2次判断(競合)

4/5ページ
  • 2017.05.29

【予告ぶっこみ】くじ引き試験に備えて(2次)

「2次」はくじ引き。 昨年まで憚られたこんなことを堂々と書き、議論を交わせる時代。その変化をもたらしたのも、やはり得点開示。 70点を安定して取る答案の書き方が見つかり、 ほぼ全ての受験者が、上下にブレずその「人並み答案」を狙う。 すると順調⇔遅れ気味を問わず合格でき、やり方が多様化する。 この話の […]

  • 2017.04.10

【2次の闇】誰が受かり、誰が落ちたか

この試験の勝ち方は1つではない 今年の「2次」受験生、特に初学スト生はラッキー。 2016年度合格者数の800人台への絞り込み。 経産省方針たる副業解禁を見据え、診断士受験者増の見込み。 「2次」受験者5,000人確保のため2017年「1次」は確実に易化。 「1次」通過者が予想外に増えると、倍率5倍 […]

  • 2017.03.20

【読み手が知りたい3連投(下)】不合格になる理由

「2次」不合格の理由は なんでしょう? 春爛漫から新緑の頃にかけ、各地で合格者セミナーが催され、合格談義の花が咲く。そこで優しそうな顔つきの方を選び、こっそりこう聞いてみる。 不合格理由モデル マクロ3要因 不合格理由をマクロにみると、実力ランクに応じて3要因。 ミクロ要因 今日のまとめ 「2次」試 […]

  • 2017.03.19

【読み手が知りたい3連投(中)】初学スト生の「2次」対策

想定外を口外する老害 最近巷で噂の就活老害とは、 まだ新社会人、20代の若さでありながら、 本人は良かれと思いWebで提供した情報が、 それもう古くて間違ってなくね?と叩かれる。 つまり、 古い情報を流す方も問題ながら、 虚偽入り混じるネット情報が鵜呑みにされる時代が来たかとヒヤヒヤ。 そしてあらぬ […]

  • 2017.03.01

【週の真ん中水曜日】読み手が知りたい勝手にベスト3

真面目と思えば悪だくみ、 時にどっきりとぶっこみ。 注:実物とは全く異なります。 実は2~3人で手分けして書いているのでは?と思わせるほど、曜日によるキャラが違うのが当サイト。週の真ん中水曜は、仕事と学びを一山越えて、週後半に向け思いを新たに。いわば心のカジュアルデー。 そして今日3/1は、標準的な […]

  • 2017.01.05

【グラフ速報】合格者若返りは成功したのか?

合格者の若返りは進んでいない。 本日の合格発表を受け、見事難関を突破された842名の方々、この度の合格おめでとうございます。当試験は「企業経営に助言できる能力」の国家認定であり、この難関突破は誇れるものです。 でもね。 合格感想文やブログで今後何を書くのも自由なのだけど、 ・自分の合格体験をやたら自 […]

  • 2016.12.10

【臨時特集】合格者数の予想と実際~842人以外は敗者なの?

(予)受験4,500×19%=855 (実)受験4,539×19%=842 診断協会が、素人ブログの合格者数予想から逃げも隠れもせず、ピタリ人数を合格させるのは。 マーケ巧者の診断協会としては、泡沫ブログの予想など一顧だにする価値なし。 いや意外といい仮説出してるから、その勢いでノウハウ合格者を排除 […]

  • 2016.12.03

【炎上確実】「2次」の年2回化

受験4,600人中、3,000人超が合格手応え。 うち2,000人超が、合格手応えで不合格。 来る12/9(金)は「2次筆記」合格発表。合格1,000人にちやほや皆が群がり、「合格手応えなのに不合格」2,000人の敗者に誰も声掛けない。 でもそれはちょっとどうかな? 試験の改善案を考えます。 1&# […]

  • 2016.10.30

【合否判定目安】やるだけやって、合否半々50%

虚心坦懐、事例に学ぶ。 週末の試験分析会に出席し、「もしかして自分は合格?」と感じるきっかけは、「マイアイデアをマス目に書き上げた」より、「事例に何を学んだか」。 事例Ⅰ: 市場縮小の危機を、組織改組・組織学習で乗り切る。 事例Ⅱ: 市場縮小の危機を、新チャネルや販促、つまりSTPで乗り切る。 事例 […]

  • 2016.10.29

【終戦NO SIDE】戦い終えて日が暮れて

自分として納得の出来栄え。 あれだけ盛り上がったブログの舌戦も、受験校が解答を発表、試験分析会を開き、「合否手応え」の覚悟が決まると、瞬く間に終戦。ここで明暗分けるのは、合否そのものより、「自らの手応え」。 パターンA:納得いかない。本領発揮なら合格したはず。 パターンB:やるだけのことはやった。 […]

1 4 5