【抜け駆け合格】一発合格まとめシート紙上レビュー(第1章)

2018年6月29日

ノウハウの森へようこそ?

一度迷い込むと奥が深い。そして脱出機会は年1回、確率20%のくじ引きonly。口コミがそう広まると、「2次」対策は主に以下の3タイプに。

一発勝ち逃げ派 解答ノウハウ派 合格セオリー派
※抜け駆け合格
デスバレー
ノウハウの森
ダーウィンの海
解説:「2次」対策の3タイプ
一発勝ち逃げ派 (デスバレー)
→ノウハウの森に迷い込むと奥が深いな。「スタートラインの違い」を活かし、資金(知識)を使い果たす前に駆け抜ける。
解答ノウハウ派 (ノウハウの森)
→「2次」合格に必要なのは、80分間で事例を処理する国語力。足りない点はノウハウで補う。
合格セオリー派 ※ダブルストレート
→いやいや、似たような答案の海の中から選んでもらう。それには知識を正しく使ってこそ。

もちろん目標タイプはどれでもOK。勝ち方には違いがあると知っておけばいいんです。

Q:なぜノウハウの森がみんな大好き?

A:自分がやった事実を書けば良い。つまりブログで一番自慢しやすい。

ところが「2次」は受験技術の発展を上回り、合格ラインが逃げ水の様に遠ざかる試験です。そこでふとこう気づく。

過去問の尻を追いかけるより、ミライに先回りして待ち受ける。
言語力と理数力
現場対応力

不合格リスクのヘッジ

でも、「理数力」「現場対応力」の磨き方なんて、そう簡単に文章化できるものでもなく。そこで近づき方を少し変えます。

ノウハウの森を切り開く、知識の斧があれば良い。

つまりね。

△「2次」知識の出題パターンを全て押さえると、無限大。
○磨いた「1次」知識をそのまま「2次」に使ってスト合格。

ふぅん、それってどうやるの?良く知られるのが「全知識」法。また新しいテキストを1冊ご紹介します。

全知識法 (新)一発合格まとめシート
「2次」必携とされる知識テキスト。
当書の掲載知識の範囲内で書けば安全答案。
EBAスクール公式の「1次」テキスト
実は「2次」にそのまま使える。

紙上レビュー~一発合格まとめシートとは?

さて当サイト、3度のメシよりタダが好き。この記事を書こうと思ったのは「サンプル一冊を無料でいただいた」からですが、読後感はズバリ、これは「2次」に使える。

書店に並ばず通販onlyの本なので、紙上でレビューしちゃいます。

1⃣第1章:中小企業診断士試験とは~もくじ

1.~3.は流し読み。通学クラスで説明される4.~5.に注目。

  1. はじめに
  2. 中小企業診断士とは
  3. 中小企業診断士試験の概要
  4. 合格のポイント
    1. 勉強時間の目安
      →目安の1,000時間を確保できるかが最初のカギ
    2. 科目別の特徴と対策
      →暗記⇔理論の違いを踏まえ、7科目計でカバーする
    3. アウトプット重視の学習
      →不合格の最大理由は、アウトプット量の不足
  5. 本書の効果的な使い方
    1. まずは全体像を俯瞰する
      →詳細より大枠を先に知る。好きな所から始めてもOK。
    2. 隙間時間の知識定着に
      →暗記に使える「まとめシート」のカラー版PDFをDL可。
    3. 二次を意識した学習にも
      →「2次」論点は、自分の言葉で説明できるレベルに。

2⃣当書の特徴:まとめシートが、3科目で68枚

68枚は「1次」突破にマストの知識。うち30枚が「2次」兼用

まとめシートが68枚、テキストは計314ページ。

受験者の立場では「うげっ」となるけど、現役診断士=試験合格済ならそうでもないんです。

「2次」で使う理解論点は絞られ、
「1次」専用論点は暗記で良いから。

はい、ドン。

68シート中、「にじマーク」が30、それ以外が38。

「にじマーク」とは、「2次」に使う論点だから理解。残りは「1次」専用だから原則暗記でOK。当書がそう示す目印です。

3⃣当書の特徴:口語体のテキスト

口語体のテキスト=つまり講義のノートです。

当テキストは、通常のテキスト「である調、文語体」と異なり、「ですます調、口語体」で書かれます。

この方が親しみやすく感じる方もいる。
要するに講義サブノートに加筆したもの。
ただし、相手にわかりやすく、冗長にならず。

つまり簡潔で分かりやすい文章を書くことは、ブログでよくある体言止め(汗)、上から目線の文語調より筆力を要します。このメリットに加えてさらに、

サブノート作りの参考
→「2次」で自分の思考を相手に伝える練習に。
サブノート作りの上限
→当テキストの筆者で「1次」545点。つまり、もし自分が作るサブノートがこのテキストの範囲を超えていたら「やりすぎ」。

おやおや、メリットはまだ他にもありそう。

今日のまとめ

まとめシートのメリット=合格所要年数短縮効果

今年が初版の 一発合格まとめシート。今はまだ「ストレート合格した秘密のまとめ」だから、多少の誤字や誤り位はご愛敬。

  • 分厚いスピテキを読み込むのは少々苦手。
  • でも3年より2年、2年より1年で試験に合格したい。
  • 1人1冊は不要でも、学習グループに1冊あって良い。

ではなぜ合格所要年数短縮効果? それはね、「1次」知識を視覚的にイメージすると、そのまま「2次」で使える。つまりノウハウの森で迷う懸念が減るからです。

では明日から3日間、科目別に細かく立ち読みします。

ポチっと押して「アイデアいただき」。
スッと爽やかにページが閉じます↓

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村