H事例Ⅰ

NO IMAGE H事例Ⅰ

【背伸びをしない平均答案】ファブレス電子機器メーカーの技術を支える実力主義の人事制度

与件の表現を言い換えず、なるべくコピペ。 その時、「Ⅰ」「Ⅲ」は知識の裏付けをチラつかせ、「Ⅱ」は何食わぬ顔でダナドコすれば点が伸びる。最近の再現答案研究の成果を受け、どこまで知識とコピペで回答できるか。「背伸びをしない平均答案」を...
H事例Ⅰ

【備え+構え(Ⅰ)】覚えた知識は咄嗟に出ない

合格努力・実力が高い方ほど、変化球に空振り三振? 画像:Full-count 大谷翔平の空振り三振 何だコイツ、忙しい時に嫌なコト書くなよ。 いえ、違います。当試験の出題側は、特定のスクール・サークル・合格スタイルを贔屓...
H事例Ⅰ

【トラブル対応(Ⅰ)】最終150字マス目で頭が真っ白

【2019年合格目標】の方にお詫びとお知らせ10/1より通学クラスが本格開講し、もともと毎週末は「1次」対策記事を予定していました。しかし今年の「2次」対策は数日で激変する状態で、目が離せません。「1次」記事は10/22~週からスタートし...
H事例Ⅰ

【再現答案】HAKSの実行した手順~これだけいつも意識していれば解答もモレなくダブりなく~

再現と案作りは非常に大切。それもできるだけ早く。ではなぜそんな再現性が「高い」と自部産んで言えるだけの物が作れるのかはこんな取り組みを日ごろからしているから。 そこで、せっかくなので昨年の本試験での問題用紙のメモの内容と直後に行った...
H事例Ⅰ

【経験が邪魔をする(Ⅰ)】過去問で見覚えのある問題に出遭ったら

過去問と同じ問題がピタリ出題される可能性はどれ位? 30歳台をピークに、40、50と坂を転がり落ちる様に合格率が下がることで知られる当試験。あぁ、 経験則が邪魔をするんだね? はい、実務経験がモノを言う実際のビジネスと違...
H事例Ⅰ

HAKS流 2次試験ノート(事例Ⅰ)③

いよいよ事例Ⅰは最終編。 【大枠把握】 これは何かと申せば、与件本文の読み方みたいなものです。この中で重要なことだけ抜き出せば、、、 「ツキヤ」マークの最上級:「コアコン」マークと「成功体験」マー...
H事例Ⅰ

【2年目上級アドバンス(Ⅰ)】「出題の趣旨」で要求具体化

ここから競争スタートライン。まずは後ろを見ないで前を見る。 新米アルバイトによるマニュアル採点。そして「Very good!」「与件の根拠をよく見て」と、毒にも薬にもならない赤ペン添削で知られるTAC模試。これが終わると9月はいよい...
H事例Ⅰ

HAKS流 2次試験ノート(事例Ⅰ)②

さてさてまだまだ続けます、HAKS流ノートの解説 よく「こんなこまごまと書いて、大丈夫なのか?」と聞かれることがあるのですが、正直全く問題ないですね。巷の教科書に比べてたかだか「3~4ページ」の内容を覚えるだけ、しか...
H事例Ⅰ

HAKS流 2次試験ノート(事例Ⅰ)①

ノートはどんどん公開していきますよ 先日までの投稿では「時間軸を戻して」、国語力や1次知識にフォーカスを当てた記事を紹介しましたが、こちらの読者のみなさまは「そんな事はいいからお前の実戦での戦術を教えろ!」とお叱りを受けそうなので、...
H事例Ⅰ

【設問分析(Ⅰ)】設問文の国語を具体化

古典的な出版社やスクールの「中抜き」の始まり。 文章構造解析や解答フレームなど、フリー素材の提供はどこまで進むか? ここ数日の試験ブログの進化に、戸惑った方もいるのでは。 これって突然出てきたの? 違います。従来は古典的...
H事例Ⅰ

【事例Ⅰ】レイヤーで見る出題傾向

上級生はなぜ「事例Ⅰ」をスラスラ解けるの? 「1次」に対する不安が解消すると、「2次」への興味が湧いてきます。ところが「事例Ⅰ」を試しに解いて、疑問がこう浮かぶ↑。 でも「2年目上級生」にその手口を教えてもらうと、簡単です。 「事例Ⅰ」...
H事例Ⅰ

【抜け駆け合格】マトリクスで単純化 ~事例Ⅰ

「2次」セオリー  整理するなら マトリクス。 (5・7・5) 昨年の合格者、つまりイマの最新現役診断士の中には、 「事例Ⅰ~Ⅲ」の70点は確実に取れると語る猛者がいて、 開示得点を教えてもらうと確かにその通...