2次判断(競合)

【検証都市伝説】最新診断士906人の合格スタイル

5,000人全員に合格チャンス。
~年906通りの合格スタイル~

出題傾向や採点基準を巧みに操り、特定のスクール・サークルが有利にならないよう狙い撃ち。当試験の出題側はなぜそこにこだわる?

理由は①合格者の多様化を通じ、②誰でも実力+工夫次第で合格できる試験にすることで、③独創・チャレンジ・受験者増を促し、④以て試験の質と格を高めるため。(75字)

ネットやSNSの世界でそんな都市伝説が根強いのは、試験に関するオープンデータに、誰が見ても不自然な作為の跡が散見されるから。すると受験側の最新の関心は、

どうやって合格するか(How)より、
出題側は誰を合格させたいか(Who)。

では12/25(火)の正式発表に先立ち、不自然な作為に関する都市伝説を検証します。

【検証都市伝説】最新診断士906人の合格スタイル

確度S:協会発表公式データそのもの
確度A:公式データを読み取って推定
確度B:正規分布などの一般原理で推定
確度C:ネットやSNSの噂

【確度S(事実)】申込平均年齢>>合格平均年齢

年代別合格者数(公式統計)からエイヤで平均年齢を試算する。

画像:2017/12/26 若い方が合格しやすいはどこまでホント?

申込者⇔合格者の平均年齢がこう離れる国家試験は、他にない気がします。一般に若い方ほどパスしやすいとされますが、50~60代で合格する方もいる。大いに参考にできそうです。

【確度A(事実+推測)】東京地区では遅く申し込むほど合格しやすい

H29~30は、受験番号後半の合格率が2割超えに。

データ:協会HP合格者番号をエクセルでカウント

東京地区のみのデータですが、H29以降は申込が遅い方の合格率が上がっています。この原因は諸説あって、

  • 立教大会場の小さな机は筆記に不向き。
  • 若番担当の採点者の虫の居所が悪かった。
  • 受験情報に敏い方はあえて申込を遅らせた。

理由を特定できる筈もありませんが、こう2年続くと、東京地区で早めに申し込むのは慎重にしたい所です。

【確度B(法則レベル)】5,000人に合格チャンス。2,500人が合格圏内。

正規分布に従うと、合格するには偏差値59。確実合格するには偏差値68。

)画像:当サイトオリジナル
開示スコア別順位、偏差値早見表

正規分布に基づく推計値(平均220、合格240点。受験者5,000人中上位20%1,000人合格モデル)

スコア 累計構成比 偏差値 順位
287 0.13% 80 7
284 0.19% 79 10
282 0.26% 78 13
280 0.35% 77 18
278 0.47% 76 24
276 0.62% 75 31
273 0.82% 74 41
271 1.07% 73 54
269 1.39% 72 70
267 1.79% 71 90
264 2.28% 70 114
262 2.87% 69 144
260 3.59% 68 180
258 4.46% 67 223
256 5.48% 66 274
253 6.68% 65 334
251 8.08% 64 404
249 9.68% 63 484
247 11.51% 62 576
244 13.57% 61 679
242 15.87% 60 794
240 18.41% 59 921
238 21.19% 58 1,060
236 24.20% 57 1,210
233 27.43% 56 1,372
231 30.85% 55 1,543
229 34.46% 54 1,723
227 38.21% 53 1,911
224 42.07% 52 2,104
222 46.02% 51 2,301
220 50.00% 50 2,500
グラフの読み方
  • 合格者1,000人モデルで、「確実合格者」を500→250人に減らす。
  • すると「確実合格」とは上位5%、スコア260、偏差値68以上に。
  • 合格240点±20点(220~259)では、採点基準次第で誰かが合格。
  • すると「採点基準の運次第」で、2,250÷3=750人が「抽選合格」。
  • 単純な20%くじ引きより受験者の上位半数→33%で合格の方が、信頼できそう。

採点サービスによる分析が進むと、どのスクールの採点基準でも太鼓判が押される確実合格者は上位250人どまり。そして240±20点の「紙一重」に位置する2,250人の1/3、750人が「たまたまくじ引き合格」に。そんな見方が強まっています。

でもそれは、最新診断士906名の合格価値を損なうものではありません。当試験は合格実力者1,500人(220~239点)をあえて落とすことで見かけ上の難易度を保つ。合格実力がないと、この「合格くじ引き」に加われないからです。

【確度C(デマレベル)】スクール通学者の合格率は2~3割

H30合格率は、少し気の利いたスクールで3割、その他スクールで2割とされる。

ネットやSNSが発展し、試験情報の非対称性の解消が進むと、「知ってる知らない」では勝ち抜けできない。効率的市場仮説の前提では「全員の合格率が2割に収斂」と言われていましたが、こんなに早く実現すると予想した方はいないでしょう。

診断士試験では、スクール・サークル・独学いずれを選んでも、合格率は2割に収斂して大差がない。

なぜそうなのかの噂を小耳に挟みますが、ここで書くより最新体験記で議論を尽くす方が、試験の発展に寄与しそうです。

今日のまとめ

なぜ合格したかわからない!?

ところが本人は謙遜のつもりか、お世話になったスクールをヨイショしたいのか。「なぜ合格したか・・」と口走る方がたまにいて、周囲から一斉に冷たい視線が。

違うよ。「2次」の合否とは、カットライン240点の前後±20点もあるだだっぴろいボーダーライン上の「紙一重」です。そして近年猫の目の様に毎年変わる採点基準のお眼鏡に適った。それは1事例なら「たまたま」かもでも、4事例通して上位1,000人に入るのは「必然」です。

だから、年906通りの最新合格スタイル認定に誇りを持って。そして出題側が最新診断士に期待するのは、「どうやって合格したか」の自慢ではなく、「これからどう活躍するか」の一択です。

わかりやすさがマスト、具体的ならベスト
ワンクリックで国語力UPの実感を↓

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

サイト内検索

カテゴリー

2020年11月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

-2次判断(競合)

PAGE TOP

© 2020 200%抜け駆けスタイル 診断士試験 Powered by AFFINGER5