スクール・サークル選びの前に【(3/3)対策の検討と実施】

布教に努める多幸感

そこそこな難関国家試験に、キーワードを信じたお蔭でたまたま合格!その幸せを周囲に伝えると、マス目に押し込んだキーワードの数だけ自分も幸せ♡。

うはっ、 さすが合格自慢なら誰にも負けないふぞ先輩。 その一挙手一投足で、行動心理学までリアルなケースで教えてくれます。

スクール・サークル選びの前に【(3/3)対策の検討と実施】

【今日の都市伝説】
そう、君もエヴァに乗って試験委員と戦わないか?
ふぞの合格自慢セミナーにのこのこ参加すると、1.5倍盛の似顔絵よりそこそこな美男美女が揃い踏みし、こんなネタをこそこそ教えてくれるらしい。
  • ボク達は全員キーワード派
  • あなたの盛り込むキーワードが合否を決める
  • ボク達の自称採点基準が自称多数派
  • (以下自粛)

ふぞのイイトコは沢山あって、①6,300人にマストの入門書 ②ふぞ答案なら誰でも書ける ③最新のキーワード統計を驚きの低価格で。

ところか約24人の使徒が書くブログは、驚きのローパフォーマンス。

最大の理由は、組織論の勉強不足
つまりふぞ先輩には、①一発道場系のイノベは全て酸っぱい葡萄。②文鎮みたいなリーダーを置いてボトルネックを作ると思えば、③本の脱稿後は白い灰のように燃え尽きて誠実性(itegrity=やり遂げる力)の欠片もない。

うはっ、さすが「1次」知識を皿回しした先輩達の薄っぺらさは、ハンパねぇ。

しかも試験委員に喧嘩を売る割には、返り討ちに遭う覚悟が足りねぇっ。

ぶるぶる。ふぞ先輩に寄り添われる前に、この試験を駆け抜けよう。QCストーリー3回シリーズの最終回は、【対策の検討と実施】です。

1⃣対策項目についてアイデアを出す(Plan)

画像をアップロード

QC7つ道具で定量化~設問解釈エクセルとpivot集計

与件の国語読みが通用しなくなった文章量の試験では、設問解釈力を磨くと良い。出題傾向を定量化してpivotであれこれ分析すると、ふぞ先輩が理解することをあきらめた「出題側の意図」がダダ分かりです。

設問解釈エクセル

H24~R1まで8年分の「事例Ⅰ~Ⅲ」の全設問、出題の趣旨、レイヤー、要求能力、対応する「1次」知識、期待得点を一覧にした表です。①誰でも試す「設問解釈」をエクセルデータ化すると、②自分なりの属性をつけることができ、③これまでやこれからの出題傾向を自分なりに分析・予測できます。

2⃣対策案について評価し選択する(Select)

ではこれから一年、どう対策するか。今すぐスタートする必要はないので、リストを作れば十分です。

3⃣対策案の実施方法を検討し対策を実施する(Do)

「2次」対策とは、努力・実力が増すほど出題側に狙い撃たれて8割ドボン
(A)2次国語スクールの通年稼働率UPにお布施して2月再開もよし、(S)様子見をしてリフレッシュしてから9月再開でも良し。少なくともスクールの煽り文句に乗っかると、来年も8割のドボン率をキープなのです。

今日のまとめ

ねぇねぇ、そこそこな美男美女を揃えたふぞ先輩達がこそこそ布教に熱心なのは、やはり自分のためかい?

当ったり前だい。①周回遅れの不安を解消するのが「酸っぱい葡萄」、②たまたま受かった幸せを後輩にパクらせるのが「認知的不協和」。それ位の心理学は押さえておかなきゃ、③「Ⅱ」第3問の期待不一致はマス目に入らない。

ねぇ、この知識を知ってるかい?
最近の「2次」はクソ長い与件文を読ませた後に、急に「1次」知識を聞いてくる。だから皿回ししたけりゃ、覚悟の上で。

そして、たまたまなふぞ先輩の布教活動は自分の巣でやれ。その合格自慢をどう避けるかが、これからのマストに。この不確実性が高い試験でも、どうやらそこだけは確実なのです。

ボタンを押して今日もイタダキ↓。
試験の進化は待ったなしです。

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村