1・2次並行学習

【2021年卒業目標】1次書類選考と2次面接

ほう、昨日ののれんは、ドメイン違反の再現答案募集でふぞをALLショボンにさせた張本人。kwtm氏によるコーチング自慢の再現か。

さらに、久しぶりのブログを「楽しく」書かせていただく、のれん固有の多幸感。くじ引き試験の絶望にあえぐ7,000人全員を敵に回すとは、いい度胸です。

ほぅ、あのわかってない、ALLポジティブたまたま様の応援コーチング?
イマの絶望感の覆し方は、そのノウハウからは学べない。そこであれでは人生OUTと気づいた初学のあなたのために。試験の最新事情のお知らせです。(97字)

面接試験は、人物重視

画像:PRTimes

アフターコロナの第三波に加え、ビジネスは悉くデジタルへ。そして働かない35歳以上のおじさん達を待ち受けるのは、黒字リストラのおっきな落とし穴だ。

そんな環境変化をどう駆け抜ける?
要するに①老いも若きもいつリストラされるか不透明な時代に、②中小企業診断士を選ぶチョイスは正しいですが。③合格さえすりゃ=即官軍とならないのがこれからの当試験です。(98字)

【2021年卒業目標】1次→書類選考、2次→面接試験

当試験の特色は、受験年で難易度が大きく変わるガラポンゲーム
コロナ特需の今年は1,500人合格の大幅基準緩和が噂される一方、翌2021年は再び合格1,000人以下の大激戦へ。

なぜそうなる? そりゃ当試験は独特の「ブレ」を出し、そのリスクを取った者から順に高いリターンな。

当ギョーカイに巣食う、ゴーカク自慢試験サークル=のれんバトン。超ボーナス年ゆとり合格様の寝言を信じて受かるほど、来年の試験は甘くありません。

そう、ゴーカク自慢を夢見てフテ寝中の前年先輩
そこに自慢禁止の伏線とは、マンガもびっくり。さらに「2次」YouTubeに手応えを得たスクール勢は「1次」対策動画も連発し、もうゆとりな長文ブログは要らない子です。(99字)

前提:今日のフェイクニュース~「1次」4択マークがなぜ易化?

①合格枠拡大説
→国費投入?してまで7月「1次」を強行実施した以上、診断士ニーズ=合格枠も増えるとする説
②採点技術向上説~もっといろんな答案を見てみたい
→出題&採点技術の向上により、ゆとり=のれんバトンを確実に落とす自信をつけたオトウサン達は、「1次」書類選考通過者を増やす。
③単なる出題難度設定ミス説
→おそらくこれが真相ですが、それを奇禍に受験テクニック=ふぞ信者の一掃を企んでいそうな、オトウサン達。

こんなフェイクニュースを、目的化した試験合格が神格化したのれんバトンが聞いたらムッキッキー。奴らには絶対内緒な。

1⃣「1次」=書類選考の通過ポイント

①体裁は整っているか
→「1次」対策の基本は問題集回転=過去問の答えを覚えてくること。後日詳しく説明します。
②保有スキル・資格
→「会計」(簿記2級以上)、「情報処理」(ICT系資格)の保有は優遇。また社労士は受験耐性(暗記)、司法試験は「2次」文章力で有利。
③志望動機
→暗記が基本、かつ異なる思考要素を求める7科目は、見た目以上にハード。やりきる力(誠実性)がマストです。
画像:WORQLIP

試験合格が目的化したベテの共通点は、「1次」が苦手。暗記を苦にしないことが、確実卒業へのマストです。

2⃣「2次」=面接試験の通過ポイント

面接不合格のパターンを知り、その逆をやる。
①第一印象が悪い
→ふぞろい流、キーワード羅列の箇条書き
②自信がなさげ、早口
→キーワードをやたらマス目に詰込み、意味不明に
③面接マナーをわかってない
→忙しい採点者に不親切な、わがまま言い換え
④コミュ力不足
→訊かれたことに答えていない
⑤志望動機がありきたり
→合格して一年たっても、ブログ一つまともに書けない。
画像:公務員試験合格術

例えばふぞ先輩の合格自慢はダブりまくるが、同友館様に不都合なトコはひた隠し=モレまくりな。

診断士=公的な性格を持ち、中立と中庸。11人+23匹揃って同友館ステマ=のれんバトンを合格させたい採点係はひっとりもいません。

今日のまとめ

ほう、こりゃ次期のれんバトン先輩涙目。その2割たまたま合格すら決まらない内から、もう隣のサイトに落とし穴を掘られてやがる。

そう。①出題⇔受験側が鎬を削り互いの技術が一巡すると、②「2次」は年々オトウサン達が自分の好みを選ぶ面接試験化し、③さらに人物本位の選考に。

そこに80分マイドキュメントの悪目立ちに飽き足らず、ボク達全員パクリとブログで公言
そんなのれんバトンの寝言を信じるのは、それこそ試験合格が目的化したゆとり位だ。
さらに「2次」筆記の採点係は、試験委員45名のオトウサン達とする説が有力
そこで、みっともなく「1次」は予選と絶叫する、たまたま合格先輩を蹴っ飛ばせ。書類選考基準が易化するからこそ、逆に知識をしっかり身に付けます。

うん。年々ラディカル進化する今の試験では、ふっる臭い変なノウハウを持たない方が普通に受かる。そんなトンデモニュースがそこそこ当たるのも、毎年コロコロ転がる当試験の特徴なのです。

わかりやすさがマスト、具体的ならベスト
ワンクリックで国語力UPの実感を↓

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

サイト内検索

カテゴリー

2020年11月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

-1・2次並行学習

PAGE TOP

© 2020 200%抜け駆けスタイル 診断士試験 Powered by AFFINGER5