2020年6月、エヴァシリーズの最終第4作が劇場公開【今日の都市伝説】

来年6月、最終第4作が劇場公開。2020年はエヴァンゲリオンブームの年になるのか?

年末ドリームジャンボの抽選会まであと2週間な。こっからがマジしんどいから、来年の映画の話でもして、現実逃避で盛り上がろうや。

【現実逃避に都市伝説】
14歳の純真な少年少女を騙して操るNERV(ネルフ)に匹敵する当ギョーカイの黒幕、D友館社の狙いは人類補完計画だった
D友館:全てのキーワードを一つに統合し、完全無欠の100点答案を作るノダ。そのためにふぞろいな240枚答案を書く人類を一つのおそろいに融合させる、サードインパクトを実施します。

うはっ、今度はアニオタでないと分からない謎が謎を呼び、多年度ループを楽しませる作戦できやがった。

2020年6月、エヴァシリーズの最終第4作が劇場公開【今日の都市伝説】

1⃣エヴァンゲリオンに学ぶ、顧客生涯価値最大(=多年度ループ)化の手口

忙しいオトウサンのための、エヴァシリーズ人気の理由
・内容が不可解な作り
・謎が多すぎ、解答を小出しにするので視聴者が妄想
・そして、また賛否両論のエンディング。
・そこでやめておけば名作として残ったかもしれないが、まだやり足らなかったのか、新劇場版製作
・新劇場版は毎回、映画館に行って観たが、ネタ(TV版、旧劇場版)からのファンでも頭を捻る設定。
出典:Yahoo! 知恵袋
今クヨクヨしている受験者のための、「2次」対策ベテ化の理由
・正解が不可解な作り
・ひっかけが多すぎ、解答を小出しにするので受験側が妄想
・そして、また賛否両論の新作出題
・そこでやめておけば良問として名高いのに、まだやり足らなかったのか、たまにクソ問。
・試験評論歴10年のクソベテでも頭を捻る、80分では解けない文章量を与える試験

要するに、アニメも国家試験も、行動心理学は顧客生涯価値の最大化に欠かせない。見えないスリルを小出しにして、射幸心を煽るんだっ。

年々長文化する与件文を国語読みとは、カモがネギしょって年30,000円の受験料(1次+2次)を協会にお布施する行為そのもの?

2⃣ふぞ先輩の掟:試験委員と戦うためには、余計な情報を遮断してフィルターバブル

それにしても、競合ブログにここまでネタにされて、文句ひとつ言わない。ふぞ先輩はさすがクールなオトナの集まりです。でもおや、ここで最新のフェイクニュースが。

【今日のフェイクニュース】
ふぞ先輩は、与件文の国語読みが狙い撃ちされても反省の色一つ見せず、合格発表まで一斉にだんまり
そして12/6(金)を迎えると合格者にすばやく寄り添い、240枚を採点するバトン(ノルマ)をそっと手渡すのであった。

そのだんまりの理由は諸説あるけど、代表的な2説を紹介します。

海より深く反省した説フィルターバブル説
試験委員の意図は分からないからと与件の国語読みに勤しむと、ハズレのダミー根拠を掴まされて勝負にならない。
その反省から、2020年は本試験会場ヨコに特設テントを設け、当日答案作成を促すことにした。
14歳の純真なハートを保つふぞ先輩に、ネルフ(D友館)から支給されたサーチエンジンはアダルトフィルターつき。
199%を超えると検索できない設定なので、隣のブログにネタ扱いされたことに、まだ気づいていなかった。

今日のまとめ

ふはっ、ふぞ先輩を観察すると飽きねえな。今年の合否なんてどーでも良くなってきたから、もっと教えろよ。

うん、抽選会までまだ2週間あるけど、ブログのネタに困った時は、ふぞ先輩を観察すれば事欠かない。

その最新作「ふぞ13」はエヴァ第4作と同じ来年6月発売。よって今度の新作はどんな筋書きか、あと6ヵ月以上たっぷり楽しませてくれる仕組みなのです。

ボタンを押して今日もイタダキ↓。
試験の進化は待ったなしです。

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村