2次判断(競合)

苦手解消でスコアUP~事例の相関分析【200%コミュイノベーション】

借りた以上は、データでお返し。

のれん12+バトン20=32名分のスコアを使うと、採点傾向が見えてきた。

高得点者のスコアはバラつきが小さいので、6,300人全員分を調べるより、素早く仮説を立てられます。

苦手解消でスコアUP~事例の相関分析【200%コミュイノベーション】

では次に、200%コミュ独自のデータで分析しよう。

200%コミュアンケート:得意⇔不得意な事例は? n=27

そうだよ。そこで前回Ⅰ&Ⅱ、Ⅲ&Ⅳに分けて調べた事例の得手不得手分析も、3人のパネラーの意見を聞いてみた。

1⃣「Ⅰ~Ⅳ」ごとの傾向と得手不得手

「事例Ⅰ~Ⅳ」の傾向は、ネットやSNSで情報ダダ漏れ
Ⅰ:解き方のコツがあり、得意化すればワンパターン。
Ⅱ:与件根拠をターゲットにぶつけるダナドコゲーム。
Ⅲ:強化するには、急がば回れで簿記2級。
Ⅳ:猫でも60点。自分の得手不得手で切り分けを。

ここでふぅんと流すのが240点のふぞ先輩。なぜそうかを掘り下げるのが260点のまとめ派な。

スコアが安定する要因(得意化)

  • (Ⅰ)時間切れの知識解答を避け、与件表現をコピペで使う。
  • (Ⅰ)本試験難化を前提に、スクール事例は70分で解く。
  • (Ⅰ&Ⅱ)本業がバックオフィスの方はⅠ、フロントの方はⅡを強化。
  • (Ⅰ&Ⅲ)良く出来た答案を見て、そのコツ・レイヤーと言い回し・頻出用語をパターン化。
  • (Ⅱ)ダナドコならターゲット×資源の組み合わせで鉄板。
  • (Ⅲ)「Ⅰ」の解き方のコツを掴むと、「Ⅲ」はその応用(差分)で解ける。
  • (Ⅲ&Ⅳ)周囲が苦手=スコアが安定しやすいⅢとⅣのA答案確保が望ましい。

スコアが伸び悩む、不安定な要因(苦手化)

  • (Ⅰ)事例との相性ではなく、設問パターンへの得手不得手がありそう。
  • (Ⅰ)R1「Ⅰ」の採点基準は特異なので、ここで苦手意識を持たない。
  • (Ⅱ)事例Ⅰがドメイン・レイヤー外しがOUTなら、Ⅱはターゲット外しでOUT。
  • (Ⅲ)事例固有の用語に苦手感。
  • (Ⅲ)業界知識をつい書くと、上から解答になりドボン。
  • (Ⅳ)計算問題集の回転重視で、理論と理解がすっぽ抜け。

2⃣事例Ⅰ&Ⅱ、Ⅲ&Ⅳの相関・逆相関に注目してスコアUP

ここは前回の記事を参考に。

3⃣スコアの「出た目」と操作の手法

240点ふぞ先輩は決して認めないが、当試験の出題傾向+採点基準は事例毎、年毎に変えて良い。

他人の分析結果をすぐ鵜呑みにするのが、240点のふぞ先輩。

自らデータを触って仮説を立て、現場対応できるのが260点まとめ派です。

  • 本試験スコアは恣意的に操作され、平均点・標準偏差の設定は採点側のやり放題。
  • 前年の「出た目」を読み解くが、その採点基準に寄せすぎると翌年変化されてドボンのリスク。
  • 「Ⅰ~Ⅲ」は素点かスコア(統計処理済)か?
    →「Ⅰ~Ⅲ」の60点は、事例合格として自負を持って良い
  • 「Ⅳ」は調整弁として、下駄履き、没問、傾斜配点の噂が絶えない。
    →「Ⅳ」猫でも取れる60点で、合格自慢するのは禁止。

今日のまとめ

同じ設問、与件でも、5,000人の答案は必ずブレる
そこで国語力ばかりに頼らず定量化したデータを使うと、判断がブレるリスクを減らせます。
だから今時、炎のモチベーションで勉強だ! ではなく
例えば事例Ⅰ&Ⅱ、Ⅲ&Ⅳの2つに分け、自分はどちらが得意か、どの苦手からつぶせばスコアが伸びそうかを考える。

そうだよ。相関係数を使い、「各事例が求めるスキルのつながり」を考えよう。 例えば「Ⅲ」が苦手な経験者なら、急がば回れで簿記2級から着手するのが合理的です。

わかりやすさがマスト、具体的ならベスト
ワンクリックで国語力UPの実感を↓

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

-2次判断(競合)

Copyright© 200%抜け駆けスタイル 診断士試験 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.