ふぞ12の赤マル急上昇。そして同友館のここがバツ

社会的抹殺ギリギリの、あのグレーな座談会は誰のため?
「1次」は知識で「2次」は国語。別々にやるより同時並行で「語彙」を磨く方が試験をパスしやすいのは常識に。初学者有利になりすぎたこの試験で、受験経験者の方に250、260点超えの確実合格をしていただくため。

ふん、1人じゃなく徒党を組まないとブログで意見の一つも書けないの? うんにゃ違うよ。906分の1では誰も相手にしないけど、906分の3なら客観性や代表性が高まります。

相手の理解を得るために、わかりやすい言い回しを選ぶからだねっ。

あの程度の噂は、スクールや市中の勉強会に行けば「口頭でいくらでも」教えてもらえる。ところがそれを文章化すると、誰でもいつでも採用できるので、試験の進化が雪だるま式に加速する。そうやっていつまでもサイコロコロコロ20%でなく、確実ハイスコア合格で大いに自信をつける試験に変えちゃえ。今日も社会的抹殺ギリギリな、グレーゾーンの続きをどうぞ。

※※以下本題※※

ふぞ12とTBC速習2次テキストを大人買い。

画像をアップロード

ふぞろい12

前年合格答案の平均的な内容・準備・当日対応を詳しく。つまり240点ボーダーをまずクリアするため、5,000人が最初に読みたいマストの参考書です。

画像をアップロード

TBC速習2次テキスト

コンテンツも工夫も良いのに、ネットでの支持は低め。でもふぞろいと真逆の値動きをするため、ぜひ組み合わせたいベストの知識書です。

  • 前年のハイスコアで自信をつけた最新診断士が、その答案・書き方・心づもりをネットで積極開示するから、試験の競争は年々激化に。
  • つまり 「2次」筆記の世界は参入障壁ゼロ、かつ多数乱戦ノーガードの殴り合いに。
  • そして今年どんな答案を合格させるかは、5,000枚の答案回収を終えてから出題側が専権事項として決める。だから今この時点では誰も知らない。

ふはっ。メンド臭い試験に片足突っ込んでしまったぜっ。

はい、メンド臭い「2次」の世界にようこそ。そしてこのゲームの3択とは、①2割で勝ち抜け ②2割でリタイア ③残り6割は来年またいらっしゃい。

そこで、俺は今年の①になる。そんな欲張りさん向けに、「2次」対策ネタをかるーく行きましょう。

ふぞ12の赤マル急上昇。そして同友館のここがバツ【グレわだ】

1⃣ふぞ12がバツから赤マル急上昇

(書評)ふぞ12は5,000人が安心して読めるマストの良書。尖りがない分「詰まらない」と感じる方は要注意。

参入障壁がゼロで、サイコロコロコロ20%な「2次」筆記対策では、周囲の平均的な受験者が書く答案・書き方・当日対応をまず知らないと。TBCテキストとセットで買い求めた当サイトには、こんな違いが目にとまりました。

①合格自慢がなくなった
ふぞといえば、苦節幾年、七難八苦の学習努力を「80分間のドキュメント」と称して自慢たらたら。今年はどう狙い撃とうと毎年の新作を楽しみにする試験委員も多そうですが、今年はその合格自慢がなくなり、ざんねん。
②自称採点基準のゴリ押しがなくなった
“ふぞろい流の「採点基準」は本試験の採点基準とは異なります p.16 ( ・`ω・´)キリッ” おい、摩訶不思議な相関係数を持ち出してアピっていたのはつい3年前だぜっ。いいんです、3年経てば本試験の採点基準は変わるのだから。
③似顔絵の1.5倍盛りがなくなった
P.280では、メンバーの現物顔出しと恒例の似顔絵が一覧に。ほらやっぱり。現物の方が200%格好いいぜっ。

ふぞろいから合格自慢を取ったらおそろいに。しかしこの「おそろい感」を詰まらない、尖りがないと感じ出すと、多年度ループにまっしぐら。今年のふぞ12は5,000人が安心してマストで使える。詳しい書評は明日に続きます。

2⃣そして同友館のここがバツ

ふぞ12で合格実力に達した次に、問題集やテキストを①同じ出版社で揃えるか ②別銘柄を組み合わせるか。そりゃ全知識+全ノウハウで全知全ノウ。そう思い込んでしまったあなたのために、「ここだけは気を付けておいで」。試験委員の立場で妄想しました。

①秘伝のタレ編集 ~「2019年度版」でも、全面改訂している訳じゃない
気軽に書いて気軽に直せるネット勢と違い、紙の出版物はコストがかかり、年5,000部の市場規模ではそう採算はとれません。すると昨年のセンパイが書いたことは直さずそのまま。TACスピテキに輪をかけた、つぎはぎ出版物の出来上がり。
②「Ⅳ」のルールに、身勝手なノウハウは持ち込み禁止
会計ルールが主体の「事例Ⅳ」にノウハウっ? あのノウハウ問題集に驚愕した試験委員が誓うのは、「あの本に書かれた解き方は絶対出さないぜっ」。出題側に狙い撃たれる格好の材料に(苦笑)。
ふむふむ・・あのクソH25第2問(営業CF+資金繰り)が「意思決定会計」の問題だって?? 違うよ、簿記1級は資金繰りを扱いません

資金繰り=ファイナンス≠会計。中学生だってわかる式だぜっ。

③全ノウハウ
ハイスコア合格者の答案の作り方がネットに溢れる時代に、240点付近をエレベーターの様に上下するノウハウっ?
書いても読んでも構いませんが、50~80%の確実合格を目指す「自分流」の時代では、スコアを左右しない無関連原価です。

グレわだまとめ

ねぇ、同友館になぜそんなに厳しいの? 悪いもの食べてお腹でも壊したの。

いえいえ、同友館書籍のイイトコは、合格できる方法論をこれでもかと安価で大量に教えてくれるコト。特に合格自慢のなくなったふぞ12は、誰もが安心して推奨でき、5,000人が安心して読めるマストの良書です。

ついでにふぞ→全知識→全ノウと、書棚を同友館一色に染めれば、少なくとも確率20%なら合格できます。

でもそれでホントにいいのかな?

「アタシの言う通りにすりゃ、アンタも絶対合格よー」。口当たりのいい合格情報ばかりネットに溢れる当試験では、値動きの違う株を組み入れて不合格リスクを下げる。それがマストと言われる時代まで、あともう一息です。

ボタンを押して今日もイタダキ↓。
試験の進化は待ったなしです。

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村