2次連携(協力)

【HAKS流】二次試験、もっとぶっちゃけトーク①≪予備校教科書編≫

投稿日:2019年2月10日 更新日:

2次試験、もっとぶっちゃけよーぜ!

直前期、今なら間に合う2次試験受験予備校と勉強法の本音!

なぜこんな時に「不安を煽るようなことを?」いえいえ、違います!7月の今ならまだ残り2ヶ月強!間違った勉強法やいわゆるボツ教材から解放されて、ただしき道にあなたを誘う事が出来るのです。

改めまして、はじめまして!「200%抜け駆け合格」の場を借りて、本音の2次試験を語らせろ!と無理を言ってふうじんさんに「場所」を借りましたHAKSと申します。

ここからの記載は数多の予備校の二次演習問題を解いて、採点担当講師との熱いバトルを繰り広げ、金をドブに捨てたり、思わぬ金鉱脈に当たった“予備校ソムリエ”こと2年目合格兼業診断士HAKSの独断と偏見による体験の一部をご紹介。いちおう、2年目のすご味を利かせて「必然で叩きだした」260点台の大台はたゆまぬ研究と分析の成果であります。簡単な自己紹介はこちらの記事をご覧ください。

※あくまで一個人としての意見です。

【HAKS流】二次試験、もっとぶっちゃけトーク①≪予備校教科書編≫

「月に◯◯時間勉強すれば受かる」「私の言う通りにすれば受かるのよー!」なーんて診断士の風上にも置けない“分析力0”の提言をする今年のアマちゃんストレート合格生や年季だけが命のおじさまに一石を投じたい!(みんなで「それでも診断士ですか?センセ?」と言ってやりましょう。)

何回かに分けてお送りするこのシリーズは7月いっぱいで終了予定ですが、その最初は【予備校教材編】です。※著作権の問題もあるので内容をお見せできないのが残念ですが、できるだけ内容が伝わりやすく解説したいです。

1⃣TAC

ガサが多けりゃデファクトスタンダード!俺さまの「解答美学に文句があるのか??」

すでに座談会での内容の通り、講座の内容はMMCを筆頭にして大手のTACが2番手集団という情けない結果なんですが、、、、その「TAC」から。

画像:TAC

2次講座についてくる2次対策テキストです。とにかく、表現がまどろっこしい「つまり何なんだ?」が大事だと自分で説教をたれながら、「お前が何なんだ?」という位に表現が回りくどい・・・。

おそらく診断士の「大家」がいらっしゃって「わしのコンサルスタイルはこれだ!」というエゴを露骨に出してくる「悪教材」です。過去問の一文を事例に知識や考え方を出していくスタイルなのですが、次のようなところに違和感を覚えます。

  1. 出題分野や必要な知識ごとに整理されておらず、事例の一文を抜いていきなり解説にはいるため、何か「忘れている感」が否めない。いわゆるMECEの原則ができていない
  2. 受講生が一番知りたいであろう、解答までの一連の工程や作文能力を鍛えるための方法が全くなく、いきなり哲学的な解説と模範解答を唱え始めるため、全く顧客ニーズを満たしていない自己満足解説である
  3. とにかく書いている人の頭の中が知りたいという位に図解や概念図が少なく、馬鹿なHAKSには全く入ってこない、本当に何なんだ!

でもね、、、散々こき下ろしたものの、TAC教材の良い所は多くの受験生が使っている所。本試験会場でこの教科書を持っている人がいれば「お前もそうか~」という理由のない安心感が漂ってくるので、精神安定剤としての効果は一定程度ありますよ。

2⃣LEC

大手予備校の中でのバランス優等生!少人数で作っているからこその強みを発揮

写真はHAKSの個人所有物

HAKS自身、実はLECの教材は割と好きです!1次の教科書類は逆に嫌いだったので、正直言って直前講座を取るまではあんまり期待していなかったのですが、、、、。

意外や意外!一緒についてくる「思考力コンプリート講座」と「読解力・記述力コンプリート講座」の出来栄えが秀逸。おそらく受験生時代にアンチTACだった診断士がTACの逆を行く教材づくりをしたんではないでしょうか?良い所は

  1. 思考力は簡単な絵やフレームワークの模式図があって論理の組み立てのパターンが見えてくる
  2. 記述力等の本来この試験で試される能力の底上げを図れるように、基本的なことから解説してくれている
  3. 古めの過去問の内容も入っているので、いろんなパターンが試せる

LECは資格学校の中でも大手の部類に入るものの、診断士試験となると他の資格に比べて受講者数が少なくあまり「推し資格」でないだけに、リソースがあんまりかけられない状態です。そういった中でもしっかりと顧客ニーズに沿った教材は「こじれたあなたの解答」を直してくれることでしょう。

3⃣MMC

2次になったらこいつを受けろのド定番

写真はHAKSの個人所有物

MMC直前講座の教材です。これはスト生もそうですが、スーパー多年度生の方でもTACや独学一本釣りでなかなか合格されない方にもオススメです。ズブの素人(=スト生)、固定概念で凝り固まった人(=スーパー多年度生)にとっては、解答とはどう書くべきか?解答とはそんなに難しいことを求められていない!という事を肌で感じる教材です。良い所は

  1. MCサークルという解答のレイヤーを意識するツールがあり、設問で何を聞かれているのかを明確にできる
  2. レイヤーに従って解答候補となるキーワードが整理されていてわかりやすい
  3. あんなに難しく感じた取替投資などの財務会計の内容がスイスイ入ってくる!

よほど度外れした解釈さえしなければ全然OKと言うような解法スキルを教われます。一方で「MMC金型解答」と言われるように、ちょっとした変化にはめっぽう弱い所が玉に瑕ですね。ここはもう1つくらいの信頼できる教材を参考にしたいところです。

(余談ですが、これは後日のネタで詳しく取り上げたいですが、、、昨年のMMCの事例Ⅲの模範解答は、自分たちが「やっちゃダメ」と言っている事をやってしまいましたよね)

4⃣TBC

困ったときには無難に過ごせ!1次知識は大事じゃない?

画像:Amazon

これは市販の2次試験の2次対策教材です。こちらはTBC独特の2次試験観があり、その指導を反映したもの。「合う人は合う」「合わない人は合わない」といったところです。

  1. 解答は与件分に沿った内容を半分、もう残り半分を1次試験の知識ワードを詰め込む
  2. 試験委員の徹底調査で今年の試験委員を予想した出題傾向で、どんな知識を使うかも予測している

1次試験から入ったスト生に関しては意外とすんなりいく内容ではないでしょうか?

今回は私が「買った」教材が中心だったゆえ、一部都合でご紹介できないものもありまして申し訳ございません。また、載せました情報は昨年時点の物ですし、これらの中には市販ではなく講座を受講しないと入手できないものがありますので、ご自分で最新情報を調べてください。

もし、「この教材はどうなの?」みたいなご意見ありましたらお気軽にご質問ください。

次回は【市販教材編】をお送りしたいと思います~。顧客満足度No1や意外な良教材はどれだ???

ボタンを押して今日もイタダキ↓。
試験の進化は待ったなしです。

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

-2次連携(協力)

Copyright© 200%抜け駆けスタイル 診断士試験 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.