2次判断(競合)

【抜け駆け合格】「2次」の合格目安~ グラフの異常は変化のサイン

2018/6/29  

この2つのグラフ、何がヘン? ※グラフ:診断協会HP公式統計資料より当サイトが推定した申込・合格平均年齢の推移。もちろん詳細データでなく、30代→全員34.5歳と仮定した傾向値。 A:合格者平均年齢は ...

【抜け駆け合格】「2次」筆記の競争セオリー(Competitor)

2018/6/29  

「2次」は確率20%のくじ引き競争。 従い3C、5フォース位は当たり前。 Q:ねぇ、知識記述型の試験なのに、なぜ確率20%のくじ引きになるの? A:第一に、解答技術研究が進み、「書く力」では点差がつか ...

【現場対応】磨け、ミライの予想力~「2次」編

2018/3/1  

「2次」のミライ予想は難しい。 その難しさを「経済学」で説明するのが、診断士。 「1次」は完全競争 「2次」は不完全競争 →年20,000人が申込み、自分の行動は試験難易度に影響しない。 →参加者を絞 ...

【都市伝説再び?】広島で受けると合格しやすい

2018/6/11  

H29「2次」は東京地区の合格率が顕著に低い。 そんな噂を聞きつけたので、グラフにしました。 おい、東京地区の合格率がヤケに低いぞ? 診断士「2次」といえば、合格所要平均2.54年の準備をし、年1回の ...

【828人合格】合格年齢分析~「若い方が合格しやすい」はどこまでホント?

2018/2/24  

受験者平均41.6 、合格者平均38.2歳。 前年比△0.9歳の若返り。 ※公式統計資料に基づく当サイト推計。 診断士「2次」の難関を突破された828名の皆様、この度の合格大変おめでとうございます。今 ...

【コラム】「2次」D判定の原因とこれから

2018/2/24  

H29「事例〇」が、なんとD判定。 「2次」A~D公式フィードバックや得点開示が進むにつれ、受験校講師にはそんな報告が届くそう。そして、 「2次」筆記の合否は努力・実力順には決まらない。 その有力根拠 ...

【分析速報】830人だけが勝者なの?

2018/2/24  

(前)4,394×19%=842人 (予)4,548×26%=1,200人 (実)4,453×19%=830人 統計データ:合格者数/合格率推移を更新しました。 830名の皆様、この度の合格大変おめで ...

【合格者数予想+行動】1,200人、26.4%合格説

2018/2/24  

事例Ⅰ:問5を書くには時間が足りない。 事例Ⅱ:文章量や根拠がやたらと多い。 事例Ⅲ:問1⇔2の切り分けが至難。 事例Ⅳ:計算結果で点がバラつく。 「今年の2次は難しい」、そう印象を持った方が多いそう ...

【諦観】ていかん。あきらめる=あきらかに見るとは。

2018/3/26  

そういえば、「2次」はくじ引き。 「2次」の基本設計は、確率20%のくじ引き。だから原則全員に合格チャンスがある。でも「2次」=くじ引きなんて書くのは当サイト位。それでも正面切って文句がつかない根拠は ...

【2次合格者数予想】4,548×22%=1,000人 (続報)

2018/2/24  

(前)4,394×19%=842人 (予)4,548×22%=1,000人 Q:なぜこんな予想をするのか? A:今年の難易度を見積もるため。 「1次」合格者数が発表されると、経験則から「2次」受験者数 ...

【2次合格者数予想(下方修正)】4,548×22%=1,000人

2018/2/24  

(前)4,394×19%=842人 (予)4,548×22%=1,000人 H29診断士「1次」試験合格の3,106人の皆様、この度の合格おめでとうございます。 口さがない試験ブログにかかると、時に「 ...

【2次合格】4,800人×25%=1,200人合格説

2018/2/24  

H28(前):4,539×19%=842名 H29(予):4,800×25%=1,200名 同じ試験が1年違うと、合格率がそんなに変わっていいの?答えはOK、その理由は別として実績だってちゃんとある。 ...

Copyright© 200%抜け駆けスタイル 診断士試験 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.