J事例Ⅲ

【診断士体】 読点や箇条書きを駆使し、100~150字の長文を1センテンスで滑らかに書くこ ...