E法務

2/2ページ
  • 2017.05.25

【法務】覚えた所が出ない時の会社法

暗記しないと解けない。 でも覚えた所ほど、テストに出ない。 では一体どうすりゃいいの?でも当試験、ピンチがチャンス。試験=ゲームの前提に立つと、正解に近づくルートは用意され、誰かが通った跡がある。あとはそこにいつ気づくか。 やはりその答えは過去問回転(過去問INPUT)にある。でも「法務」の場合、 […]

  • 2017.05.22

【情報】【法務】暗記を苦にしない(5回シリーズ)

さぁ、暗記ゲームの始まりだ。 ゲームってなんだよ。月曜は忙しいんだよ。あっちいけよ。 いえいえ、悪ふざけでも冗談でもなく、「試験をゲーム化」するのは大事な差別化。 そこで今週は、「情報」「法務」の対策を通じ、彼らの暗記術に学ぶ。 今日のまとめ 完成答練期の様に時間に追われる時は、 既に知っていること […]

  • 2017.03.24

【法務】スピテキ斜め読み#7 独占禁止法他

不当競争防止法、独占禁止法、景品表示法の3つに関し、その立法の趣旨と規制対象の異同を述べつつ、今後の経済環境の中で期待される役割について、思う所を述べよ(300字)。 画像:appllio 診断士「法務」でそんな出題はない。また4択マークで2択に絞ればそこそこ当たるから、必要以上にガツガツ暗記せず、 […]

  • 2017.03.23

【法務】スピテキ斜め読み#6 著作権

産業財産権に守ってもらい、 著作権は侵さない。 過去問を解くと実感できますが、 産業財産権では、根掘り葉掘り登録要件や手続きを問われるが、 登録手続き不要の著作権は、いかに侵害しないかが問われる。 言われてみれば、特に著作権のケース問題では、 著作権を平気で侵しかねない顧問先のオトウサンを懸命に諫め […]

  • 2017.03.22

【法務】スピテキ斜め読み#5 産業財産権

王様と家来の物語。 「1次」7科目の受験校教室講義も、この産業財産権が最後のヤマ場。講師の説明にも力が入ります。 まず特許法を確実に理解、暗記しましょう。 実用新案法、意匠法、商標法は、特許法との違いを覚えましょう。 最後に問題集を解き、「まとめ表」を経て知識を増やせば合格点です。 そして「法務」の […]

  • 2017.03.21

【法務】スピテキ斜め読み#4 資本市場・倒産法制

資本市場の信頼を裏切ると? あの大手電機メーカーは何やらかしたのか。では来年は診断士たるわが身、以下4つの用語でそのやらっかしっぷりを80字で周囲に説明すると、 そうか、答案だけ粉飾して試験に合格しようとするから、当試験で何年も痛い目に?案外そんなものかと感じたら、今日は資本市場・倒産法制を斜め読み […]

  • 2017.03.16

【法務】スピテキ斜め読み#3 会社法(組織再編)

では会社を作ってみるか。 今もそうかは知らないけれど、受験校の「法務」講義2コマ目は、スピテキならP.92で一旦終わり。次回3コマ目は5⃣株式会社の設立からスタートした記憶が。 つまり§2会社法の学習を2コマに分けるなら、 前半 後半 会社の機関設計までを丸暗記 設立~組織再編をケース […]

  • 2017.03.15

【法務】スピテキ斜め読み#2 会社法(機関)

テストに暗記脳。 「経営法務」は暗記に始まる。すると中~高校生時代の記憶がふと蘇るものです。 クラスに1人くらい、ヤケに暗記に強い奴がいる。 でも大丈夫。学校教育と違い成人向けの資格試験とは、天賦の才を見出すのでなく、誰でも同じスキルになるべく工夫された教育ツールです。 スピテキなら、以下まとめ表を […]

  • 2017.03.14

【法務】スピテキ斜め読み#1 民法

過去問5年分の法則。 「法務」は「同じ論点は出ても、同じ問題は出ない」特徴があり、過去問の答えを覚える学習では通用しない。でも合格仮説をこんな感じに絞りこむと、 §1民法は、テキスト暗記より過去問を解き、そこから覚える。 と割り切ることができる。すると、「マーク試験はまず2択に絞れば、うろ覚えでもそ […]