1次Do:学習実行

【不得意科目削減】早送り暗記法 (過去問2日目)

問題集の「答え」を

覚えちゃいました・・

それは素晴らしい。では、問題集の答えを覚えてからが勝負。

  • 不正解時は、正解に一度×をつけたので、心理的な壁がある。
  • 正解するとその壁がなく、正解知識を受け入れやすい。
  • 同時に不正解選択肢にどこか優越感。ここも知識を受け入れやすい。
  • すると1問で、4~5つの知識が手に入る。

つまり診断士位の難度の試験になると、過去問とは、

  • △当たり外れに一喜一憂、力試し、OUTPUTツールでなく、
  • ○知識を教わるINPUTツールとして使う。

おやおや、周囲はまだそこに気づくまい。 そう心理的優位に立ったら、過去問タテ解き2日目にトライ。

不得意科目削減 ~過去問早送り<2日目>

初学スト生最大の弱みは、時間がないこと。そして最大の強みは、時間のなさを逆手にスピード感を磨くこと。そこで4月に過去問をタテ解きするなら、

  • まず得意論点に着手し、記憶を蘇生する。
  • 不得意論点をやる時は、一定時間を確保してやりこむ。

そこで今日も、「得意にしやすい論点」「苦手になりやすい論点」を1つずつ紹介。

1⃣情報

「情報」は「40点取ればいいや」=モラルハザード作戦を選べる。つまり40点足切り続出はさせない出題側の足元を見透かすと、§1基本知識に注力し、得点効率の悪い#6ガイドライン以降は切り捨てOK。

それで40点は必ず取れるし、念のため過去問の答えは覚え、最後はエンピツ転がしで60点狙い。逆に実務に詳しい方なら、2017年は80点取れるかも。こんな事態になったのは出題側の責任。

得意 #2データベース

http://fuxin24.net/2017/02/28/post-1160/

苦手 #6ガイドライン・統計解析

http://fuxin24.net/2017/03/08/post-1182/

その他のタテ解きはこちら

2⃣法務

「法務」にアウェー感を持つ方は多い。逆にホーム化すると、「周囲の苦手が自分は得意」、頭一つ抜けるアドバンテージになる。§2会社法、§6知的財産の暗記を固め次第、§1民法の解き方、発想にどこまで馴染むかの勝負。

得意 #5産業財産権

4/11(火)掲載予定

苦手 #1民法

http://fuxin24.net/2017/03/27/post-2086/

その他のタテ解きはこちら

今日のまとめ

暗記科目と言われるとつい、暗記→知識バッチリ→過去問でOUTPUT!とばかり過去問を先送りしがち。だがそうでなく。過去問を先に解き、試験に出る所から覚える。そして「法務」過去問は、こう語りかけてくる。

同じ論点を問うけど、同じ問題は出さないよ。
最近は、出す論点自体もローテーションするからね。

するとやはり当試験、過去問の答えを覚えてからが勝負。ではまとめ。

・過去問は答えを覚えてからが勝負。ここを実感するのがスト合格者。
・昨年「情報」「法務」は同時に難化。だが「情報」に苦情が集中。
・「情報」ガイドライン~は実務家でも当てにくく、モラルハザード。
・「法務」の得手不得手は、「2次」の国語力に直結。こちらは注力。

わかりやすさがマスト、具体的ならベスト
ワンクリックで国語力UPの実感を↓

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

サイト内検索

カテゴリー

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

-1次Do:学習実行

© 2020 200%抜け駆けスタイル 診断士試験 Powered by AFFINGER5