【ラスト5週】主役交代~攻守所を変える

2018年2月24日

自分はどうやら合格実力。

あの夏の「1次」の戦いから6週間。「2次」まで残り5週のこの時期が、「2次」合格実力を実感する標準的「たまスト」ペース。

でもこの試験、「合格答案を書こう!」 マイ答案とにらめっこをしている内は、謎が深まる一方。そこで合格実力実感済の方も、そうでない方も。土曜の朝は気分一新、机から顔を上げ、周囲をグルリと見渡す。

この試験は、強者が安定的に勝つことを好まない。

だからちょっとした工夫や協力で、どの位置からでも逆転合格。徒競走でなくトラップ満載障害物競争だから、先頭集団を走る方はこの先要注意。

当試験に「絶対合格」ノウハウなど存在しない。10月本試験会場には新作トラップが4つあり、「その場の現場対応で」「独力で」乗り越えて始めて合格。後輩の応援なら大好きだけど、嫌な話は目を背け、フタしちゃえ?その姿勢は感心しないぞ。

さてこの試験、合格実力に一度届くと、周囲の景色が変わって見える。今日はそんな景色を4つ紹介し、ラスト5週に向けて視野を広げる。

景色1⃣ 日別 vs. 週別カウントダウン

本試験まで○日!⇔本試験まで○週の違いは明確。

本試験まで○日!タイプ
→既に合格実力にある受験経験者。今さら実力が伸びる訳ではなく、周囲にペースを乱されない様、本試験日を指折り数えてピーキング。
本試験まで○週 タイプ
→主に「たまスト」狙いの初学者。ゴールから逆算で勝負するには、週間単位の学習PDCAで計画的・段階的に実力UP。

 

どちらが良い、悪いでなく。自分と他人のペースの違いを意識する。

景色2⃣ ティーチング vs. コーチング

画像:株式会社 宙

ここはもう説明不要。「2次」筆記とは、教わった通りにやることがまず大事。でも出題傾向の突発変化=「現場対応力」を問う試験であり、教わった通りにやって合格するほど甘くない

ではどうするかの答えが、「自分で考える力を磨く」コーチング。診断士界で「コーチ」を名乗って良いのは一人しかいないけど、時代がそうなる流れは止められない。

景色3⃣ 最後まであきらめない!~もう考えられないGive up.

合格者ブログの「最後まであきらめない!」言及率予報

(前年)=約5割、(本年予想)=約7割

とある日の試験ブロガー先輩:
明日はブログ当番か・・。あぁ困った、ブログのネタがもうないや。そうだ! 「最後まであきらめない!」と書けばOK! ウソではないし、試験ブログの世界では、合格さえすりゃ、言い放題っ

受験経験者やスト生が、「2次」本番に備え合格実力調整を始めると、ネタに窮したブロガーから順に、「最後まであきらめない!」と絶叫開始。

最後まであきらめない!(精神論)←もう考えたくない?

さぁ、「最後まで・・!」と次にブログで絶叫するのは誰かな?仲間内で予想すると面白いぞ。

景色4⃣ 試験ブログの主役交代 ~攻守所を変える

試験ブログの主役は、11週の前半⇔後半で入れ替わる。

前半6週:ブログの書き手側から、合格者が知る情報を提供。
後半5週:ブログの読み手側が、情報を取捨選択。時に意見を発信。

「2次」筆記とは、出題側⇔受験側が鎬を削り毎年進化する試験。「昨年合格した自称先輩」の一挙一動に左右される様では、今年の合格など望み薄。

あなたはそう書くけど、実態や最新仮説はこうなのでは?

ブログの書き手が「教える」のでなく、逆に「教えてもらう」。当サイトへのご意見・情報提供お待ちしております。

今日のまとめ

「2次」本番まで、ラスト5週のカウントダウン。合格実力に一度届くと、これまで言われっ放しだった試験ブログの使い方が変わってくる。

before: アナタを応援してくれる自称先輩
after: 今年一緒に受けると8割落ちる仮想ライバル

平均的な受験者や合格者=確率2割で受かる方たちは何を考えているか? 計画的たまたま5割合格の戦いは、マイ答案とのにらめっこを卒業した先で始まる。

ポチっと押して「アイデアいただき」。
スッと爽やかにページが閉じます↓

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村