「 月別アーカイブ:2019年04月 」 一覧

2次連携(協力)

【EBAステマ】GW後半にできる「2次」対策~2次オプションWeb講座4コマ20,000円

2019/04/30   -2次連携(協力)

当サイトのそんな問い合わせに、GWに入ってやっとこんなお返事が。 おやおや、GW後半といえば普段の勉強に飽きたり、模試を初体験したりと、「2次」に少し欲が出るころ。狙い済ましたタイミングなのかも知れま ...

2次判断(競合)

【きゃっしい特別編】想定した根拠がない時/想定外の強い根拠があった時

2019/04/30   -2次判断(競合)

「2次」はトンビに油揚げ。ところが「知識を浮かべて与件読み」が万能とは限らない。 そこで今日は押しの強いHAKS氏一辺倒でなく、文章のわかりやすさで知られるきゃっしい様に、またまた無理を言って「知識を ...

I事例Ⅱ

【HAKS流】 2次ノート「Ⅱ」~切り口パターン

2019/04/29   -I事例Ⅱ

HAKS流 2次ノート「Ⅱ」~切り口パターン みなさん、模試や答練の復習はできているだろうか?どんな「クソ」な事例であっても、事例Ⅱと事例Ⅲは使う知識やシチュエーションに限りがあり、ちゃんとそれを拾っ ...

no image

I事例Ⅱ

【HAKS流】 2次ノート「Ⅱ」~全体把握&設問分析

2019/04/28   -I事例Ⅱ

さてさて、HAKSのノート公開もできるだけスピードアップで、9月中には終了して皆様を安心して試験会場へ送り出すべくスピードを上げていきます。 基本的に読むための構成は事例Ⅰでの解説通り 「全体戦略」→ ...

H事例Ⅰ

【HAKS流】狙い撃たれる解答スタイル(事例Ⅰ)

2019/04/27   -H事例Ⅰ

古典系なスクール・サークルが聞くと顔を真っ赤に怒り出しそうなことを書くと、 ①ふぞ ②MMC ③まとめシートといった答案の書き方の流派は、10月直前に変えてもOKです。その理由は、 そこで 、最後に変 ...

I事例Ⅱ

【HAKS流】 2次ノート「Ⅱ」~大枠把握

2019/04/27   -I事例Ⅱ

HAKS流 2次ノート「Ⅱ」~大枠把握 さて、事例Ⅱの深堀はまだまだ続きます。先日の大胆予想でも指摘した通り、古典頭のポンコツ診断士に乗るのか?そるのか?それ次第であなたの人生が変わると言っても過言で ...

H事例Ⅰ

【HAKS流】 2次ノート「Ⅰ」~大枠把握&切り口

2019/04/26   -H事例Ⅰ

①設問分析の「お約束」を守って、②解答フレームを作りあげて事前に準備することで、③次からの大枠把握=与件本文の読み方のクオリティーが変わる。 受験側の「国語読み」ノウハウを逆手に取り、トラップを仕掛け ...

no image

独学・通信用

【診断士になるまで物語・終】診断士デビューの初仕事

2019/04/25   -独学・通信用

滑って転んでたまたま合格? いえいえ、隠れた努力で花が咲く? 井村様に寄稿いただいた全10回の物語でイメージを掴んだら、後は実行あるのみです。では最終回は、診断士デビュー第一歩のストーリーをよろしくお ...

体験記

【2次座談会】これまでの過去問より、ミライのこれから

2019/04/24   -体験記

フルカバレッジより、少し身軽なセミフルカバレッジ。 つまり、従来型の合格スタイルを狙い撃って8割落とすなら、そこと一歩距離を置く「差別化」が有効に。そこで「2次」の学習時間は増やさず、計画的に減らして ...

体験記

【短期合格座談会】最速合格の狙いと実際

2019/04/23   -体験記

試験が進化したら、合格スタイルが多様化へ。つまりフルカバレッジで学習時間↑が有利とされた試験でも、学習時間をわざと抑えてスピード勝負を挑むチャレンジャーが台頭してきた(=セミフルカバレッジ)。 ネット ...

H事例Ⅰ

【HAKS流】 2次ノート「Ⅰ」~設問分析(後)

2019/04/22   -H事例Ⅰ

よく「こんなこまごまと書いて、大丈夫なのか?」と聞かれることがあるのですが、正直全く問題ないですね。巷の教科書に比べてたかだか「3~4ページ」の内容を覚えるだけ、しかも何かを一生懸命暗記するというより ...

H事例Ⅰ

【HAKS流】 2次ノート「Ⅰ」~設問分析(前)

2019/04/21   -H事例Ⅰ

先日までの投稿では「時間軸を戻して」、国語力や1次知識にフォーカスを当てた記事を紹介しましたが、こちらの読者のみなさまは「そんな事はいいからお前の実戦での戦術を教えろ!」とお叱りを受けそうなので、ここ ...

Copyright© 200%抜け駆けスタイル 診断士試験 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.