【抜け駆け合格】「2次」の合格目安~ グラフの異常は変化のサイン

2次判断(競合)

この2つのグラフ、何がヘン?

※グラフ:診断協会HP公式統計資料より当サイトが推定した申込・合格平均年齢の推移。もちろん詳細データでなく、30代→全員34.5歳と仮定した傾向値。

A:合格者平均年齢は、「2次」の方が一貫して低い。

今日の合格目安は、試験の合否にかかわる競争=数字の話。まず前提として、ビジネス実務でも試験でも、データがあればグラフ化し、ヘンな所がないかを探します。すると星の数ある合格仮説から、自分にとっての要不要を判断できます。

例えばね。

個人系「2次」スクールでよく見かけるこのセールストーク。

「2次」は「1次」より難しい試験!
それは「1次」合格者が確率5倍を争うから!
当スクールの合格率は20%以上!
だから今年はぜひウチにいらっしゃい!

このセールストーク、ウソでこそないけど、「!」乱打の時点で誇張強調。おやおや「2次」では、ヘンに主張誇張強調な解答をするから受からないのに。

「2次」が「1次」より「難しい」試験とは限らない。
でも「2次」の選抜基準は、「1次」と違うっぽい。
具体的には加齢・経験則に頼るほど不合格?

そう疑うセンスが欲しい。

良かった、ボクはまだ今年37歳。。

おっと、その数字の見方じゃまだ甘い。採点基準の後出し変化に味をしめた出題側、「H30は合格平均35歳未満を目指そう」。そんな鳩首協議をしてても不思議じゃないです。

「2次」合格の目安~ グラフの異常は変化のサイン

当試験では右を向けど左を向けど、「経験則、成功体験、固定観念を捨てなさい!」 そんな説教の大合唱ですが、でもそれちょっとおかしいぞ。

経験則の良い所は残し、ショートカットしないと80分では間に合わない。

「経験則を捨てよ!」  おなじみ「!」付きで絶叫する方が、よほど固定観念。ぶるぶる。そんな「思い込み」を避ける手段の一つが、データによる客観化です。

記事A:誰でも知ってるノウハウレベル

http://fuxin24.net/2016/09/06/post-734/
解説
昨年記事の古くなった点

  • 当記事は、科目難易度を恣意的に操作し、科目免除合格者不利=7科目同時受験へのシフトを促した、H28「1次」結果についての分析。
  • 出題側の工夫にかかわらず、「1次」申込数の増加は緩やか。
本質=変わらない点

  • 「1次」は、「2次」受験者を5,000人以内にする調整機能。
  • 従い、「1次」免除者数から、当年の難易度(合格数)は推定可。
  • 420点とは毎年変動。スト合格には最低450、できれば500点以上を狙う余裕が有利。

記事S:咄嗟の判断が合否を分けるセオリーレベル

http://fuxin24.net/2017/12/26/post-9389/
解説
昨年記事の古くなった点

  • 50代で若々しい発想の方もいれば、20代でお寒い奴もいる。単純な年齢=デモグラフィック基準で結論づけるのは早計。
  • 「2次」はくじ引き、合否はたまたま。でもそうでなく、確実に勝ちを取りに来る方もいる。
本質=変わらない点

  • 「2次」合格率は、加齢とともに右下がり。
  • 平均申込年齢の上昇に対し、出題側は「若返り策」を何かしら準備。
  • 加齢以外に、「合格しやすい年」「しにくい年」の差がある。

記事SS:いやそれホント?トンデモレベルの眉唾仮説

http://fuxin24.net/2018/02/10/post-10642/
解説
昨年記事の古くなった点

  • 昨年と同じコトやっても、そう勝てない。
  • 採点基準の変更=合格者層の入替により、今年の試験ブログの議論は大きく進化?
本質=変わらない点

  • 出題側は、望ましくない学習姿勢には、採点基準を変えて対抗。
  • 勉強会の年々進化。正しい組織学習は環境変化に有利。
  • 合格ノウハウを突き詰めると、全員の合格率が20%に収斂。
  • 解法セオリーの当てはめ力を磨くと、確率50%合格の目がある。

今日のまとめ

診断士「2次」対策といえば、とかく国語のスキルUPや80分の合格手順磨きと思われがち。

いえ違うよ。初学スト生⇔受験経験者を問わず、計画たまたま50%S合格以上の人たちは、多分こんなコトをやってます。

「1次」「2次」で学んだ企業経営・診断セオリーに基づき、
日頃のビジネスの意思決定でも複数選択肢を浮かべ、
競争相手の行動を意識し、自分に有利な1つを残す。

ふうん、診断士「2次」って面白そうじゃないか。そして5月完成答練期で「経営」「財務」「運営」セオリーを磨く時間を確保するため、いまの「情報」「法務」の暗記にも力が入る。

そう、試験対策の歯車は、一度上手く回り出すと1年そのまま上手に回る。実によく出来ています。

ポチっと押して「アイデアいただき」。
スッと爽やかにページが閉じます↓

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

    コメント