2次知識(自社)

少しオトナのボキャブラリー【飲み会スルー】

5日で5万円払って指導員の昔話を聞くのはハードルが高い

「飲み代、会社が払ってくれるってよ」
「酒はなくてもコミュニケーションは可能」
「結局はふだんのコミュニケーション!」
出典:NHK NEWS WEB "忘年会スルー"ってなに?

ネットやSNSで好き放題につながり、情報強者か弱者かで互いを格付けし合うのが当ギョーカイ。そこで5日も無駄に拘束されるのは、ハードルが高い。

アタリの指導員ならまだしも、今時マスターコースの勧誘ばかりに熱心なハズレもいやがる。

そうだよ。ネットワーク・チームワーク・コミュ力位は当たり前に鍛えてくる今の合格世代にとり、時にドンビリふぞ信者とチームを組まされる、実務補習はハードルが高い。

少しオトナのボキャブラリー【飲み会スルー】

1⃣実務補習の飲み会はやめとけ

まあ実務補習は協会へのお布施と割り切って、さっさと行ってこい。で、指導員がハズレだったら、みんなで飲み会スルーなっ。

それと、こんな話題はやめとけ。格付け社会=実務補習飲み会の定番質問
・試験は何回受けました?
・スコアは何点でした?
・どちらの会社にお勤めですか?
・出身大学は?
・キーワード派、まとめ派どちら?
あぁ、うぜえっ。実務補習飲み会のこれまでとこれから
共通の話題を欠くため試験の思い出話に花が咲くのが、「これまで」。
①キョーカイに入って先を急ぐか、②自分の好きなパラワークの道でじっくり稼ぎ始めるかを語るのが、「これから」です。

2⃣ボキャブラリー=語彙の力で試験ネタスルー

やむなく参加した飲み会で、ことあるごとに試験ネタに話を戻すのがふぞ信者。

それ以外話題が無いのと、ネルフに取材を命じられたから?足手まといでホントうぜえっ。

いやいや、情弱系のふぞ先輩は「全知識」範囲外のネタさえ振れば、嫌な顔して黙り込む。そこに使える語彙を紹介するよ。

①ギョーカイ用語辞典
③ロジカルとデジタル、それと語彙

④ゴールとエール:2020年はここが見どころ

今日のまとめ

明日から始まる実務補習。それは参加者の期待を超えるか、下回るのか。

地方はどんどん協会加入でいいけれど、東京では実務補習離れが加速し、キョーカイ加入率も右肩下がりへ
それはネットやSNSで情報ダダ漏れの時代に、5日で5万円払って指導員の昔話を聞くのはハードルが高いから。

っていうか、東京中央支部のヒヨコ喰いがひどいから?

こらこら。それでは2020年に何が始まるか。アタリの指導員とメンバーならいいけれど、ハズレとふぞ信者を掴まされるとがっかり。まず飲み会スルーが本格化します。

そこでハズレとふぞ信者をみんなの語彙の力で淘汰しよう。ネットやSNSの時代では、誰でも気軽に情報を発信できるのです。

わかりやすさがマスト、具体的ならベスト
ワンクリックで国語力UPの実感を↓

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

サイト内検索

カテゴリー

2020年8月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

-2次知識(自社)

© 2020 200%抜け駆けスタイル 診断士試験 Powered by AFFINGER5