1次Do:学習実行

【不得意対策】4択吟味○×△法

投稿日:2017年5月13日 更新日:

テストを通じ、頭を鍛える。

資格試験には、試験合格=対外的に能力を示す効果に加え、頭の回転を速くする=いわゆる地頭を良くする効果があります。

でもそれは知識を使う「2次」でなく、知識を覚える「1次」対策に特有だったり。ではその具体策と効果を見ていきます。

【不得意対策】4択吟味○×△法

受験校が教えてくれる、「1次」解答テクニック。実はこれには、地頭を良くする効果が。

「1次」ハイスコアを狙い、試験に出る所から覚える。この「4択吟味○×△法」のメリ・デメはこう。

メリット

  • ○適切を選ぶ⇔×不適切を選ぶを取り違えるミスがない。
  • 4択すべてに○×△をつけるため、見過ごし・見落としがない。
  • 「最後の2択」に絞り、「間違っている方を落とす」手順が明確に。
  • 復習しやすい。極端に言えば、答練中に復習完了もできる。
  • 具体的には、誤答選択肢の誤り・ひっかけが重要。ここを知識INPUT。

デメリット

  • 60分のテスト中、全問全選択肢に○×△をつける余裕はあまりない。

今日のまとめ

テストの点を取るために、問題集を回転させて知識を増やす。ところが単にウンウン唸って知識を増やすより、脳の動きに沿った効率的なやり方を使うと、処理速度が上がります。

この知識がスルスル出てくる状態が「地頭」。知識を増やす過程の「1次」対策で、ぜひご実感ください。

ボタンを押して今日もイタダキ↓。
試験の進化は待ったなしです。

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

-1次Do:学習実行

Copyright© 200%抜け駆けスタイル 診断士試験 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.