F情報

これは無理ゲーEランク(情報):①主語

更新日:

7科目計420点で合格だけど、「2次」受験者数は4,600名以内にしたい。この時最も不適切なものはどれ
○ア テキストレベルのABを4割出す
○イ 正否が半々になるCDを4割出す
○ウ 絶対に当てさせないEを2割出す
×エ 足切り科目を用意し、得点調整で救済する
解説
足切り科目を用意し、得点調整で救済するのは社労士など他試験でもあるので×とは言い切れない。でも「2次」を控える以上、×救済する→○事前に告知したうえで救済する、が望まれます。
画像:Place One

針の穴を通す出題難度の調整力を誇る「1次」。その技術基盤に統計があるのは当たり前として、具体的には正規分布の前提でバラつきを抑えてきます。

ふむ、誰でも当たるAB、絶対当てさせないEを使って、平均点前後に寄せるのか。

絶対に当てさせない。Eランク出題エリア(科目別)
経済:なし
財務:企業会計原則
経営:組織論、消費者購買行動
運営:商業集積/SC、POS、統計
法務:民法
情報:ガイドライン
この論点を見るとほぼ「2次」に無関係だから、「捨て」でOK。「組織論」に至っては「1次」より先に「2次」をやる方が簡単に。

時間に追われる当試験で、Eランクにアツくなったら負け。どこから出てきてどう「捨て」るか、「情報」の簡単なパターンでおさらいします。

これは無理ゲーEランク(情報):①主語

主語の入れ替えパターン
4択穴埋めほど簡単には決まらないけど、テキストやビジネス常識で正解ならわかる。まずA~Cのパターンをどうぞ。
H30第1問 ハードウェア Bランク

インタフェースのシリアル/パラレルは暗記しなきゃダメかい?

パーソナルコンピュータ(PC)の利用においては、業務内容に応じてハードディスクドライブ(HDD)などのさまざまな種類の周辺機器を PC 本体に接続することがある。周辺機器を接続するインタフェースに関する記述として、最も適切なものはどれか。
○ア e-SATA は、PC 本体の電源を切らずに外付け HDD の接続が可能なシリアルインタフェースである。
×イ SCSI は、外付け HDD、モデムやマウスの接続が可能なシリアルインタフェースである。
×ウ USB は、PC 本体の電源を切らずに外付け HDD の接続が可能なパラレルインタフェースである。
×エ シリアル ATA は、外付け HDD、モデムやマウスの接続が可能なインタフェースである。

×イウのシリアル⇔パラレルのあべこべはすぐ気が付きますが、エの×シリアルATA→○USBの主語入れ替えは気づきにくい。

そこでシリアル⇔パラレルの違いをまず図解で。イマドキ両方見かけないけどねっ。

画像:日経XTech

H29第8問  ソフトウェア Aランク

AR→AIの定番すぎる主語入れ替え。ついでに、MCNとは?

自社のWeb サイトを近年の開発技術や新しい考え方を用いて魅力的にすることができれば、さまざまな恩恵がもたらされる。
それに関する記述として、最も適切なものはどれか。
×ア AR(拡張現実)とは人工知能技術を指し、これをWebサイトに組み込むことができれば、顧客がWebサイトを通じて商品を購入する場合などの入力支援が可能となる。
×イ IoTとはモノのインターネットと呼ばれ、今後、インターネットは全てこの方式に変更されるので、既存の自社のWebサイトを変更しなくても顧客が自社商品をどのように使っているかをリアルタイムに把握できるようになる。
×ウ MCN(マルチチャンネルネットワーク)とは、自社のWebサイトを介して外部のWeb サイトにアクセスできる仕組みを指し、自社のWebサイトにゲートウェイの機能を持たせることができる。
○エ ウェアラブルデバイスとは身につけられるデバイスを指し、それを介して顧客の日々の生活、健康、スポーツなどに関わるデータを自社のWebサイトを経由してデータベースに蓄積できれば、顧客の行動分析をより緻密かつリアルタイムにできるようになる。

H29第16問 データベース Bランク

ビッグデータの時代がやってくる。すると道具もそれなりに進化。

データベースに蓄積されたデータを有効活用するためにデータウェアハウスの構築が求められている。
データウェアハウスの構築、運用あるいはデータ分析手法などに関する記述として、最も適切なものはどれか。
×ア BI(Business Intelligence)ツールとは、人工知能のアルゴリズムを開発するソフトウェアをいう。
×イ ETL(Extract/Transform/Load)とは、時系列処理のデータ変換を行うアルゴリズムをいい、将来の販売動向のシミュレーションなどを行うことができる。
○ウ 大量かつ多様な形式のデータを処理するデータベースで、RDB とは異なるデータ構造を扱うものに NoSQL データベースがある。
×エ データマイニングとは、データの特性に応じて RDB のスキーマ定義を最適化することをいう。

説明部分は全て正しく、主語だけ別の用語に置き換える手口で、基本的にいくら考えても当たらない難問になります。

アは×BI→○AIのド定番ひっかけですが、イの×ETL→○自己回帰モデル、エの×データマニング→○チューニングは、試験中はひっくり返ってもわかりません。とはいえイウの2択には絞れそう。

画像:総務省

H29第12問 ネットワーク Cランク

知っている用語の筈なのに。もっとらしくウソをつくのがCランク。

スマートフォンやタブレットなどは、ネットワークに接続して利用することを前提としている。
こうした端末のネットワーク利用に関する記述として、最も適切なものはどれか。
×ア LTEとは、プラチナバンドを周波数帯域として使うモバイル通信規格を指す。
×イ SIMフリー端末とは、SIMカードがなくても多様な通信ができる端末を指す。
○ウ データローミングとは、端末利用者が、契約している移動体通信事業者と提携している他の移動体通信事業者の提供するサービスを利用できる機能を指す。
×エ モバイルネットワークオペレータとは、ネットワーク接続に不慣れな利用者に対してサポートを行う事業者を指す。

スマホ購入経験がある方なら、×イエのボケは落とせます。アは×LTE→○プラチナLTEなので、詳細は下図とリンクの参照で。

H29第15問  インターネット Aランク

必ず当てさせたいAランクは、3つの見事なボケにすかさずツッコむ。

企業や社会で、インターネットを介して、さまざまな形でデジタルデータの利活用が進んでいる。
それに関する記述として、最も適切なものはどれか。
×ア M2Mとは、人同士がよりスムースにインターネットを介してつながることを意味する言葉であり、SNSの基本とされている。
×イ インダストリー4.0 とは、米国政府が2012年に発表した、情報技術を活用し生産性の向上やコストの削減を支援する取り組みを指す。
×ウ オープンソースとは、インターネットの双方向性を活用するデータ利用のことで、行政への市民参加を促進するための情報公開・意見収集の手段である。
○エ 行政データのオープンデータ化とは、行政組織で収集されてきたデータを広く社会に公開し民間で利活用できるようにすることを指す。

○エ一択は大丈夫でしょう。アは×人同士→○機械同士に。イは×インダストリー4.0→○インダストリアルインターネット、ウは×オープンソース→○パブリックコメントが元知識と思われますが、念には念を入れて二重にボケています。

画像:NEC

H30第7問 セキュリティ Aランク

MDMはマストの知識、ツールといって良さそう。当問を使ってテキスト知識を確実に。

スマートフォンやタブレットなどの携帯端末は、外出先での業務用端末としても利用されている。その利用に際しては、安全かつ効率的な管理が求められている。
この管理のための記述として、最も適切なものはどれか。
○ア MDM とは、組織における携帯端末の運用を一元的に管理することである。
×イ デジタル署名とは、利用者本人を認証するために利用者の身体的特徴や行動上の特徴を用いるものである。
×ウ リモートロックとは、遠隔操作によって携帯端末のデータを消去することである。
×エ リモートワイプとは、遠隔操作によって携帯端末の操作を制限することである。

イは×デジタル署名→○生体認証、×ウエは下線部が逆です。

画像:CONEXIO

H27第19問 テスト Bランク

単体→結合→システム→承認→運用テストの順。語呂合わせ:タケシ小運用。離婚すると財産が減ってしまうイメージで。

多様な情報システムを開発して新規に導入したり、以前からあった情報システムを変更して利用したりすることが頻繁に行われ、情報システムの複雑性が増している。情報システムが複雑になればなるほど、ソフトウェアテストの重要性が高まる。これに関する記述として最も適切なものはどれか。
×ア V字モデルにおけるテストとは、システム開発の過程をさかのぼるようにして、総合テスト、受入テスト、単体テストを逐次に実施する方法である。
×イ 回帰テストとは、保守によってシステムに変更が加えられたならば、変更した部分だけのテストを行う方法である。
×ウ デシジョンテーブルテストとは、ソフトウェアの利用に際してユーザが行う意思決定の内容を、デシジョンテーブルに整理してテストを行う方法である。
○エ ブラックボックステストとは、プログラムの内部構造は考慮せず、機能やインタフェイスだけに着目してテストデータを作成し、テストを行う方法である。

当問は、4択すべてがもっともらしいパターンなので、誤答アイウに丁寧に×を付けます。アはテストの順番が逆。イは×変更した部分だけ→〇変更しない部分を含む全て、ウは×ユーザが行う意思決定の内容→〇指定された条件に対応する内容、です。

画像:webrage

H29第19問 テスト Cランク

明らかにテキスト知識なのにCランク? 何が起きたか。

ソフトウェアの開発では、作成したプログラムのモジュール単体に対するテストや、モジュール同士の結合テストなど、さまざまなテストをしてから運用に入る。
テストに関する記述として、最も適切なものはどれか。
○ア 結合テストの方法の1つにビッグバンテストがあり、複数のモジュールを一挙に結合して、その動作を検証する。
×イ 上位モジュールと下位モジュールを結合してテストを実施したいが上位モジュールが完成していない場合、スタブと呼ばれるダミーモジュールを作ってテストする。
×ウ ブラックボックステストでは、モジュール内の分岐や繰り返しなど、内部ロジックが正しいかをテストする。
×エ モジュールのテストでは、まずモジュール間を接続し、結合テストを行って全体の整合性を確認し、その後単体テストを実施してモジュール単体の動作を詳しくテストする

正解から言えば、ウは×ブラックボックス→○ホワイトボックスですが、イの×上位→○下位(または×スタブ→○ドライバ)、×エの結合テスト⇔単体テストのあべこべは、意外と選んでしまったかも。テキストに戻って確実暗記を。

H30第17問 開発管理 Bランク

RFP(提案依頼書)なら聞いたコトあるけど、RFIとは何ぞや?

A 社は自社の業務システムを全面的に改訂しようとしている。候補に挙がっているいくつかの IT ベンダーの中からシステム開発先を決定したい。A社が IT ベンダーに出す文書に関する記述として、最も適切なものはどれか。
×ア RFI とは、自社が利用可能な技術などをベンダーに伝え、システム開発を依頼する文書をいう。
×イ RFI とは、システムが提供するサービスの品質保証やペナルティに関する契約内容を明らかにし、システム開発を依頼する文書をいう。
○ウ RFP とは、システムの概要や主要な機能などに関する提案を依頼する文書をいう。
×エ RFP とは、システムライフサイクル全体にわたる、システム開発および運用にかかるコスト見積もりを依頼する文書をいう。

RFP(提案書)まで作らせると断るのがメンド臭いから、とりあえずカタログだけ送ってよ。IT本職の方に怒られそうですが、RFIなんて用語まで覚え始めたらキリがないから、くだらなく。

エの文書にも何か名前がある筈ですが、RFPがウエどちらになるかと言えば、〇ウ一択です。

画像:日経XTECH

H29第20問  経営情報管理 Bランク

ショボイITテストと思いきや、「国家」が絡むと話が複雑に(EA)。

システム化の構想や計画、あるいは IT 投資評価などを行う際に必要となる概念やフレームワークなどに関する記述として、最も適切なものはどれか。
×ア EA(Enterprise Architecture)とは、組織全体の意思決定の階層を、戦略的計画、マネジメントコントロール、オペレーショナルコントロールの3つに分けて、システム化の構想をするものである。
○イ IT ポートフォリオとは、リスクやベネフィットを考慮しながら IT 投資の対象を特性に応じて分類し、資源配分の最適化を図ろうとするものである。
×ウ SLA(Service Level Agreement)とは、IT サービスを提供する事業者と IT サービスを利用する企業間の契約で、IT サービスを提供する事業者が知り得た経営上あるいは業務上の知識や情報の秘密を漏えいしないための秘密保持契約をいう。
×エ WBS(Work Breakdown Structure)とは、現行の業務フロー分析を行い、システム化の範囲を定めるために用いる手法である。

最新IT用語を掘り下げると海より深い。そこでイが〇、ウが×と先に決めたら、今後の出題に備えアエにツッコミを入れて知識を増やす。

アは×EA→〇マネジメントコントロール論(暗記不要)。EAは政府レベルの話だったので、深くやりたい人だけ知ればOK。エは×WBS(実行計画づくり)→〇モデル化技法。使い道が別物です。

出典(EA):KPMG international

H30第19問  経営情報管理 Cランク ※重要 前年誤答選択肢から作問

EA(エンタープライズアーキテクチャ)は、政府レベルの話の筈だろっ!

情報システムを構築する上で、対象業務の最適化のみならず、企業全体にわたる業務とシステムの最適化を図ることが重要とされている。そのための手法として、エンタープライズアーキテクチャ(EA)が提唱されている。
EA のビジネスアーキテクチャに関する記述として、最も適切なものはどれか。
×ア 各業務において利用されるデータの内容やデータ間の関連性を体系化するもので、その結果、E-R 図などが作成される。
○イ 共通化・合理化などを行った実現すべき業務の姿を体系化するもので、その結果、機能構成図や業務フローなどが作成される。
×ウ 業務処理に最適な情報システムの形態を体系化するもので、その結果、情報システム関連図などが作成される。
×エ システムを構築する際に利用するもろもろの技術的構成要素を体系化するもので、その結果、ネットワーク構成図などが作成される。

「1次」では、2度出る誤答選択肢は3度出る。今年も1マーク出題ありと読むのが妥当です。資料と見比べながら、×ア→データ・アーキテクチャ、×ウ→アプリケーション〃、×エ→テクノロジー〃と正しい暗記を。

画像:ITmedia

難問のDは、ムキにならずに後回し。
知識自体はテキスト範囲内でも、選択肢の作り方次第で、到底当たらないDランクに。ここでその手口の確認を。
H30第3問 ソフトウェア(文字コード) Dランク

テキストで暗記したはずだけどなぁ。Dランク選択肢の捻り技をどうぞ。

文字情報を電子化する際の文字コードには、いくつかの種類がある。文字コードの特徴に関する記述として、最も適切なものはどれか。
×ア ASCII コードは、アルファベット、数字、特殊文字、制御文字および漢字から構成される文字コードである。
○イ EUC は、UNIX OS のために開発されたが、その後拡張されて日本語などにも対応できるようになった文字コードである。
×ウ Shift-JIS コードは、EUC を拡張して日本語にも利用できるようにした文字コードである。
×エ UTF-8 は、2 バイトの文字コードで、英数字と日本語だけではなく、世界の主要な言語で使われるほとんどの文字も表現できる。

主語入れ替えには、難問も。アは×ASCII→○JISコードの入れ替えも難ですが、ウは×Shift-JISコード~→○EUCは、ASCIIを拡張して、エは×UTF-8は、2バイト→○Unicodeは、16バイト。2つ捻りを入れてくるので、本番での正答はまず無理です。

H30第12問 ソフトウェア(文字コード) Dランク

同じ年のソフトウェア3問中2問がDランクってのは、おかしくないか?

QR コードは、中小企業でも商品の検品・棚卸、決済などの業務に利用できる。QR コードに関する記述として最も適切なものはどれか。
○ア コードの一部に汚れや破損があっても元のデータを復元できる。
×イ 数字だけではなく英字やひらがなのデータを格納できるが、漢字のデータは格納できない
×ウ スマートフォンやタブレットなどの携帯端末で実行できるプログラムである。
×エ 無線通信を用いてデータを非接触で読み取ることができる。

×ウ→アプリ、×エ→RFIDはわかるのでアウの2択に。つい×イを選びますが、"QRコードはJIS基準を使うので漢字も使える"なんて、知ってる方が不思議です。今年も出そうなので、○アの知識をどうぞ。

画像:バーコード屋さん

H27第4問 プログラム言語 Dランク ※難問

ソフトウェアの開発には多様なプログラミング言語が使われるが、それぞれ特徴がある。下記の記述のうち最も適切なものはどれか。
○ア Cは、OSも開発できる言語であるが、メモリ解放の指示を忘れるとメモリリークバグが発生することがある。
×イ C# は、日本人が開発したオブジェクト指向型言語であるが、Perlを参考にして開発された。
×ウ Javaは、インタプリタ言語なので、初心者にも習得がしやすい。
×エ Perl は、HTMLとともに記述することができるサーバサイドスクリプト言語で、Webページ作成に特化している。

当問も主語入れ替え。イは×C#→○Ruby、ウは×Java→○BASIC、エは×Perl→○Java Scriptですが、○ア選択肢が深すぎて、イウエのどれかを選ばされます。試験上はイウエの性格な知識が要る難問です。

プログラミング言語の発展:ガジェットギャラリー

ザ☆捨て問。プロ以外は手を出さない禁断のエリア
ITを本業をする方にも、そう簡単に100点は取らせない。そもそも4択マークで正答率20%以下って、何かヘン。
H29第9問 データベース Dランク ※難問

データベースの排他制御やロックについての深~い知識。SEなど実務家でない限り、ここまでやるとキリがない。

業務処理のためには、多くの場合、データベース(DB)が利用される。DB をネットワーク環境下で利用する場合、さまざまな端末からトランザクション処理要求を受け付けるため、多くの負荷が集中することもある。このような状態の中でのDB の効率的な運用や障害対策などのための仕組みが用意されている。
そのような仕組みに関する記述として、最も適切なものはどれか。
×ア DB運用中に表のデータ項目の追加・削除や新たな表追加が必要となり、DBの論理構造の再構築を行う場合は、SQL文のREBUILD命令において必要なパラメータを指示して実行する。
×イ DBの更新処理を行う場合は、ロックと呼ばれる排他制御が行われる。このロックをかける範囲をロック粒度と呼び、ロック粒度が大きいと排他制御のための処理のオーバヘッドが大きくなる。
○ウ DBの障害回復には、バックアップファイルを利用するロールフォワードとデータ更新状況を記録したものを利用するロールバックの仕組みがある。
×エ クライアント端末からWebサーバを経由してDB サーバに対して更新作業を行う際、まずDB サーバに対して更新作業が可能かどうかを問い合わせることを2相のコミットメントと呼ぶ。

答えから先に書くと、アは×REBUILD→○ALTER TABLE、イは×大きい→○小さい、エは×2相→○1相です。どうみても実務家レベルの問題で、診断士に聞く知識じゃない。なお、「ロック粒度」「コミットメント」は以下リンクがわかりやすいので、興味がある方はどうぞ。

画像:ASCII.jp

H27第18問 アジャイル開発 Dランク ※捨て問

H28クソ問の前触れを思わせる、深~い知識を聞く問題。

近年の多様なIT 機器の発達、激しいビジネス環境の変動の中で、アジャイルシステム開発が注目されている。アジャイルシステム開発の方法論であるフィーチャ駆動開発、スクラム、かんばん、XPに関する記述として、最も適切なものはどれか。
×ア フィーチャ駆動開発は、要求定義、設計、コーディング、テスト、実装というシステム開発プロセスを逐次的に確実に行方法論である。
○イ スクラムは、ラウンドトリップ・エンジニアリングを取り入れたシステム開発の方法論である。
×ウ かんばんは、ジャストインタイムの手法を応用して、システム開発の際に、ユーザと開発者との間でかんばんと呼ばれる情報伝達ツールを用いることに特徴がある。
×エ XPは、開発の基幹手法としてペアプログラミングを用いるが、それは複数のオブジェクトを複数の人々で分担して作成することで、システム開発の迅速化を図ろうとするものである。

システム開発が本業の方以外は、当問は捨てに。アは×フィーチャ駆動開発→○ウォーターフォールモデル、ウは×ユーザと開発者の間→○開発者同士の間に。エはペアプログラミングの説明が違っています。

H30第18問 開発管理 Dランク ※捨て問

当問はこの次のH29第18問と連続出題ですが、それでもDランク。ここは後回しに。

ソフトウェア開発では、仕様の曖昧さなどが原因で工数オーバーとなるケースが散見される。開発規模の見積もりに関する記述として、最も適切なものはどれか。
○ア CoBRA 法では、開発工数は開発規模に比例することを仮定するとともに、さまざまな変動要因によって工数増加が発生することを加味している。
×イ LOC 法では、画面や帳票の数をもとに開発規模を計算するため、仕様書が完成する前の要件定義段階での見積もりは難しい。
×ウ 標準タスク法は、ソフトウェアの構造をWBS(Work Breakdown Structure)に分解し、WBS ごとに工数を積み上げて開発規模を見積もる方法である。
×エ ファンクション・ポイント法は、システムのファンクションごとにプログラマーのスキルを数値化した重みを付けて、プログラム・ステップ数を算出する。
H29第18問 開発管理 Eランク ※捨て問

プロジェクトの成否を分ける!PMなら知っておきたい4つの工数見積もり手法

画像:InnoPM
ソフトウェア開発の見積もり手法には、大きく分けて、類推法、パラメトリック法、ボトムアップ法がある。
それらの手法に関する記述として、最も適切なものはどれか。
○ア LOC 法は、プログラムのステップ数に基づいて見積もりを行う手法であり、パラメトリック法に分類される。
×イ ファンクションポイントは、どの見積もり手法でも必要となる重要データである。
×ウ ボトムアップ法は、要件定義の段階で見積もる手法であり、以降の段階ではより詳細なパラメトリック法が用いられる。
×エ 類推法は、過去の類似システムと比較して見積もる手法で、標準タスク法などがこれに該当する。

リンクの通り、プロジェクトマネージャー試験の知識ですが、それでもEランクということは、深~いひっかけがありそう。これは捨てます。

H30第14問 ネットワーク Eランク ※ミラモン

これからのITのミライを尋ねる、ミラモン=未来問。試験上は捨てて、興味のある方はどうぞ。

ビッグデータの時代では、デジタルデータを介してヒトやモノを結ぶネットワークが急激に拡大していく現象が見られる。ネットワークに関する記述として、最も適切なものはどれか。
なお、ノードとはネットワークの結節点、あるノードの次数とはそのノードと他のノードを結ぶ線の数を意味する。
○ア 次数分布がべき乗則に従う、インターネットなどで見られるスケールフリー・ネットワークには、ハブと呼ばれる次数の大きなノードが存在する。
×イ ブロックチェーンとは、Web 上に仮想的な金融機関を置き、金融取引の履歴をWeb 上のデータベースに一元管理するネットワークをいう。
×ウ メトカーフの法則は、デジタルデータの爆発的な増大を背景に、ノードの増加と共に価値が指数関数的に増えていく状況を表している。
×エ リンクポピュラリティは、ネットワーク分析で使う指標の1 つで、あるノードを通る経路が多いほど大きくなる。

イの×ブロックチェーン→○ネットバンキングは大丈夫。全く意味不明なウエを選ぶ方がほとんどでしょう。ウは×ノードの増加→○接続する端末数、エは×あるノードを・・○そのサイトがリンクを受ける数ですが、そんな知識を暗記する余裕はありません。

H27第15問 システム構成技術 Eランク

オーバーヘッドをくだらなくすると、余計な手間を増やしやがって

クラウドコンピューティングの実現にも使われる仮想化技術に関する記述として、最も適切なものはどれか。
×ア 仮想サーバの規模に比例してサーバの管理オーバヘッドが次第に大きくなることを、スケールアップという。
×イ 複数の物理サーバを負荷分散装置に追加して 1台の仮想サーバとする方式(※スケールアウト)は、顧客データの更新処理が多量に発生する場合に効率的である。
○ウ 物理サーバを追加することで仮想サーバの処理能力を増やすことを、スケールアウトという。
×エ ブレードPC方式のデスクトップ仮想化では、ブレードPCの処理余力をデスクトップで相互に有効利用することができる。

答えから先に書くと、×アイはスケールアップ⇔スケールアウトの説明が逆。×エは紛らわしく真逆のウソを言ってるので、リンク先参照で。余計な手間を増やしたくないので、この図↓を覚えれば十分。

画像:IDCフロンティア
H27第23問 ガイドライン Eランク ※捨て問

こんな暗記をしたい? いえ、捨てます。

画像:応用情報技術者試験ドットコム
日本工業規格JIS X-0129-1 ではソフトウェア製品の品質を規定している。これに含まれる品質は、機能性・信頼性・使用性・効率性・保守性・移植性の6品質である。これらの品質に含まれる副特性に関する記述として、最も適切なものはどれか。
×ア 運用性は、保守性品質に含まれる。
×イ 成熟性は、移植性品質に含まれる。
○ウ セキュリティは、機能性品質に含まれる。
×エ 魅力性は、効率性品質に含まれる。

アとエは×保守性、効率性→○使用性、イは×移植性→○信頼性だけど。こんなの覚えてられるかっ。

H27第22問  ガイドライン Eランク ※捨て問

ISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)の時点で難解ですが、その方法論まで聞かれちゃお手上げ。

一般財団法人日本情報経済社会推進協会のISMSユーザーズガイド(リスクマネジメント編)などが、情報セキュリティリスクアセスメントを実施するためのアプローチとして、ベースラインアプローチ、非形式的アプローチ、詳細リスク分析、組み合わせアプローチの4つを紹介している。これらのアプローチに関する記述として最も適切なものはどれか。
×ア ベースラインアプローチとは、システムの最も基本的な部分を選び、これに確保すべき一定のセキュリティレベルを設定して、現状とのギャップをリスクとして評価することを指す。
○イ 非形式的アプローチとは、組織や担当者の経験や判断によってリスクを評価することを指す。
×ウ 詳細リスク分析とは、システムをサブシステムに分解し、そのシステムごとにリスク評価を行うことを指す。
×エ 組み合わせアプローチとは、システムをサブシステムに分解し、その組み合わせすべてについてリスク評価を行うことを指す。

これは後回しに。

画像:atmarkIT

今日のまとめ

DEランクの狙いは、①得点バラつきを抑えるための高得点阻止であり、②一度出たら二度出ない特徴が。それでね、昨年までとイマからが違うのはここから。

昨年まで
→あくまで「後回し」。過去問を回して、付箋の数を減らす。
イマから
→Eランクは「捨て」。過去問を回して、邪魔になった付箋ははがす。

ほう、「捨て」とは思い切ったね? はい、例えば「情報」なら、ITのプロでも当たらない新知識、深め知識、国語ひっかけをするのがEランクです。

今からはEランクを「捨て」る背景
①Eランクは絶対に当てさせない2割の問題。対策するより、鉛筆コロコロする方が当たる。
②バツをマルに直すドリルの普及で正答率が上がり、残り80点から60点を十分取れる。

ボタンを押して今日もイタダキ↓。
試験の進化は待ったなしです。

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

-F情報

Copyright© 200%抜け駆けスタイル 診断士試験 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.