デジタル時代のマインドセット【2020年確実合格目標】

試験合格前後を問わない、ヨコでつながれ。

うは、合格前後を問わないヨココミュニティとは、好んで変化に飛び込むマインドセットでつながるのかいっ。

ほほう。そこで△どうやって試験に受かるかより、○登録後にどう稼ぐかの視点で、誰とチームで手を組むか。今日はその目安も併せて紹介します。

デジタル時代のマインドセット【2020年確実合格目標】

マインド1⃣ 変化の時代がやってきた

変化の時代にマインドセット

マインドセットの定義とは、経験、教育、先入観などから構成される思考様式、心理状態ですが、要するに①きっとダメだろう⇔②やればできる!の違いです。
画像:マインドセット~「やればできる!」の研究(草思社)

そこそこ難関な当試験では、特にスト合格組が持つマインドセット=本当にやってのける力はすげえぞ。

同じ「合格者様」でマインドセットがどれだけ違うか、まとめてみたよっ。

今までの思い込み
~きっとダメだろうorz
変化を好んでチャンスに活かす
~やればできる!
高校~大学までの「受験生」自立したオトナの「受験者」
勉強は1人でするものチーム理論で効果倍増
問題集とはOutput問題集でInput
420点取ればいい高スコアほどスキルUPに
周囲ができる所を当てる弱点を潰し終えたら+αも
暗記でなく理解しないと(汗)暗記で済めばそれでOK(笑)
完璧主義捨て問の見極め
スクールとは通学するもの通信のハンデが考える力に
教わる不明点が出たら訊く
暗記はラストスパートで一夜漬け計画的な反復で長期記憶化
最後まであきらめない!あきらめる事態にならない
確率2割のくじ引き試験 やり方次第で5~8割確実合格
おまけ:リストアップしたキーワードを文章に
高校~大学受験までの「受験生」気分では、勉強は1人で、問題集はOutputに使うものとの思い込みが。420点取ればいいなら周囲が出来る所を当てれば済むのに、なぜか暗記でなく理解しないと(汗)とばかりに完璧主義に。スクールに通って教わりゃいいと受け身の姿勢では、暗記はラストスパートの一夜漬けになり、最後まであきらめない!と自分を鼓舞するけど、やっぱり確率2割のくじ引き試験。 (180字) 自立したオトナの「受験者」は、チーム理論での効果倍増を意識し、問題集Inputで高スコアのスキルを磨く。弱点を潰した後の+αな加点を狙うには、暗記で済ませたり、捨て問見極めなどの割り切りを。通信のハンデはむしろ「自ら考える」力を促し、不明点が出た時に訊けばOKと学習を前倒しすると、暗記の計画的な反復で長期記憶化。あきらめたくなる事態を予め洗い出せば、5~8割の確実合格へ。(180字)

ふん、クッソ長すぎ。要するに、①大学受験までは受け身で教わるが、②オトナの競争試験では自分のベストを自分で考えた奴が勝ち。

マインド2⃣ 1・2次並行学習:一発合格まとめシートがやらかした

スト合格や最速合格を語る時、一発合格まとめシートの話は欠かせない。

全スクール・サークルが束になっても敵わない、一発合格まとめシートの謎を知りたきゃ、こちらの動画を。

YouTubeほらっちチャンネル:【中小企業診断士の魅力】野網美帆子先生
あのきゃっしい氏は、当試験でどんなセカンドインパクトをやらかした?
それは誰もが一度は憧れる「わかりやすく読みやすいキレイな日本語」の書き方を、誰でもわかりやすいキレイな日本語でテキスト化したこと。

その背景が、①東大理系院卒のデジタル人材が、②小中学生時代に作文コンクール荒しで鳴らすアナログ国語力を兼ね備える、バイリンガルであったこと。

地頭とセンスがいい奴の専売特許と思われていた「1・2次並行学習」を誰でも手が届くものにした、彼女の挑戦的なマインドセット。これは2020年もどうやら向かう所敵なしの様です。

マインド3⃣ ギョーカイ内の競争:240点ふぞ先輩⇔260点まとめ派の違い

そのマインドセットにちょいと悪乗りするのが、①卒業 ②再挑戦 ③初学の3羽のペンギンが作るヨコつながりコミュニティです。
そりゃ240点をうろうろするふぞ先輩のノウハウ⇔260点を狙うまとめ派のビジネスセオリーなら、後者を選ばない手はない。

但し好戦的な当サイトと違い、人格者のきゃっしい様は無駄な争いを好まない。だから「260点まとめ」とは、まとめシートではなく、「要するにと一言でまとめる力」を指します。

【今年も都市伝説】
Q:ふぞ先輩は、なぜ試験委員と戦うの?
A:試験委員と戦うためにネルフが呼び集めた、14歳の純真なハートを持つ少年少女だから。

診断士は取っても食えないクソ国家資格とめでたく認定。でもそのクソの中のクソ、踏んづけるとバッチく粘りついてなかなか取れない野グソ級が、ふぞ先輩だっ。

そして240点ふぞ⇔260点まとめの明暗を昨年決定づけたのも、やはりそのマインドセット=心構えです。

心構え①:合格スタイル
240点ふぞ先輩260点まとめ派
試験合格が目的 試験はスキルを鍛える通過点
キーワードの積み上げ協調・傾聴・誠実
合格チャンスの最大化不合格リスクの最小化
こつこつ登山安全方向に下山
合格ノウハウコレクション不合格になる原因と対策
全知識こそわが全てレイヤー使って知識を体系化
知識をふらふら皿回し 知識をどっしりペンキ塗り
【100字要約】
試験合格が目的化したふぞ先輩は、キーワード積み上げこそ合格チャンスの最大化と強調し、こつこつ登山を目指す合格ノウハウコレクションが大好き。だが全知識こそ全てと主張する裏では、知識をふらふら皿回し(笑)。(100字)
【100字要約】
試験はスキルを鍛える通過点と考えるまとめ派は、協調・傾聴・誠実性を重視。不合格リスクを最小化して安全方向に下山するための原因と対策上、レイヤーを使った知識の体系化がマストと考え知識をどっしりペンキ塗り。(100字)

今年で試験を卒業したい奴は、集めたキーワードを100字でまとめる字数感覚を磨いとけっ。

心構え②:情報収集
フィルターバブルオープンマインド
視野が狭い周囲の真似や助言に素直
20%たまたま合格50~80%確実合格
都合の悪いことはひた隠しメリットと同じ数だけデメリット
現場対応でたトコ勝負周囲の想定外は自分の想定内
フィルターバブルであえて視野を狭めることが20%のたまたま合格要因と考え、そのやり方では8割落ちる都合の悪さはひた隠したうえで、当日は現場対応の出たトコ勝負に。(78字)オープンマインドを持つと、周囲の真似や素直に助言を聞くことを苦にしない。50~80%確実合格狙いなら、メリットとデメリットを同数挙げて、周囲の想定外を自分の想定内に。(80字)

凄えな。240点ふぞ⇔260点まとめのマインドセットは、全く逆だ。

心構え③:「2次」答案

人類補完計画(全ては一つ)合格スタイルは年1,088通り
キーワード盛り盛り願望答案再現答案当日作成
試験委員に勝つ試験委員に教わる
再現答案を作ることが大事答案の再現性が大事
そのミッションは全受験生のみなさん!を一つのキーワードに統合する人類補完計画にあり、キーワード盛り盛り240点前後の願望答案を240枚集めて試験委員に勝つために、再現答案を作ることこそが大事と連日絶叫。(97字)合格スタイルが年1,088通りのマイベストになる試験で差別化するには、試験員に教わる姿勢を持つことと、再現答案当日作成が最近の注目。発言がその場でブレない=答案の再現性が大事と気づけば試験は卒業認定に。(97字)

そりゃ確実合格したけりゃ、ふぞ先輩の言い分のダメな所を観察し、その真逆をやればOK。

心構え④:プロモーション戦略

1.5倍盛りの似顔絵 200%はふぞ先輩の検索範囲外
ボク達が自称多数派 寝言言ってんじゃねーよ
ネットのどこにでも出没ふぞの宣伝は自分の巣でやれ
敷かれたレールの上を走る自分でルートを切り拓く
来年はあなたもふぞにようこそ独立した多様性
ボク達が自称多数派である証に、1.5倍盛りの似顔絵片手にネットのどこにでも出没するものの、やはり敷かれたレールの上しか走れない。でもあなたも合格することが目的化したら、今年こそふぞろいへようこそ。(96字)200%はふぞ先輩サーチエンジンの検索範囲外だから、「寝言言ってんじゃねーよ」「ふぞの宣伝は自分の巣でやれ」と書いても、ふぞ先輩には気づかれない。自分でルートを切り拓く独立した多様性重視のチーム理論で。(98字)

実務補習でも研究会でも、すぐ試験の話題に戻すのがふぞ先輩。一目でわかるから、寄り添われないようにみんなでバリアなっ。

この章はお子ちゃまふぞ先輩の目に触れないよう、アダルトフィルタしておいた。下手に開けると小便チビる位、キッツいこと書いてあるから気を付けなっ。

今日のまとめ

今までの自分のやり方を正としてその思い込みを続けるか、変化を捉えてドボンと飛び込むか
たかがそこそこ難関な国家試験のクセに、一生に一度のヘンな成功体験で味を占めると、今後一生試験の話題を懐かしむふぞ先輩みたいな人生に(苦笑)。
別に自分の人生観を変えなくていいんだよ
でもデジタル変化の時代→マインドセット重視と気づけば、試験に受かった勢いでそのままトップで時流を先読みできる。

うは、診断士って、twitterでクソ呼ばわりされる割にはお買い得な資格だね。

そこでスト⇔多年度なんてスクールの都合で作った古い枠組みを蹴っ飛ばせ。①卒業 ②再挑戦 ③初学の3羽が、共通マインドセットの対等ヨコ関係でつながります。

明日は②再挑戦+③初学の方向けに、ツールセット(独学・通信・通学)の比較ネタです。

ボタンを押して今日もイタダキ↓。
試験の進化は待ったなしです。

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村