CVP分析×方程式【Ⅳ第2問対策】

計算練習はなぜ効果的?

どのテキストにもある企業価値(=FCF÷WACC)をH30「Ⅳ」で出すと、完答者が限りなくゼロになり、出題側はニヤリとしたり、がっかりしたり。

あの問題の狙いは、①試験対策が過去問回転に偏重し過ぎて、②近年「1次」未出題のFCF÷WACCを「全員が」ノーマークだったこと。

であれば、人並み合格点のためならやはり計算パターン別に過去問を回せばokとニヤリ。H30「Ⅳ」でガッツリ10点差がついたCVPななら、この計算パターン↓でイタダキです。

損益分岐点の「公式」〃の「方程式」

画像:堀田経営コンサルティング事務所

画像:簿記検定ナビ

直観的にすぐ解けるどのパターンでも解ける
変動費率が変化するとOUT
(=販売単価が変わるケース)
直観的にわかりにくい
検算が必須

CVP分析×方程式【Ⅳ第2問対策】

CVP分析

H27第10問(設問1) 損益分岐点の公式 Bランク

まず超基本の公式パターンを。

前期と今期の損益計算書は次のように要約される。下記の設問に答えよ。
(設問1)
今期の損益分岐点売上高として最も適切なものはどれか。
×ア 12,000 千円
×イ 16,400 千円
×ウ 18,000 千円
○エ 20,000 千円

当問は超基本パターン。①固定費9,000に注目し、②次に限界利益率を分数で出す(1-15,400/28,000)。後は公式を使って、電卓か手計算の約分テクで○エ20,000一択に。

この問題で方程式なら0.45S=9,000ですが、同じ計算で一手間多いので、当問なら公式利用が便利です。

H28第8問(設問2) 計算パターンの使い分け Bランク

①公式利用 ②方程式(売上高をS) ③方程式(売上個数をX)の3通りで解いてみる。

次の資料に基づいて、下記の設問に答えよ。
(設問2)
第2期の損益分岐点比率として最も適切なものはどれか。
×ア 17.5 %
×イ 45.0 %
×ウ 55.0 %
○エ 82.5 %

簿記原価計算のヘンな表がついていますが、(設問2)では無視して「第2期売上=100個」だけ使います。

①SBEP公式で解くと、(1)売上高=100個×@1,000=100,000円。(2)SBEP=33,000÷0.4=82,500円なので、○82.5%はすぐ出ます。②売上高S ③売上個数Xの方程式でも解けるので、①~③どれが得意か決めるのにピタリの良問です。

H30第11問 感度分析(目標利益、販売単価) (1)Aランク (2)Bランク

感度分析:CVPで目標利益が増えたり、販売単価を変えるとどうなる?

当社の当期の損益計算書は、以下のとおりであった。下記の設問に答えよ。
(設問 1 )
当社では、次期の目標営業利益を 55,000 千円に設定した。他の条件を一定とすると、目標営業利益を達成するために必要な売上高として、最も適切なものはどれか。
×ア 255,000 千円
○イ 265,000 千円
×ウ 280,000 千円
×エ 330,000 千円

目標利益や営業外費用は”固定費の調整項目”に。

これは簡単Aランク。そこで①公式 ②方程式のどちらが使いやすいかを検証します。 左側の公式は電卓を使わないと約分が大変。筆算なら右の方程式(S)が良さそう。

SBEP公式方程式(売上S)
①159×②240/144②0.6S=①159

(共通)固定費104+目標営業利益55=159・・①
(貢献利益率)144÷240 (または@120/@200)・・②

(設問2)は公式も方程式も要らない掛け算と引き算です。さっさと当てる。

(設問 2 )
次期の利益計画において、固定費を 2,000 千円削減するとともに、販売価格を190 円に引き下げる案が検討されている。また、この案が実施されると、販売数量は 1,400 千個に増加することが予想される。次期の予想営業利益として、最も適切なものはどれか。なお、他の条件は一定であるものとする。
○ア 52,000 千円
×イ 57,600 千円
×ウ 68,000 千円
×エ 72,800 千円
H26第7問 感度分析(目標利益、その他) Bランク

設問文が難しくても、数字が簡単なので必ず当たるBランク。

以下に示す今年度の実績資料に基づいて、目標営業利益 600,000 円を達成するときの総資本営業利益率を計算した場合、最も適切なものを下記の解答群から選べ。なお、総資本は売上高増加額の 10 %分の増加が見込まれる。
【資料】
売上高 5,000,000 円
営業費用の内訳
変動費 2,500,000 円
固定費 2,400,000 円
営業利益 100,000 円
総資本 2,400,000 円
×ア 10.0 %
×イ 12.0 %
○ウ 24.0 %
×エ 25.0 %

売上増で「総資本額」が増えますが、だからどうなの?って感じですぐ当たるサービス問題です。

ところがこの「感度分析」の度が過ぎると、H30「Ⅳ」の様に変動費率を変え、ひどいケースは販売単価まで変える。出題側のやりたい放題で、とてもSBEP公式の一つ覚えでは解けなくなります

参考:「事例Ⅳ」は国語のテスト

H26第12問 特別注文 Cランク

簿記をしっかり勉強した方へのサービス問題。計算メモを作る勝負なので、不得意な方は後回しに。

※当問は「方程式」でなく「ボックス」で解きます。
X 製品の需要が高まっているため、遊休機械設備を利用して月間 1,200 個増産することを検討中である。以下の資料に基づいて、増産によって得られる追加的な利益として、最も適切なものを下記の解答群から選べ。
【資料 】
・遊休機械設備に関するデータ
月間減価償却費は 500,000 円であり、増産した場合には月間メンテナンス費用が追加的に 120,000 円かかる。
・X 製品に関するデータ
X 製品の販売価格は 2,000 円であり、単位当たり変動費は 1,500 円である。また、減価償却費以外の固定費が月間 250,000 円発生すると予測されるが、このうち 60 % は増産による追加的なコストである。
×ア ―170,000 円
○イ 330,000 円
×ウ 450,000 円
×エ 480,000 円

CVP分析で使う「限界利益(直接原価計算)」の応用で解くのが業務的意思決定会計。つまり診断士を目指すお兄さん達に人気のイケカコの世界です。ヘンテコリンな【資料】を読んでわかりやすい計算メモを作る論点と思えば、外しません。

今日のまとめ

計算練習はなぜ効果的?
「財務」「Ⅳ」の計算パターンは大きく5つしかないから。

電卓が使える「Ⅳ」のCVPならまず①公式で、NGな時は②方程式に。筆算の1次財務では、③約分テクニックで計算を簡単に。

例えばCVP問題を「今日は公式」「明日は方程式」と、行き当たりばったりに解く人はいません。そして「Ⅳ」出題者が計算条件の国語を増やしたり省略したり、あの手この手で難しく見せても、自分の計算パターンに持ち込めば勝ち。

診断士の「財務」勉強が間違ってるのは。とにかく問題集の回転に夢中で、一方通行なヨコ解きしかしないトコ。計算パターン別の「タテ」を入れれば、「Ⅳ」計算問題なんて楽勝に。次回【第3問NPV対策】ではタイムテーブルを使います。

ボタンを押して今日もイタダキ↓。
試験の進化は待ったなしです。

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村