F情報

【情報】春はあけぼの、暗記の季節(ネットワーク・セキュリティ・システム構成技術)

長い冬が終わると、
春はあけぼの。

画像:学研プラス広報ブログ

春は夜がほのぼのと明けようとする頃(が良い)。(日が昇るにつれて)だんだんと白んでいく、山際の辺りがいくらか明るくなって、紫がかっている雲が横に長く引いている様子(が良い)。

出典:manaPedia

ここ一週間、試験ブログが過去にないほど具体的。そう、クッソ長い「1年間ありがとう!」に、五十歩百歩の「自己紹介!」。「以下同文」の一言で済む長い冬のトンネルを越え、春のあけぼのがやってきた。

この試験は、合格レベルが年々上がるからだね?

そして、「1次」は7科目の暗記試験。気分が開放的になる春だから、気に入った記事を見つけて積極トライ。暗記はいろんなやり方を試すほど、自分のベストが早く見つかります。

では今日もスピテキ斜め読みを超速で。。

【情報】春はあけぼの、暗記の季節(ネットワーク・セキュリティ・システム構成技術)

第1章 4⃣ネットワーク
5⃣インターネット
6⃣セキュリティ

Sランク

§5インターネットの概要
3⃣TCP/IP
①プロトコル処理の流れ
②データ単位
③各層の役割
1ネットワークインタフェース層
2インターネット層
3トランスポート層
4アプリケーション層
④ネットワークインタフェース層のプロトコル
1イーサネット
⑤インターネット層の プロトコル
1IP
2ICMP
3ARP
⑥トランスポート層のプロトコル
1TCP
2UDP
⑦アプリケーション層のプロトコル
1HTTP
2FTP
3Telnet
4SSH
5SNMP
6NNTP
7LPR
8IPP

世の中がなぜインターネットでつながるかといえば、世界共通の通信手段TCP/IPでつながっているから。昔はOSI基本参照モデルの7段階を「あぷせとねでぶ~頭文字で丸暗記!」と教わったが、今ならTCP/IPプロトコルの4層で、真ん中のトランスポート=TCP、インターネット=IPと意味記憶すれば良さそう。

Aランク

§4ネットワーク
1⃣LAN
①LANの概要
②LANのメリット
1データの共有
2機器の共有
3インターネットの共有

§4ネットワーク⇔§5インターネットの違いは何かと言えば、ローカルネットワークを世界規模でつないだのがインターネット。そしてインターネットには良からぬ輩がいるから、§6セキュリティの出番。だから最初で最重要の欠かせぬ知識がLAN。アルファベット3字略語を覚えれば良いから、最初にしっかり意味暗記。

6⃣LANの接続機器
①LANカード
②ハブ
③リピータ
④ブリッジ
⑤ルータ
⑥ゲートウェイ

LANの概念が大事なら、次に大事(だった)のが構成する機器の名称。昔は「りぶるげと覚えて!」(リピータ、ブリッジ、ルータ、ゲートウェイ)で済んだが、最近の新傾向ではとんと出題されない。でも易化予想の今年はこの辺りの基本用語を確実暗記。

§5インターネットの概要
2⃣IPアドレス
①URL
②グローバル、プライベートIPアドレス
③NATおよびIPマスカレード
1NAT
2IPマスカレード
④ICANN
⑤DNS
⑥DHCP
⑦IPアドレスの傾向
⑧IPアドレス

Sランク知識TCP/IPの一つ手前の知識がIPアドレス。ここも1マーク出て良いので、テキスト+講義+問題集でできれば意味暗記。

4⃣電子メール
①電子メールの仕組み
1メールサーバ
2SMTP
3POP3
4IMAP
5S/MIME

電子メールになるとぐっと身近な話に。極端には用語丸暗記で良いので、リラックスして聞く。

§6セキュリティ対策
6⃣リスク分析
①リスク評価額の算定方法
②リスク処理

セキュリティになると、無理に理解や意味暗記は必要なく、個々の用語を覚えればOK。ただしスピテキP.175のリスク処理は、診断士試験では手薄な「リスク概念」を学ぶ。少し意地悪だが、この点を講師に深く質問すると、その答え方に応じ、実務経験者か単なる俄か講師かを見分け可能。

Bランク

§4ネットワーク
2⃣LANのトポロジ
1スター型
2リング型
3バス型

Bランクになると、出題頻度が下がり、理解するものも少なく、いよいよ用語の暗記ゲー。単語カードレベルの暗記対応でOK。

3⃣LANの接続媒体
1より対線
2同軸ケーブル
3光ファイバ

ここも用語レベル。

4⃣LANのアクセス制御方式
①CSMA/CD方式
②トークンパッシング方式

H26第11問で出題実績あり。やはり最新傾向の超難問に挑むより、この点の基本知識ABランクを確実に暗記しておきたい。

5⃣イーサネット

過去よく出題されたがここ5年は出題なし。ムキになる必要はないが、再出題もなくはないので、不安にならない程度に暗記。

7⃣無線LAN
①無線LANの通信規格
②無線LANの接続形態

ここも出題頻度は低い。今の世の中、自宅に無線LAN位はあると思われ、機器のラベルを眺め直して再確認。余裕あれば、イーサネットと合わせ、自作表などでの暗記も尚可。

§5インターネットの概要
1⃣インターネット接続サービス
①通信方式
1 回線交換方式
2パケット交換方式
②通信サービス
1FTTH
2 3G
3 4G
4 Wi-Fi
5 WiMAX
6 VPN
7 MVNO

普通の社会人生活をしていれば、新聞か雑誌で一度は聞いたことある知識。抵抗感なく理解暗記。

4⃣電子メール
②電子メールの種類
1Webメール
2メーリングリスト
3メールマガジン
4SPAMメール
5チェーンメール

前と同様。一般教養。

5⃣インターネットで利用される環境
①CGI
②クッキー
③Ajax

CGIやクッキーはWebページの利用に関わる基礎技術。Ajax=Googleマップと知り、マメ知識を一つ増。

§6セキュリティ対策
1⃣暗号化
①共通鍵暗号方式
1DES
2FEAL
3AES
②公開鍵暗号方式

セキュリティ対策は、IT技術の中でも日進月歩の世界。新しいものを追いかけてもキリがないし、古くなった知識は出題されない。得点効率が低くなったので、ここは気負わず暗記ゲー。

2⃣認証
①ユーザ認証
1ワンタイムパスワード
2コールバック
3RADIUS
4シングルサインオン
5バイオメトリクス
②サーバ認証
1SSL
2EV
③メッセージ認証
1電子署名

なんとなく聞いたことがあり、なんとなく覚えておけば解ける領域。通学・通信クラスなら、講師がどう上手に説明してくれるかに注目する程度。

3⃣アクセスコントロール
①ファイアウォール
1パケットフィルタリング機能
2プロキシサーバの機能
②DMZ
③IDS
1ネットワーク型のIDS
2ホスト型のIDS

上同様。なおIT業の方は、この講師なら自分の方が上手に説明できると思えたら、それはそれでOK。

4⃣無線LANのセキュリティ対策
①SSID
②MACアドレスフィルタリング
③WEP
④WPA
⑤IEEE82.1x

スピテキならP.118 §4ネットワーク ⑦無線LANとセットで、その補助知識として丸暗記。

5⃣セキュリティ対策の基本的知識
①アクセスコントロール
②運用面におけるセキュリティ対策
1情報セキュリティポリシーの策定および実行
2アクセス権の確率
3セキュリティ教育
4システム監査の実施
5定期的なセキュリティのメンテナンス
③運用面におけるセキュリティの関連用語
1ソーシャルエンジニアリング
2IT資産管理
3EIM

勤め人なら、社内で普通にいわれていることの復習程度。

7⃣ネットワーク犯罪の代表的な手口
①盗聴
②なりすまし
③フィッシング
④改ざん
⑤DoS攻撃
⑥コンピュータウィルス
1ブートウィルス
2プログラムウィルス
3マクロウィルス
4スクリプトウィルス
5トロイの木馬
6スマートフォン向けウィルス
⑦ワーム
⑧踏み台
⑨ポートスキャン攻撃
⑩スパイウェア
⑪ブラウザクラッシャ
⑫クロスサイトスクリプティング
⑬クリックジャッキング
⑭標的型攻撃メール

→全てまとめてマメ知識。問題集を解き、間違えた所だけ覚え直す。

7⃣システム構成技術

Aランク

§7システム構成技術
4⃣システムの評価
①性能評価
1スループット
2レスポンスタイム
3ターンアラウンドタイム
4ベンチマーク
5その他の性能指標
②信頼性評価
1RASIS
2複数システムの稼働率計算

用語を知る⇔知らないだけで点差がつく「情報」の中で、理解で多少点差がつく計算問題は、出題心理上は1マーク出したい。簿記同様に過去問を解いて覚えることがベター。

6⃣故障や障害に対する考え方

①フォールトトレランス
1フェイルセーフ
2フェイルソフト
②フールプルーフ

ITに限らず、航空機の安全などにも応用できる良知識。ここでしっかり意味暗記。

7⃣障害対策
①UPS
②ミラーリング
③デュプレキシング
④RAID
⑤システムの二重化
1システム構成
2予備機のスタンバイ方式
⑥ミラーサイト

備えあれば憂いなし。リスクを想定し、予め対応策を取るのは、試験にも応用できる重要概念。

§8プログラム言語
4⃣Java
5⃣スクリプト言語
6⃣マークアップ言語

プログラム言語のうち、この3領域は出題されやすい。IT現場で良く使う知識なので、講師の説明をしっかり聞く。

Bランク

§7システム構成技術
1⃣情報システムの処理形態と構成技術
①処理形態
1バッチ処理とリアルタイム処理
2集中処理と分散処理
②構成技術
1 2層アーキテクチャ
2 3層アーキテクチャ

ごく基本の考え方。最新傾向だと出題頻度減だが、内容程度は理解しておく。

2⃣Webサービス
1SOAP
2UDDI
3WSDL
3⃣SOA

第1章というより、第2章ソフトウェア開発の知識として、後から見直せばOK。

§8プログラム言語
1⃣プログラム
2⃣低水準言語
3⃣高水準言語
7⃣言語プロセッサ
8⃣プログラムの実行

プログラム言語のうち、出題頻度が下がる。問題集を解いて間違えた所を覚える。

Cランク

5⃣性能を高める技術
①スケールアウト
②スケールアップ

→最新出題傾向に対応した、追加収録知識

今日のまとめ

試験の合格レベルが年々上がる。かつ気鋭の最新診断士による試験ブログが毎日読める。するとどうなる?

当サイトを含め、古臭い成功体験にしがみついてちゃ、一瞬で周回遅れ。つまりこれからの当試験は、古びた合格ノウハウでなく、それをポイっと捨てるアンラーニングにシフトします。

ではなぜイマ暗記の強化がマスト? 最新のイラスト、暗記の幹を使って確認です。

わかりやすさがマスト、具体的ならベスト
ワンクリックで国語力UPの実感を↓

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

サイト内検索

カテゴリー

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

-F情報

© 2020 200%抜け駆けスタイル 診断士試験 Powered by AFFINGER5