【情報⑥】ドラゴン桜で受験テク:?を浮かべて仮説思考(経営情報管理)

「2次」対策が長引くと、なぜ「!」を乱打しないとブログ一つも書けないの?

理由は簡単。試験ブログのネタ元の半数は、通った先の講師の受け売り。つまり自分の言葉ではなくパクってコピー。

画像:ドラゴン桜勉強法⑦

市中のしょぼい2次スクールほど、「!」を乱打して宣伝熱心。それは「もう余計なコトを考えず、迷わずウチにいらっしゃい」。そう導くためのキャラづくり。そうだ、そうに違いない(震え声)。

それをアマちゃん合格者様が見様見真似でパクったら、互いの足を引っ張るだけだろ?

うは、「2次」対策とは、長引くほど国語力が下がるもの? うん、答えの暗記を始めるからね。そこで暗記は「1次」でもう沢山。今日は「情報」6回最後のタテ解きです。

【情報⑥】ドラゴン桜で受験テク:?を浮かべて仮説思考(経営情報管理)

第3⃣章 経営情報管理

H28第22問 クラウドコンピューティング Bランク

SaaSとかPaaSとか一々覚えず、イメージで。IT用語は年々進化発展するのが当たり前。

画像:日経XTECH
近年、クラウドサービスが台頭し、自社システムからクラウドサービスに移行する動きが活発になりつつある。クラウドサービスは中小事業者にとっても有益であるが、その利用のためには様々な課題について検討しなくてはならない。
クラウドサービスやその利用に関する記述として最も適切なものはどれか。
○ア クラウドサービスにおいては、情報セキュリティの確保が重要になるが、独立行政法人情報処理推進機構ではクラウドサービスの安全利用に関する手引きを出している。
×イ クラウドサービスの利用料金の多くはサービス内容に応じて異なるが、使用したデータ容量では異ならないので、コストの視点から大企業の多くがクラウドサービスを利用し始めている。
×ウ パブリッククラウドの形態には、SaaS、PaaS、IaaS、DaaS などがあり、いずれもアプリケーション、ミドルウェア、OS、ハードウェアが一体化されたサービスとしてエンドユーザに提供される。
×エ オンプレミス型クラウドサービスとは自社でインフラを持たずクラウド事業者からサービスの提供を受ける形態をいい、ホステッド型クラウドサービスとは自社でインフラを持つ企業内クラウドの形態をいう。

当問は超イージーで〇ア一択。そこで誤答選択肢の捻り方の学習に使います。

イウは×強い言い切り=断定したらだめじゃん。世の中だいたい例外があります。エはオンプレミス⇔ホステッドの用語が逆。オンプレミスを知らなくても、なんとなく×にできます。

H29第23問 クラウドコンピューティング Aランク

折角なので、先ほどの図を見ながらもう一問。

中小企業A社は、現在クライアント・サーバ方式で財務・会計システムを保有しているが、クラウド・コンピューティングへの移行を検討している。
クラウド・コンピューティングに関する記述として、最も適切ものはどれか
×ア PaaS を利用する場合、ミドルウェア部分のサービスのみが提供されるため、現行のクライアント・サーバシステムを保有し続ける必要がある。
×イ SaaS 利用ではアプリケーション、PaaS 利用ではミドルウェアというように、それぞれサービスを提供する業者が異なるため、それらをうまく組み合わせてシステムを再構築する必要がある。
×ウ SaaS を利用する場合、課金体系は月額固定制であることが法的に義務付けられているため、システムの利用頻度が高いほど業務単位当たりの実質的コストが軽減できる。
○エ SaaS を利用する場合、業者の提供するアプリケーションを活用することになるため、自社業務への適合性などをよく検討する必要がある。

うは、ここまで簡単なサービス問題はさすがにもう出ない。自社業務への適合性「など」。当ててくれと言わんばかりの〇エ一択です。

ウは民間に介入しすぎっ。イはそんな不便じゃ誰も買わないっ。アの下線部の指摘はやや難でも、現行システムは要らなくなった時にポイします。

H26第19問 リモートアクセス Cランク

BYODくらい知ってるけれど、正答率Cランクになると「嘘のつき方」が巧妙に。

携帯端末の普及に伴い、個人所有の端末を社内に持ち込み仕事に利用するBYOD が注目を集めている。特に、IT 投資の削減や情報共有の効率化が図られることなどから、BYOD に対する期待は大きい。BYOD に関する記述として最も適切なものはどれか。
○ア BYOD を導入するとともに、自社サーバの機能をクラウドサービスに移行すれば、BCP 対策の一環となる。
×イ MDMとは、持ち込まれる端末のデータベース管理システムを統一することを指す。
×ウ シャドー IT とは、会社所有の情報機器と同じハード、ソフトからなる端末に限定して持ち込みを許可することを指す。
×エ 端末を紛失した場合などに対処するため、遠隔操作でデータを消去するローカルワイプと呼ばれる機能がある。

当問にテキスト知識で×がつくのは、エの×ローカルワイプ→〇リモートワイプだけ。全て暗記は難しいので、イウの国語ひっかけを見抜きます。

イは×Database→〇Mobile Device Managementのひっかけ。英語の意味を覚えていれば落とせる。ウのシャドーITの意味は全く別。「会社と同じハード、ソフトからなる端末」なら自分で持ってる意味なくね? その程度でふわっと落とせば上出来です。

H29第20問 概念フレームワーク Bランク

ショボイITテストと思いきや、「国家」が絡むと話が複雑(EA)。

システム化の構想や計画、あるいは IT 投資評価などを行う際に必要となる概念やフレームワークなどに関する記述として、最も適切なものはどれか。
×ア EA(Enterprise Architecture)とは、組織全体の意思決定の階層を、戦略的計画、マネジメントコントロール、オペレーショナルコントロールの3つに分けて、システム化の構想をするものである。
○イ IT ポートフォリオとは、リスクやベネフィットを考慮しながら IT 投資の対象を特性に応じて分類し、資源配分の最適化を図ろうとするものである。
×ウ SLA(Service Level Agreement)とは、IT サービスを提供する事業者と IT サービスを利用する企業間の契約で、IT サービスを提供する事業者が知り得た経営上あるいは業務上の知識や情報の秘密を漏えいしないための秘密保持契約をいう。
×エ WBS(Work Breakdown Structure)とは、現行の業務フロー分析を行い、システム化の範囲を定めるために用いる手法である。

最新IT用語を掘り下げると海より深い。そこでイが〇、ウが×と先に決めたら、今後の出題に備えアエにツッコミを入れて知識を増やす。

アは×EA→〇マネジメントコントロール論(暗記不要)。EAは政府レベルの話なので、深くやりたい人だけ知ればOK。エは×WBS(実行計画づくり)→〇モデル化技法。使い道が別物です。

H29第8問 その他話題の用語クイズ Aランク

YouTuberを目指したいならMCN。

画像:V for internet
自社のWebサイトを近年の開発技術や新しい考え方を用いて魅力的にすることができれば、さまざまな恩恵がもたらされる。
それに関する記述として、最も適切なものはどれか。
×ア AR(拡張現実)とは人工知能技術を指し、これをWebサイトに組み込むことができれば、顧客がWebサイトを通じて商品を購入する場合などの入力支援が可能となる。
×イ IoTとはモノのインターネットと呼ばれ、今後、インターネットは全てこの方式に変更されるので、既存の自社のWebサイトを変更しなくても顧客が自社商品をどのように使っているかをリアルタイムに把握できるようになる。
×ウ MCN(マルチチャンネルネットワーク)とは、自社のWebサイトを介して外部のWebサイトにアクセスできる仕組みを指し、自社のWebサイトにゲートウェイの機能を持たせることができる。
○エ ウェアラブルデバイスとは身につけられるデバイスを指し、それを介して顧客の日々の生活、健康、スポーツなどに関わるデータを自社のWebサイトを経由してデータベースに蓄積できれば、顧客の行動分析をより緻密かつリアルタイムにできるようになる。

H28クソ問以降、一般常識で当たる超易問でボーナス点の大盤振る舞いに懸命な「情報」。誰でも〇エ一択です。

アは×AR→〇AIの超定番ひっかけ。イは×全ての方式→〇それじゃやりすぎっ。ウは×MCN→〇ポータルサイトで正解に。MCNってそういうものなのね。

今日のまとめ

何だか、雲を掴む様な話だね?

H28クソ問から一転、H29、30は超易化して一般常識で解けるABランクだらけ。だから「情報」暗記のヤル気がイマイチ出ない?うんにゃ、違うよ。

H30難化の「法務」は今年必ず易化する。その分「情報」の難化に備え、基本用語を確実暗記だ。

解説
7科目もの膨大な知識を問うクセに、出題難易度がランダム変化。そんな試験では誰もが「過去問に出たトコだけ覚えよう」と一斉に手抜きを始めます。そこで逆張りして、「情報」前半だけはテキスト範囲を漏らさず暗記。これでホントにスコアが伸びます。

そう、試験対策の最新・先端は、市販テキストやスクールの教室にはなく、ネットのクラウドの中にある。でもそんなの真偽不明で、鵜呑みにしたらやられっ放し

そこで当サイトのようなインチキ臭いネット記事を見たら、「!」でなく「?」を浮かべてまず疑え。そうして文章の真偽を見抜く国語力を高めると、ネットのクラウドから情報を取り放題に。これでホントにスコアが伸びます。

ボタンを押して今日もイタダキ↓。
試験の進化は待ったなしです。

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村