【Sランク】明鏡止水+α

2次知識(自社)

明鏡止水

意 味: 一点の曇りもない鏡や静止している水のように、よこしまな心がなく明るく澄みきった心境を指す。
用 例: ただただ一切の思慮を捨ててしまって妄想や邪念が、霊智をくもらすことのないようにしておくばかりだ。すなわちいわゆる明鏡止水のように、心を磨き澄ましておくばかりだ。
(勝海舟『氷川清話』)出典:四字熟語データバンク

当試験の対策を突き詰めると、どうしても仏教的世界観に行き着くのは、以下の違いゆえ。
※ただし、「明鏡止水」そのものの出典は「荘子」。

キリスト教的世界観=神の教えを広める、すがる。
仏教的世界観=人として生まれ自ら悟りを開く。

それが、「経営指導」でなく「話の聞き役」たれ、とする診断士の本質に沿うから。でも仏教的世界観には「輪廻」があり、どこかで「解脱」しないとお布施を払い続ける羽目になる。

合格倍率5倍とは、甘からず辛からず巧妙に設定された黄金比。

ちぇ、そう簡単には「解脱」させてくれそうにない。やはり難しいや、この試験。

それでも最後は神頼み

日本人たる利点は、神にも仏にもすがれる無節操さ。

ところで「解脱」とは、その方が自然体で当たり前に合格しやすいだけで、必要条件ではない。日本には神教があり、丁寧に信仰すれば堅実リターン。その代表例が学問の神様=菅原道真公。

神様仏様○○様。「事例Ⅰ」が説く通り、中小企業の経営資源は有限。「ボクが信じる神様をあなたも信じなさい」ではなくって、

使えるモノは何でも使う。立ってる者は親でも使う。

お寺ばかりに通うと、お布施払って説教されて、コスパが良くない。逆に神社なら霊験あらたか、お参りすれば心が洗われ、試験にもプラス。本試験前日に時間あれば、近所の神社に足を運ぶのも○。たかぶる心のクールダウン効果は確約。

合格おみくじの引き方

明日はいよいよ最後の運試し。
 

「当試験の合否は運不運」。そう書くと顔を真っ赤に反論する方もいるけど、そうじゃなくって落ち着いて。

  • 合格定員1,000人弱に対し、合格実力者3,500人
  • 出題側から見れば、2,500人を不合格にする仕掛けが必要。
  • 今年の仕掛けを何にするかは、出題側門外不出の営業秘密。
    →本年の出題が誰に有利に動くかは運次第。

合否が運次第と悟って初めて、次の手が打てる。

管理可能な運不運
→4事例ポートフォリオ、特に「事例Ⅳ」の底固めでリスクヘッジ。
管理不能な運不運
→年ごとの合格率の波。本年の出題傾向。採点担当者の虫の居所。

そして、「採点者が読みやすいキレイな字で書く」など、「管理不能」を少しずつ「管理可能」に変えていくのが合格実力差。明日のおみくじ代17,200円はもう納付済だから、今日の神社では不要。

最後のまとめ

最後のまとめは神様仏様にこだわらず、毎年同じ定番表現。では、

Good Luck!

 

ポチっと押して「アイデアいただき」。
スッと爽やかにページが閉じます↓

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

    コメント