2次連携(協力)

【時間のムダ】ふぞに入るのはやめとけ

合格同期のサークルはどこが良い?

【パラレルワーク(副業)の時代がやってきた】
最初に合格同期サークルのおススメランクを
1位(社会人):タキプロ
→自立したオトナ同士のソーシャル活動
2位(大学院生):一発道場
→高得点答案を研究するゼミ活動
ドンビリ(中学生):ふぞ
→先輩後輩関係重視の中学生レベル部活動
古い組織のタテを蹴飛ばし、受験/合格同期のヨコでつながれ
①パラレルワークの旗振り役は経産省+厚労省で、 ②診断士のスキルセットはパラワークにうってつけ(経産省) ③就業規則は副業容認へ(厚労省)。

そこそこな企業に勤める方なら、誰かがどこかで糸を引き、世の中一斉にパラワークにまっしぐらなのは知っての通りです。

診断士はこれまでもパラレルキャリアのフロンティア。

これからの診断士は、パラワークで稼ぐフロントランナー。

これは「受験生支援」と称した合格自慢で、貴重な時間をムダにする場合じゃねぇな。

そう、合格者様がちやほやされる旬は新米の1年間限り。その前半(2~6月)を実務補習と同友館AIにキーワードを捧げる作業に費やすふぞ先輩は、チャンスロスして出涸らし状態のおいてけぼりに。

ネルフ(同友館)に搾取される出涸らし人生が嫌なら、ふぞに入るのはやめとけ。今日はパラレルワーク時代の変化を捉え、ふぞ先輩の中抜きを確定します。

ふぞに入るのはやめとけ【時間のムダ】

理由1⃣ 現状維持の茹で蛙

ねえ、なぜふぞ先輩ブログは、最後まで合格自慢を諦めないの?

決まってるじゃん。彼らに許されるのは、240枚の240点答案の分析ノルマをバトンと称して2月に後輩に渡すまで。それ以外の余計なコトやらかすのは一切禁止っ。

ふぞ先輩の組織風土:新たな変化や挑戦を好まない
そこそこな美男美女を揃え、6月の新刊発売やセミナーの時は目がキラキラしていたふぞ先輩。
ところが隣のブログに落とし穴を掘られ、あの心地よかったぬるま湯は一転沸騰しかけでアッチッチ。
【今日も都市伝説】
1.5倍に盛られた再現答案バトンの仕組み
ネルフ(同友館)が与えるミッション
→240点を争うボリュームゾーン向けのキーワード集の発刊。
そのために人気キーワードを1.5倍に盛り込んだ願望答案を240枚回収し、翌年の後輩にバトンと称して押し付けろ。
【もっと都市伝説】
ネルフが貸与するサーチエンジンはアダルトフィルター付き
①崇拝するAI様が理解できない「キレイな日本語」答案=260点以上は対象外
②合格率2割でも誰かが受かれば自称多数派=数えられる確率は20~199%の範囲まで。

そこで再現性の高い当日再現答案なんて目の仇。確率5割の確実合格なんて許せないから、口述+実務補習ネタの合格自慢アタックで足を引っ張れ。

違うよ。パラワーク時代の読み手が知りたいのは△実務補習の内容ではなく、〇指導員に紹介されて入った協会活動で1年どれだけ稼げたか。

読み手のニーズとズレたブログをあと1ヵ月ちょい当番制のノルマで書き綴れ。なかなかいい感じの罰ゲームだなや。

理由2⃣ 余計なトコで悪目立ち

ふぞろいと言えば、6,300人にマストの入門書
折角の良書なのに、評価は信者⇔アンチで半々

ふぞろいは本の出版でやめときゃいい。なのに所構わず布教をするから嫌われる
①診断実務や研究会でも話題にするのは試験ネタ
②自己紹介は、ふぞろいXXの〇〇です
③なぜか、選ばれたチルドレン感が満開
④さらに隣のブログに乗り込み布教活動
⑤ところが自分の頭で考えないから、発言内容が薄っぺら

歴史を振り返ると、得点開示前のふぞは当ギョーカイのリーダーだった。ところが①得点開示とともにキーワード統計に夢中になり ②それを嫌って採点基準が進化したことに目を背け ③今やネルフに目を付けられる14歳の中学生扱い。

うはっ、この先ふぞ先輩に出遭ったら、試験ネタをまず禁止。高校~大学時代にどれだけ「自主的に」行動したかを訊け。

即答できなきゃ、自主性が弱い=受け身=先輩後輩関係でしか動けない14歳の中学生認定で確定です。

理由3⃣ あっさり代替可能性

当サイトが書くのは、悪口でなく辛口
でも辛口が許容されるのは、ふぞろい=6,300人にマストの入門書なるプラスの口コミと釣り合う範囲まで。

辛口を書く以上、ふぞの役目をどこまで代替できるか、示してみやがれっ。

ふぞろいの強み 代替可能性
①キーワードの統計△数の強みで勝てるのはEBA位
②伝わりやすいコンパクト表現〇ベスト答案の詰め込み感がNG
③10年データブックによる自己採点〇試験の変化を後追いするだけ
④会話形式で親しみやすい 〇何年分も読み重ねるとウザい

つまり、①数の勝負なキーワード統計を除くと、②~④はどこかに穴がある。だからそこを突けばあっさり代替できる。

ストーリー仕立ての会話形式は、話の流れがわかりやすいねっ。

そう。誰が何を言うか予想しやすく、読みやすい。

今は1.5倍の似顔絵でなくフラットデザインが人気。でも流行りはすぐ変わるから、俺たちの出番もいつまであるかドキドキだ。

今日のまとめ

ふぞろいは先輩後輩関係を重視する、実質14歳の中学生部活動
自分の自主性が弱いと認めれば、こんなにイケてるサークルは他にない。
①現状維持の茹で蛙。変化をみたら酸っぱい葡萄
②余計なトコで悪目立ちでも、ネルフに守られる
③あっさり代替されても、1.5倍の似顔絵は一生モノ

そして、合格スタイルは1,091通り全てがマイベストだから価値がある。だから自分の進路やキャリアを隣のブログにあれこれ言われる義理はない。

でもふぞのビジネスモデルとは、パラワークの時代が来る前の、ヒヨコの安価な労働力の使い捨て。そこに気づくセンスがあれば、ふぞに入るのはやめておけ。

わかりやすさがマスト、具体的ならベスト
ワンクリックで国語力UPの実感を↓

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

サイト内検索

カテゴリー

2020年11月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

-2次連携(協力)

PAGE TOP

© 2020 200%抜け駆けスタイル 診断士試験 Powered by AFFINGER5