2次判断(競合)

【設問解釈ドリル】LECが模試でまさかの大チョンボ

ブログの組織投票はやめとけ

そういや、バトン→のれんの順に、最近次々とブログランクが赤丸急上昇な。

あのランクは1日1IDで一票。自宅+スマホ+会社+カフェを使い分け、1人4票投じると、猫でも赤丸急上昇です。

ブログの組織投票はやめとけ
組織票のメリットは信者が増えること。そしてデメリットはアンチが増えること。
折角中身が良いのだから、お子ちゃま情弱丸出しのヘッタクソなプロモーションはやめとけ。

LEC模試がまさかの大チョンボ?【&設問解釈ドリル】

期待不一致モデル~ 事前の期待を下回ると悪い口コミに
ところで、①本試験事例の時流に対応している ②与件の長文化を読み当てた。
最近ネット勢の口コミ評価が高かったLECの新作事例ですが、5月ステップ模試では、どうやらチョンボをしでかした。

1⃣5月2次ステップアップ模試に関する口コミ評価

【プラス評価】
・事例Ⅲは良い。近年のレイヤー当てはめの練習になった。
・総じて、受けて良かった。
・解説動画は悪くない。
【マイナス評価】
事例Ⅰ
・多角化が無茶すぎ
・助言しようがない問題
・突飛すぎて頭を抱えた
・はっちゃけ新社長の我がままに付き合わされる会社の悲哀
・R1事例Ⅰに寄せた問題か
事例Ⅱ
・SWOTの代わりにBSCは狙いすぎ。記述の文字数から無理問と思います(5問、問1が200字、100×4問)。
・どこがマーケティング?
・80分を無駄に過ごした感が強い

期待を裏切ると不満が不信に。「事例Ⅱ」作問者のわかってない感=情弱さが、ざんねん。

2⃣作問意欲が空回り? 時流の対応度チェック

スコア
★5つが最高
評価基準短評
★★☆☆☆P(生産性):「2次」対策として有用か変な問題に驚かない練習に
★★☆☆☆Q(品質):設問や与件にバラつきがないか誤字脱字が多い
★☆☆☆☆C(コスト):事例作成は手抜きでないか雑な多角化の事例Ⅰ、マーケティングしない事例Ⅱ
★★★☆☆D(納期):解説や答案返却は迅速か普通
★★☆☆☆S(安全):模範解答の妥当性や再現性はもやっとする点が多い
★★★★☆M(意欲):最新傾向に対応済かR1「Ⅰ」を丸パクりする意欲は買うが、雑。
★★★☆☆E(環境):本番用紙と近いか、提出環境等マーカーの裏写りまでは再現できず

★が辛いのは、作問意欲が空回りした、「Ⅰ」の第一印象の悪さが響いたっぽいぞ。

3⃣今夏最大の関心~設問解釈トレーニング

そうかい、でも与件がクソなら、設問解釈トレーニングには使えるかい?

事例Ⅰ

【事例Ⅰの勝負問】第3問
現社長の就任後、これまでの事業領域とは異なる業界に進出したことによって、めっき加工業内においてどのような立ち位置が形成されたか。100字以内で答えよ。

設問の制約が甘いので、組織構造⇔行動どちらのレイヤーにするか悩ましい勝負問に。第2、第5問との係受けの出来次第で、良問⇔クソ問を判断します。

事例Ⅱ

【事例Ⅱの勝負問】第4問~サービスマーケ
B社のビジネスにおいて重視すべきサービスの特質は何か。また、その特徴に対してどのような対策を講じているか。特性を明示したうえで、100字以内で説明せよ。

サービスマーケといえば、無形・非均一・不可分・消滅・需要変動。第1問BSCが鳩豆鉄砲でも、第4問は必ず取れ。

事例Ⅲ

【事例Ⅲの勝負問】第3問
X社からの打診においては、トレーサビリティの強化が求められている。トレーサビリティを強化し、問題が生じた場合に迅速な対応を行うために管理すべき情報と、その活用方法について140字以内で述べよ。

第1問+ラス問をセットで解くのはド定番。第3問の140字を、Q品質管理+情報項目列挙で構成すれば、スコアが安定します。

※上記のレイヤーや難易度は、設問解釈の想定練習用として示したものです。必要に応じ、実際に受験した方の意見に基づき修正していきます。

4⃣今回の顛末

要するに、「事例Ⅰ」「Ⅱ」ともに設問文までは時流に対応。そこで期待を膨らませて与件を読みに行った受験者に対し、ただクッソ長いだけの、期待を下回る低品質だった?

そうかい。では大枚はたいて模試を受けるより、(与件文は捨てて)設問解釈トレーニングまでを済ませて、各スクールの口コミ評価に使えば良い。

今日のまとめ

与件の想定読みが一般化すると、ショボいスクール模試は命取り
設問文だけ読むとむしろ時流の対応度〇に見えるのに、実際に受けた方の口コミはボロカス。
受験側の想定力が高まる時代では、期待を裏切るショボい与件構成は、スクール評価の命取りに。

でも140字×2の長文をしっかり書かせた「事例Ⅲ」の、作問品質を評価する声は高いです。

「事例Ⅰ」「Ⅱ」でやらかした作問講師? そりゃ「Ⅲ」の品質管理と「マーケ」の消費者購買行動のキホンを、100回書き取りの刑な。

グッドマンの第二法則】 「対応に不満を抱いた顧客の非好意的な口コミは、満足した顧客の好意的な口コミに比較して、二倍も強く影響を与える」
出典:顧客ロイヤルティ協会・佐藤知恭
※「グッドマン」は「1次」では直接未出題なので、「2次」では使用禁止。

そうだよ、スクールもサークルも、顧客や読み手の支持があってこそのサービス業。特にネットやSNSは「悪い口コミが広まりやすい」。従い読み手の期待を過度に膨らませてしまう、あのヘッタクソなプロモーションは厳禁なのです。

わかりやすさがマスト、具体的ならベスト
ワンクリックで国語力UPの実感を↓

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

サイト内検索

カテゴリー

2020年12月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

-2次判断(競合)

PAGE TOP

© 2020 200%抜け駆けスタイル 診断士試験 Powered by AFFINGER5