2次判断(競合)

【経験者有利】キャズム~スト合格の増加理由とこれから

【スト合格の増加理由】
①キャズム
②キャスト
③マスト

画像:twitter #1次試験

当サイト、「スト合格推し」とよく誤解されますが、違います。「最後まであきらめない!」代わりに「考えるのはもうやめた」。試験合格が目的化した、スクール・サークルどっぷり依存は、資格の性質上、イマの採点側は好まない。そう書いているに過ぎません。

悪いことに、事例答案の質が上がると、採点者は自分の好みの答案に高評価を。よってスクール・サークルどっぷり依存の解答は避け、新米診断士らしい答えを書こう。考えがそう広まるのも自然でしょう。

でもそれさすがに、初学者を優遇しすぎ。

そこでこのシリーズでは、経験者有利の材料を。スト合格が増えた理由と手口の「仮説」を3つ、紹介します。

【キャズム】スト合格の増加理由とこれから

1⃣受験技術のラディカル・イノベ

受験技術はイノベーション。時に不連続なラディカル・イノベ。

解説
「技術経営」のイロハのイ。つまり変化の速い業界では、古い技術を沢山持っているほど乗り遅れる。

当たり前ですが、周回遅れのノウハウなんて、見向きもされません。

2⃣キャズム

「経営」過去問は必ずタテ解き。複数領域で複数出るのが重要知識。

解説
ここ数年の「経営」でキャズムは必ず問われ、かつ「戦略論(技術経営)」「マーケ」の両方で出る。出題側が大好きな知識を使えば、「2次」のスコアは当然伸びます。

では自分はアーリーアダプター、マジョリティのどちらに近い? 当たり前ですが、「ボクたちこそ合格者の多数派」なんて思っていると、周回遅れです。

3⃣乗数理論 ~出題・採点技術の高度化

出題・採点基準はなぜ変化?その説明が、1変化すると学習量が5増える乗数効果。

画像:「経済」H29第4問に基づき当サイト作成
解説
「マクロ」をもう忘れた方は、ぜひH29第4問=超良問を解いてみる。

診断士「マクロ」限定で使える「公式」
限界消費性向=0.8、投資/政府支出乗数=5、租税乗数4。I+Gが外生的に5増えるとGDPは25増加。

所得が1増えた時、0.8を消費に回すとGDPが波及的に5増える。それが乗数効果です。試験で言えば、「Ⅳ」で企業価値を出し、ファイナンスの大事さを受験者の8割が再認識すれば、MM理論や証券投資論まで5倍の学習を促せる。

そんな出題心理を知れば、特に「Ⅳ」で過去問の答えを覚えるのは逆効果。試験のヤマは、最近未出題の「1次」知識です。

今日のまとめ

ふぅん、別に難しいコトはやっていないね?

うん、彼らがやってるコトとはこの程度です。

  1. 新しい技術に乗り遅れないよう、古い技術はほどほどに。
  2. 早期適用者⇔その他多数の谷間(キャズム)に注目
  3. 1を知ったら、5ぐらいは掴む。

そう、「1次」で習ったセオリー通りにやれば、「2次」はそう難しくない。でもでも、セオリーに反することを始め出すと、ずいぶん難しくなるって聞いてるぞ。

※次回②キャストは、3/23(土)掲載予定です。

わかりやすさがマスト、具体的ならベスト
ワンクリックで国語力UPの実感を↓

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

サイト内検索

カテゴリー

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

-2次判断(競合)

PAGE TOP

© 2020 200%抜け駆けスタイル 診断士試験 Powered by AFFINGER5