H事例Ⅰ

1/2ページ
  • 2018.03.21

【ダブルストレート】マトリクスで単純化 ~事例Ⅰ

「2次」セオリー  整理するなら マトリクス。 (5・7・5) 昨年の合格者、つまりイマの最新現役診断士の中には、 「事例Ⅰ~Ⅲ」の70点は確実に取れると語る猛者がいて、 開示得点を教えてもらうと確かにその通り。 でもね、「確実に70点取るにはどうするの?」と聞くと、ニヤリ笑って教えてくれない。キィ […]

  • 2017.10.23

【事例Ⅰ】要求分類+解答根拠予想

(前)4,394×19%=842人 (予)4,548×22%=1,000人 今年H29の「2次」合格者数は、1,000人の大台超え?そう期待させるのが「数字の見せ方」。 合格率19%、842人合格 ←難関資格の印象 合格率22%、1,000人合格 ←門が広がった印象 誰もが認める通り、試験価値向上へ […]

  • 2017.10.11

【要求分類(Ⅰ)】H25~26難化年タネ明かし。

Q:「事例Ⅰ」はなぜ難しい? A:ヒトさえ絡めば、何でも出題できるため。 そしてヒトがいない無人企業は存在しないから。 企業の成長につれ、組織をどこか変える必要があり、 組織を放っておくと、硬直化・官僚化して成長しない。 つまり、あらゆる中小企業のどんな場面からでも作問できる。しかもH25・H26の […]

  • 2017.10.03

【要求分類(Ⅰ)】今年も出題傾向が変化しました?

今年の出題傾向は変化しました。 しかし題意を捉えれば対応できた問題です。 10月下旬。当試験名物「出題傾向の変化」に直面した受験校が毎年繰り返すのが、この敗戦の弁。 分類手法: 問題順より、マス目の順で捉える。 ※マス目順=解答用紙に並ぶ、30~160字のマス目のこと。「問題順」では(設問1)(2) […]

  • 2017.09.27

↑↑現場対応力↑↑ 事例Ⅰのトリセツ

A社長の話は、言語明瞭意味不明。 「2次」対策をするとき、まず最初に「事例Ⅰ」。多くの方がそう教わったはずで、それは基本的に正しい。 「事例Ⅰ」は「組織・人事」の前に、「企業戦略」の事例。 A社長の話は小難しく意味不明。そこを耐え忍んで傾聴力。 「事例Ⅰ」で鍛えた「企業戦略」力は、「Ⅱ~Ⅲ」に流用可 […]

  • 2017.09.11

【たまたまスト合格】効率的得点仮説~H28事例Ⅰ

たまたまスト合格、略して「たまスト」。 11週間の「2次」対策も、今日から折り返しの6週目。合格手応えを既に得た方もそうでない方も、知っておいて損しないのが、 ストレート合格=原則たまたま。 ・たまたま解きやすい問題だった。 ・たまたま採点者の機嫌が良かった。 ・たまたま「Ⅳ」の計算問題を当てた。 […]

  • 2017.09.05

【出題の趣旨】事例Ⅰの要求能力

提案は要らないからさ、 ウチの分析をよろしく頼むよ。 「事例Ⅰ」最大の特徴は、現状把握と分析能力を強く求め、診断士に提案など求めていないこと。つまりA社長は、 診断士に「相談」する気など毛頭なく、 予め自分の腹案を持ったうえで、 自分の考えの整理、または正しさを確認するため話をしている。 つまり、A […]

  • 2017.07.27

【5年前の2次】過去記事使って「事例Ⅰ」

事例Ⅰは明鏡止水 む、明鏡止水とは何のこと? ・来る10/22(日)の「2次」では鍛え上げた合格実力を携え、 ・心静かに相手の話に耳を傾け、 ・相手が答えさせたいことを、鏡に映すが如く答案用紙に書いてくる。 「自分はやるだけのことをやった」「後の合否は半々」。初学スト生の合格目安の一つが計画的たまた […]

  • 2017.03.26

【読み手が知りたい4事例】事例Ⅰの掴み方

ノウハウを読み聞かされる位なら、 知りたいことを先に訊く。 周囲が気づいてないことを、自ら見つけ実行してこそ、一発勝ち逃げスト合格。 千人千色のマイノウハウを聞き飽きたら、 知りたいことを積極質問するのはいかがでしょう? 10人に聞いて皆が同じことを答えるのが本質。てんで好き勝手なバラバラを主張する […]

  • 2016.10.26

【回答根拠予想】H28事例Ⅰ

なぜいちいち俺に指図する(怒)? 試験お疲れ様でした! 再現答案作りましたか? 体をしっかり休めましょう。 飽きてきたら読書はいかが? 口述対策ならボク達からオススメww 受験生をいつまでも子供扱い、そして「早くこちら側においでよ!」と手招きしたがる「合格者サークル」がなぜ胡散臭いかというと、自分達 […]

  • 2016.10.12

【採点者目線】受験校解答を採点Ⅰ

あぁ困った。準備万端、やることないや。 そんな時こそ稼ぎ時。合格させてと懇願してもスルリと逃げるが、「診断士たる資質」を安定回答で示せば、当試験は即合格。今から出題傾向変化や答案の出来ばかりを憂うより、 合格した前提で試験を眺め直すと、景色が変わる。 そこで今週の特集は、試験に合格済、あるいは採点者 […]

  • 2016.10.05

【写経やってみる】H26事例Ⅰ

上位3割:余計なことしやがって。 中位4割:まぁそんなものかな。 下位3割:何が起きているか、ポカン。 【写経やってみた】シリーズも今日から2周目。当シリーズの特徴は、 後講釈なら、誰でもできる。 つまり、ウンウン唸り自力で解くのでなく、Web上の模範解答や過去問題集の解説を見て、解答と問題本文の根 […]