「1次」対策~テストに暗記法(1/4)【暗記⇔理解の違いを一刀両断】

ふぞ先輩の薄っぺら

画像:薄っぺら度診断~あなたの薄っぺらはどれ位?

ありがとう、仲間たち!またどこかで会おうなっ。

こらこら、いくら精神年齢約14歳でも。そこそこなオトナ相手の作文で、中学生の卒業文集並みのポエムを書いたら、中抜きの刑なっ。

さすが副業チャンスを投げうって、240枚の240点答案に生涯を捧げた仲間の友情。こりゃドンビリレベルで他の追随を許さない。

そもそも240点ボーダーの1点を争う時点で、1,088名中のドンビリ1,088位狙いが確定っ。

そう。折角診断士登録の切符を得たのに、その立ち居振る舞いの薄っぺらさ故に1年経つとドンビリ扱い。そんな240点ふぞ先輩の二の舞を避けるべく、260点のまとめで「知識の幹」を鍛えます。

「1次」対策~テストに暗記法(1/4)【暗記⇔理解の違いを一刀両断】

1⃣知識の幹を鍛えて「再現性」

クッソ長い与件文から枝葉のキーワードをコレクションすることしか念頭にない、ふぞ先輩が苦手な「知識の幹」の話題から。

元記事:得点開示のこれまでとこれから(後)
但し人格者のきゃっしい氏は、喧嘩っ早い当サイトに引用されることに不満顔(汗)。

まぁ気にすんなや。ヒトの脳の記憶メカニズムは万人共通。突き詰めれば必ず同じになるから、独立した立場でイイ物をイイと言うのは自由だぜっ。

この後に紹介する「脳の働きのメカニズム」を知ると、記憶とは「覚えたり忘れたりを繰り返して」「長期記憶化する」ことがコツと分かる
この時、ふぞ先輩の様にキーワードなら何でも盛り込みゃ良いのでなく、「知識の幹」になる重要なトコから覚えます。

2⃣暗記⇔理解の違いを一刀両断

試験学習には得手不得手があり、暗記優先⇔理解優先はどちらもOK。

ただし「2次」確実合格を狙うなら、暗記から逃げない
それは暗記の苦手を克服すると、こんな強みが備わるから。
①地頭が良くなる
記憶とは脳のシナプス結合。理解でなくあえて暗記を鍛えると、この容量が増える=地頭が良くなります。
②頭の回転が速くなる
→暗記にするには繰り返し。すると素早くINPUTするために「速聴」を始める。これが80分で解けない文章量を解く「速読力」になります。
③知識を苦手にしなくなる
→「いざとなれば自分は暗記で勝負できる」。ここに自信を持つと、知識を増やすことへの抵抗感がなくなります。
残念ながら、当サイトは脳科学者ではなくって。。
よって結構テキトーなことを書いている気もしますが、経験則的にはこんなもの(汗)。①知識を理解することも必要だけど ②要所要所で暗記を鍛える工夫を怠らない。

一発合格まとめシートの例でわかる通り、この「暗記→知識の幹」がたまたま240点⇔確実260点の差になります。

3⃣テストに暗記法

2020年初挑戦のあなたも、再挑戦のオイラも。暗記から鍛え直すと、頭が良くなる。

うふふ、暗記が苦手だからって「1次」を皿回しなんて寝言を言うと。ムッとした試験委員=採点者のオトウサン達が、尻尾を振ってバツをつけにくるゾ☆

そこで古いリンクで恐縮ですが、初歩の暗記から最新の過去問INPUTまでを一気にどうぞ。

今日のまとめ

暗記を一言で言えば、覚えて→忘れるの繰り返し。

なのにボクは暗記!オイラは理解!と、すぐ自分の殻に閉じこもって傷を舐め合うのが240点のふぞ先輩
①暗記をすると「2次」で使う地頭が良くなる、②理解をすると「2次」で使う説明能力が高まる。そうと知り、両者を併用するのが260点まとめの勝ち方です。
【暗記に自信を持つ効果】
①地頭が良くなる
②頭の回転が速くなる
③知識を苦手にしなくなる

ほほう。いまさらアナログな「暗記」が、デジタル時代を駆け抜けるのにマストな「地頭」を鍛える。今日は朝からイイコト聞いたなっ。

そうだよ。それと今から10カ月、自分の言葉で説明する工夫を怠らなければ、ふぞ先輩のあの薄っぺらさは回避できる。「テストに暗記法」シリーズは、あと3回続きます。

ボタンを押して今日もイタダキ↓。
試験の進化は待ったなしです。

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村