2次判断(競合)

【2次合格】4,800人×25%=1,200人合格説

H28(前):4,539×19%=842名
H29(予):4,800×25%=1,200名

同じ試験が1年違うと、合格率がそんなに変わっていいの?答えはOK、その理由は別として実績だってちゃんとある

1,200人合格説の根拠

1,200人合格の前提は、合格させて質が落ちないこと。

それもう大丈夫。だって昨年「1次」の難化前は、皆が揃ってこう絶叫。

・「1次」が予選、「2次」が決勝でちゅ!
・だから「1次」は420点取ればいいのでちゅ!

当サイトが知る限り、2017年の試験ブログで「420点取れば良い」と書いた奴は一人もいない

お、オレの言うことを少しは聞く耳があるのか。

試験委員がそうニヤリ。1,200人合格の奮発シナリオは十分ありうる。

受験者が入れ替わったのか、態度を改めたのか

その答えはたぶん両方。

H28の「1次」超難化
→受験回数、平均年齢の若返り説が濃厚。
H29の「1次」易化
→態度を改めたと認め、受験申込者数拡大に転じた説が濃厚。

 

「最後まであきらめないでちゅ!」仮にも国家試験で、精神論根性論が跋扈するのは異様だが、それだって立派な勝ち方の一つ。

多様な勝ち方が互いに敬意を払い、軒を競って母屋を拡大。

・・当サイトの「敬意の払い方」は、蹴飛ばしたり踏んづけたりやや独特ではあるけれど。

合格者1,200人!? ほうそれは面白い、ではオレがいっちょ手を貸してやるか。そう多様化が進むほど、当試験の継続価値が拡大しそう。

多数派工作を蹴っ飛ばせ。ブログの軒の競い方。

この試験は、面白いこと考える奴がいるな。

当試験ではね。周囲に同じ答案を書かせるほど、マイ答案が合格しやすい。だから「ボクたちこそ合格者の多数派!」を自称する、多数派工作団がいるんだよ。でも当試験、

合格者の多数派=不合格者の多数派。

つまり下手な宣伝をして目立つと、出題側がここぞと狙いを定め、8割落とすべく出題を変える。だから「答案の宣伝までは良し」としつつ、「出題側に手の内は見せない」。それが上半分の勝ち方。

合格本質論の時代が到来? 「最後は自分で考える」。

当サイトの特徴は、何か役立つことも書いてる様だが、果たして一体何をするか、具体的な内容が全くないこと。例えば最新「スト合格の上半分」シリーズで受け売りするのは、こんなこと。

合格スタイルの多様化

http://fuxin24.net/2017/05/31/post-4003/

http://fuxin24.net/2017/06/04/post-4161/

http://fuxin24.net/2017/07/05/post-4920/

http://fuxin24.net/2017/07/06/post-4939/

1,000円ノウハウを最大活用

http://fuxin24.net/2017/06/11/post-4265/

http://fuxin24.net/2017/07/07/post-4727/

http://fuxin24.net/2017/07/26/post-4897/

過去・現在からミライを創る

http://fuxin24.net/2017/07/12/5062/

http://fuxin24.net/2017/08/02/post-5276/

http://fuxin24.net/2017/08/03/post-5287/

http://fuxin24.net/2017/08/04/post-5303/

今日のまとめ

当サイトに、「合格するための具体的手順(ノウハウ)」など皆無。それはね。

他と値動きが違うほど、組み合わせると価値が出る。

変化の時代は面白い。ほう、ではこのサイトを応援する、力を貸してやろうか。それには、「出題側が合格する枠を増やしたくなる」様なスタイルで、自分が合格してやるのが一番。

周囲の一歩先を行く、裏をかく、逆をやる。勝ち方が多様であるほど面白い、価値が出るのが「2次」の特徴。

わかりやすさがマスト、具体的ならベスト
ワンクリックで国語力UPの実感を↓

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

サイト内検索

カテゴリー

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

-2次判断(競合)

© 2020 200%抜け駆けスタイル 診断士試験 Powered by AFFINGER5