょう?

来週がピークの「80分間の過ごし方」ネタは、受験校またはノウハウ本で既読。ブログ記事でのタイムロスが勿体ないから、今日の予習は、再来週の「事例別の特徴」ネタ。

なお10月になると、冒頭のメッセージがあちこち出没。これ間違いではないが、視野がせまい。周囲と同じこと書けば安心するのが受験長期化デメリット。周囲と違うことを平気でやるのが短期合格メリット。そこで例えば、

社長1人と、部長3人の意見を聴いてくる。

1⃣事例別の特徴 Ⅰ~Ⅲの役割分担

事例Ⅰ=組織と明記しないのに、なぜ毎年その順番?

過年度生が嫌がるスト生の強みとは、周囲が「知ってるよ、当り前だよ」と見過ごす所で、ふと立ち止まり、疑問を持つこと。そしてそこから2ヶ月合格のゲームが始まる。

ビジネスサイクルとは、
A社長が考え、
B部長が販路を広げ、
C工場長が生産、
D部長が計数管理。

中身はなんでも構わないが。ビジネスサイクルだって、自分で意味づけしくだらなくすると一生忘れない。だが実力合格・試験不合格が続いた心の隙に囁きかける、「合格者のノウハウ!」による思考停止に要注意。

2⃣事例別の特徴 ~ビジネス視点で

A社長は別格とし、B~D社長が診断士に期待するのは何か?

今のB~D社長は順風満帆でなく、何か悩みを抱え、解決策はあるもののイマイチ不安。

A社長から見て、B社長に営業上の助言ができる診断士なら、営業戦略立案を診断士に外注可。※また生産、経理しかり。

この診断ストーリーでは、営業(Ⅱ)が花形、生産(Ⅲ)が脇役。なぜ常にそうなるか?

例えば「経営・戦略論」で必ず問われる選択肢が、「自動車業界万歳、電機業界憎し」。そりゃ確かに中小企業の立場上、自動車=裾野産業=歓迎、電機=国内空洞化=不満は納得。

そこで2ヶ月合格を目指すには、1次知識=自動車バンザイ!のイメージを頭に描き、

市場の変化を常に注視し、

内部体制を整え変化に対応。

とさえ書けば、回答方向を外さない。これを自然にやるのが、2ヶ月合格ビジネスセンス。

ではまず大枠を。

①「事例Ⅰ~Ⅲ」に共通 ②「事例Ⅰ~Ⅲ」で個別 ③事例Ⅳ
共通する本質 ★特徴づける性質 非関連原価
【国語能力】
問題の読み方
答案の書き方
【知識力】
解答要求
回答に使う知識
【計数能力】
難化年は実力通りの点差
易化年は点差がつかない
ノウハウ採用可能
誰に聞いても大差ない
まず話を聞いてみる
自分の知識で紐付け
千人千色
★ここを積極質問
ノウハウ持込禁止
A評価は必ず取れる
質問は別途対応

「2次」の答案作成技術は、得点開示以降急速に発展し、【国語能力】では差がつかなくなりました。そして当然、「事例Ⅰ~Ⅲ」で個別の【知識力】の戦いにシフトしています。

【知識のレイヤー化】事例Ⅰの掴み方

全体感を押さえる

必要知識1⃣ ドメインとは?
・「事例Ⅰ」では単にA社でなく、A~D社に共通する全社戦略を学ぶ。
・過去のA社の歴史が示され、今後A社が進む全社戦略(ドメイン)を決める。
  • 診断士「2次」とは、どんな能力を問われる試験か。
  • 知識を知っている⇔使える、つまり「1次」⇔「2次」の違いは何か。
  • 知識を「2次」で使えるためには、何をすれば良いか。
  • 「1次」未出題の知識を、「2次」回答に使って良いか。
  • スト合格には、「経営」「運営」をどの程度仕上げるのが良いか。
必要知識2⃣ 成長戦略とは?
・A社は複数事業・部門を持ちそこそこの規模。だが成長への曲がり角。
・A社社長は事業戦略の腹案を持っているが、そこに太鼓判を押してほしい。
・○○事業への思い入れ、「従業員の雇用は守る」など、何か制約条件あり。
  • 「事例Ⅰ~Ⅳ」をPPMで稼ぐ⇔守るに分けるか。全事例でAを狙うか。
  • 「1次」で学習済なのに、なぜ組織構造論、行動論は難しいのか。
  • 「事例Ⅰ」で出てくる他科目知識(マーケや生産)をどう扱うか。
  • 競争戦略、技術経営などの視点にどこまで踏み込むか。
必要知識3⃣ 組織・人事戦略とは?

・組織は戦略に従う。今後の成長にはどんな組織が良いか。
・大卒人材を採用したので育成したい。どう動機づければ良いか。

茶化→
サ採用
ハ配置
ホ報酬
イ育成
ヒ評価

  • 「事例Ⅰ」でなぜ組織変革、組織学習が問われるのか。
  • 人材戦略とは何をすれば良いか。
  • 「茶化」って何?
  • なぜ自称先輩は、他人を動機付けるより、マイモチベーションに夢中なのか。

今日のまとめ

「2次」の戦いは【国語能力】から【知識力】へ急速シフト。

受験技術が発展し、記述答案に差がつかなくなると、そうなることは必然ですが。【知識力】の鍛え方、しまい方にも個人差があり、迂闊に乗り込むと案外キケン。

一般に有効とされる「知識レイヤーの活用」は、追って確認していきましょう。

わかりやすさがマスト、具体的ならベスト
ワンクリックで国語力UPの実感を↓

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

サイト内検索

カテゴリー

2020年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

-H事例Ⅰ

© 2020 200%抜け駆けスタイル 診断士試験 Powered by AFFINGER5