2次判断(競合)

【200%コミュイノベーション】採点基準変化の傾向と対策

のれんはなぜ、急速に支持を失った?

【理由】
マイ体験談と、訊かれていない四方山話

「四方山話」とは「世間話」「様々な話題の話」を意味する言葉です。(中略)色々な方向へと話題が移り変わり、ワイワイと会話をしている状況で使用しましょう。
・ 四方山話ばかりで大事な話はこれといってなかった
・道端に友人が集まっていたので何事かと思えば、四方山話に花を咲かせていたようだ
出典:TRANS.Biz

240点たまたま合格の化けの皮が剥がれたから?

金型様が、のれんをバトンにすり替えたから?

採点基準変化の傾向と対策【200%コミュイノベーション】

1⃣時流とターゲットを読み誤った反面教師

それもあるけど、ほとんどハズレ
ちげーよ、自称一発のはずが、①多年度 ②スクールパクり ③すり替えられたバトンでキーワード。誰をターゲットに何を書きたいか、読み手の期待を「大きく」下回ったから。

R1の「Ⅱ」で、低価格志向のネイル顧客に、季節感たっぷり載せ載せオプションを毎日LINEで送りつけるようなもの。

それでは期待不一致どころか、もう殺意しか浮かびません。

2⃣出題傾向&採点基準変化の傾向

【今日の都市伝説】
かつ自称受験者ファーストの割には、「採点基準の変化」ネタを決して書かない
それは金型様=ふぞのスパイが、「同友館様のご意向に反することは書いてはなりません」。獅子身中の虫が足を引っ張るから。

だから学習グループにふぞ信者を決して混ぜるな。

一度混ぜたが最後、キーワード一神教で大暴れ。周囲の声などお構いなしです。

逆にふぞ信者を200%排除した当コミュでは、こんな意見が。

①出題傾向の変化

(1)キーワード列挙の防止

・与件は長く、マス目は短く。
・使わないダミー根拠の登場。
・しかしの後に敢えてダミー。国語読みは許さない。

(2)現場対応力、考える姿勢=プロセスを評価

・設問文の言い回しをわざと変えて多年度トラップ。
・マス目の字数を100字以外に変えて、動揺を誘う。
・「事例Ⅰ~Ⅲ」出題の特徴を混ぜたり、あべこべ。

(3)多年度トラップ

・スクール演習高得点の練習場バカは、本試験も70点の欲を出す。
・80分で時間の足りない極限状態に追い込み、普段の地を出させる。
・つい過去問の答えやノウハウ集の用語を書く所を狙い撃ち。
・要するに過去問の答えを覚えやがった多年度キラー。

②採点基準の進化

(1)5,000枚を回収してから後決めする採点基準は年々進化

・「事例Ⅰ~Ⅲ」難易度の事前調整は不要。
・採点基準の決定は、5,000枚の回収後にやり放題。
・設問や制約条件を少し難しめ、与件を大目にすれば、後から決め放題。
・悪目立ちする特定スクールメソッド(例:MMC金型)やふぞ先輩のキーワード羅列は、かなりOUT。
・前年の高得点80~90点台答案に寄せすぎると、そこを狙い撃ちしてバツ。
・ふぞやSNSの普及で答案がお揃い化するほど、採点側は恣意的に好みの答案にマル。

③これからの出題傾向と採点基準

(1)変わらない基本

・「1次」で学んだ知識=セオリーの、現場応用力を鍛える。
・事例Ⅰは先読み、Ⅱは原則ダナドコ、Ⅲは教科書通り。
・訊かれたことに正しく答え、アンタの意見は聞いてない。
・ロジカルにミライを拓く、わかりやすくキレイな日本語。

(2)見かけ上の出題変化

・「事例Ⅰ~Ⅲ」相互間のクロスオーバーが進む。
・与件の字数・設問マス目数・難易度設定は出題側のやり放題。
・ゆとり増加を受け、与件・設問文自体の言い回しは平易に。

(3)進化し続ける採点基準

・5,000枚×4事例を45人で採点できる、読みやすさ重視へ。
・言い過ぎ・出来すぎ・上から目線解答はD判定で一発退場。
・事例の難易度(平均点+標準偏差)は年毎に変わりうる。
・前年高得点答案に寄せすぎると、そこにバツ。

3⃣出題傾向&採点基準変化への対策

ふぞろいは、290枚の再現答案+相当数の開示スコアを後出しで紐付けた、定量キーワード統計に基づく「昨年時点の」自称採点基準が売り。

そうだよ、だから今年の200%コミュは、ふぞ先輩の200%逆を行く
①本試験の採点基準は、事例ごと、年ごとに異なるかも。
②前年基準に寄せすぎると、思わぬ足を掬われるかも。
③スクール一辺倒=練習場バカは、本試験でテンパるかも。
④日頃から自分の強みと異なるスキルを鍛えると良いかも。

4⃣受験経験者向け~より具体的には、ここがツボ。

まだ先入観やネタバレを避けたい方は、ここはスルーだ。

①「事例Ⅰ」の方向性

「Ⅰ」の全体を通じ、正解をズバリ当てるより、与件表現を使いながら説得力のあるロジカルな文章を100字(制限字数)で書く=思考プロセスを評価する方向にシフトすると思われます。
※そもそも80分では完答できないことが前提。

②書く力のUPが最初

そこで具体策として、①キレイな100字の特徴を分析してみる →②互いに持ち寄って議論や添削 →③実際のビジネス文書を50~100字の因→果で書くドリル。これで「書く力」への不安がなくなります。

③書くことで悩まない~事前に自分の型を持つ(再現答案当日作成が目安)

「書く力」を最初に高めて悩みや不安のボトルネックを解消すると、読む方に時間を割けます。逆に「読む力」ばかり先に鍛える国語読みは、お約束のドボン。

今日のまとめ

のれんの今年の敗因は、金型様を仲間に混ぜたこと。

しかもよく見りゃ、バトン先輩よりスコアが低い

合格自慢が今更昂じてブログがクソ長いだけ?しかも同友館様に不都合なコトは決して書きません。

そうだよ。出題傾向と採点基準の変化仮説は、コミュニティの声に応えた当サイトが今の所総取り。そしてのれんが捨てた「初学ストレート一発合格」マーケットも当サイトがイタダこう。明日は「初学者コミュニティ20名枠」募集のお知らせです。

わかりやすさがマスト、具体的ならベスト
ワンクリックで国語力UPの実感を↓

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

サイト内検索

カテゴリー

2020年12月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

-2次判断(競合)

PAGE TOP

© 2020 200%抜け駆けスタイル 診断士試験 Powered by AFFINGER5