2次判断(競合)

【発表後修正なし】2次受験4,600人合格880人、合格率19%

予想より良い方にハズレ。

合格者数はたまたまピタリ。

合格基準の柔軟化
合格基準は、本年度の得点水準を勘案し、「総点数の59%以上であって、かつ、1科目でも満点の40%未満のないこと」としました。また、「経営情報システム」については、本年度の得点水準を勘案し、受験者の得点に4点を加算しました。

当試験は、2次受験者数調整のため、1次難易度を恣意的に操作していると確定。

かつ2次受験者数を狙い通りにするには、合格基準だって柔軟化。詳しくは夜に更新するけど、

朝5:00の予想はいい方向にハズレ。
  1. 減少していると言われた申込者数が久々に増加に増加
  2. 合格率は下がったが、「1次」合格者数は朝予想2,400人とたまたまピタリ一致。
  3. 科目合格の減により?合格者の高齢化に歯止めがかかり、20・30代の構成が微増。

予想がいい方に外れるのは嬉しい。だが試験ブログに合格者数をピタリ当てられる難易度操作がいいのかどうか。当試験がいかにインチキかを知り、「2次」でいよいよ短期決戦。

1⃣「1次」合格者&「2次」受験者数予想

無報酬ならではの、迅速・機敏な合格仮説。

ここに書かれた通り、無報酬スト合格ブログの強みは、ヤマっ気十分の合格仮説と機敏性。「仮説ですから」と断り入れて、

・仮説が違えば素知らぬ顔で修正。予実差異から次の予想精度をUP。
・仮説が正なら素知らぬ顔で一歩先へ。予想力と機敏さで「2次」を差別化。

以下表に、H28「1次」受験/合格者数の「予定」を示す。

またこの表、本日の合格発表後に、H28の下線部を「実際」に置き換えて完成。

【表1】 H21 H22
経済調整
H23 H24
経済調整
H25 H26 H27 H28
  2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016
発表後確定
【1次】                
申込 20,054 21,309 21,145 20,210 20,005 19,538 18,361 19,444
受験①出走     17832 17,168 16,627 16,274 15,326 16,024
受験②完走 15,056 15,922 15,803 14,981 14,252 13,805 13,186 13,605
完走率②/①     89% 87% 86% 85% 86% 85%
1次合格③ 3,629 2,533 2,590 3,519 3,094 3,207 3,426 2,404
申込者比③/① 18% 12% 12% 17% 15% 16% 19% 12%
受験者比③/② 24% 16% 16% 23% 22% 23% 26% 18%
1-5科目受験 1,622 1,258 1,416 1,836 1,693 1,627 1,771 計算中
6-7科目受験 2,007 1,275 1,174 1,683 1,401 1,580 1,655 計算中
1次免除④ 1,860 2,363 1,552 1,513 1,984 1,851 1,704 2,227
(再挑戦率)   65% 61% 58% 56% 60% 53% 65%
【2次】                
申込 5,489 4,896 4,142 5,032 5,078 5,058 5,130 4,631
受験 5,331 4,736 4,014 4,894 4,922 4,901 4,955 4,492
合格 951 925 790 1,220 910 1,185 944 880
申込者比 17% 19% 19% 24% 18% 23% 18% 19%

表の見方
・9/6(火)の合格発表後、「実際」を追加し確定させる。
・自分の予想精度を磨くため、「予定」は消さず「差異」を出す。
・④1次免除者数は、過去の経験則から導くほぼ確定値。

注意点として、①~③のH28予想はネット情報を元にした全くデタラメ仮定の数字。だがもし当たると、ネット情報の数字は意外と正確?。真贋入り混じっており、取扱いは注意。

2⃣スト生⇔2年目生の「当たり年」分析

当試験、科目難易度のみならず年度毎に難易度バラつき。そのブレあってのハイリターン。

「インチキ試験には、イカサマで対抗」。当試験のインチキっぷりは枚挙に暇がないが、最もインチキなのは「年度別のバラつき」。つまり同じ努力・実力でも、受験年により合否が変わる。

【表2】 H21 H22 H23 H24 H25 H26 H27 H28
2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016
初学スト生 ○当たり ○当たり ○当たり
2年目生 ○当たり ○当たり ○当たり ○当たり ○当たり
Ⅳ難易度 Ⅳ易化 Ⅳ易化 Ⅳ易化?
「当たり年」の出現傾向
・「1次」合格者数が増えると、スト生の「当たり年」 ←分母受験生=実力未達者の増
・スト生「当たり年」の翌年(裏作)が、2年目Sランクの「当たり年」 ←「2次」の難易度UP
・「2次」の難易度UPの従来の主役は「Ⅳ」。しかしH27「Ⅳ」は易化。
※この結果H27は「1次」合格者数の割にスト合格が少なく、今年の「2年目Sランク生」が増加。

グラフ:「1次」合格者/免除者+「2次」合格者数推移(人)

合理的推論
・昨年1次合格=1次免除者が多く、今年の1次合格者数を減らそうとした。
・かつ科目難易度を恣意的に操作し、科目免除合格者を減らそうとした。
・足りない分は得点調整でかさ上げ。それにしても今年はやりすぎ。
3⃣「1次」受験/合格者年齢分析

当試験の高齢化の進行スピードはどの位?

筆者は「合格者セミナー」の類に一切顔出さないが、ここ数年、オヤジ臭い主観ノウハウ押し付けだらけのブログ高齢化に辟易。公式統計資料の数字で見てみる。

【表3】 H21 H22 H23 H24 H25 H26 H27 H28
  2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016
申込
~29 4,337 4,485 4,130 3,636 3,538 3,286 2,974 3,265
30~ 8,278 8,700 8,510 7,836 7,479 7,081 6,263 6,502
40~ 4,660 5,138 5,362 5,361 5,473 5,485 5,333 5,614
50~ 2,074 2,264 2,369 2,548 2,694 2,867 2,930 3,116
60~ 705 722 774 829 821 819 861 947
  20,054 21,309 21,145 20,210 20,005 19,538 18,361 19,444
合格
~29 695 503 446 555 468 467 480 388
30~ 1,665 1,114 1,153 1,440 1,210 1,251 1,215 898
40~ 845 618 676 962 901 925 1,049 693
50~ 327 233 256 428 393 448 559 350
60~ 97 65 59 134 122 116 123 75
  3,629 2,533 2,590 3,519 3,094 3,207 3,426 2,404

グラフ:「1次」世代別受験者数推移(人)

合理的推論
・1次受験者数はリーマンショック(2008年)後の資格ブームで増加し、その後緩やかに減少。
・20~30代の申込者数は、H24→H27で▲30%減少。
・40~59歳の申込者数は+12%増加、50~以上にすると+27%増加。
(追加)「1次」申込者数は、6年ぶりの増加。

グラフ:「1次」世代別合格者構成比推移(%)

合理的推論
・20~30代の合格者構成は、65%(3人に2人)から50%(2人に1人)に低下。
・30~49歳で見ると、30代減⇔40代増でほぼ相殺。同じ年代の方が受け続けている。
・50歳以上の合格者は、H24を契機に顕著に増加。
(追加)科目免除合格者が減ったためか、20~30代の構成比が過去8年で初めて反転増。
4⃣「1次」世代別合格率推移

「2次」合格率は、20代をピークに、30→40→50代と綺麗に低下。「1次」はどうか。

以下表は、年代別合格率を示し、さらに平均を100として指数化。

  H21 H22 H23 H24 H25 H26 H27 H28
確定
  2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016
合格率
~29 16% 11% 11% 15% 13% 14% 16% 12%
30~ 20% 13% 14% 18% 16% 18% 19% 14%
40~ 18% 12% 13% 18% 16% 17% 20% 12%
50~ 16% 10% 11% 17% 15% 16% 19% 11%
60~ 14% 9% 8% 16% 15% 14% 14% 8%
18% 12% 12% 17% 15% 16% 19% 12%
合格率(指数化)
~29 89 94 88 88 86 87 86 96
30~ 111 108 111 106 105 108 104 112
40~ 100 101 103 103 106 103 105 100
50~ 87 87 88 96 94 95 102 91
60~ 76 76 62 93 96 86 77 64

グラフ:世代別合格率推移(全体を100として指数化)

合理的推論
・伝統的に、30~40代の1次合格率が有意に高い。
・20代の1次合格率が低いのは、ビジネス実務経験の薄さに由来と推定
・H24を契機に50歳以上の合格率が増加したのは、「保険受験」によると推定。
(追加)科目免除合格者数が減ったためか、50~60代の合格率が有意に低下。

今日のまとめ

当記事は、毎年恒例の「1次」合格者分析を発表前に行い、予想・推論力の訓練。良い方向に予想がハズれ、2次受験者数はたまたまピタリと一致。

一つ嬉しいのは、50~60代「合格するまであきらめず」受験し続ける層が減り、20~30代合格率、また申込者総数が反転に転じたこと。少数精鋭オープンイノベーションは早速効果あり?良い方向にハズれた勢い活かし、いよいよ「2次」に本格殴り込み。ではまとめ。

  • H28「1次」は、「2次」受験者計5,000人を目指し、あり得ない水準の調整やらかした。
  • H28「1次」合格者が決まると、免除者と合わせ「2次」競争相手が出揃う。
  • 当試験は、年によりスト生⇔上級生の「当たり年」があり、そのブレを含み高リターン。
  • 世代別では、H24以降50歳以上の「保険受験」により加速していた高齢化が、今年は好転。

わかりやすさがマスト、具体的ならベスト
ワンクリックで国語力UPの実感を↓

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

サイト内検索

カテゴリー

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

-2次判断(競合)

© 2020 200%抜け駆けスタイル 診断士試験 Powered by AFFINGER5