【新年度】新人診断士のプロフィール

【新年度】新人診断士のプロフィール

クリック(応援)お願いします。 にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ にほんブログ村


「2次」採点がギャンブルならば、
「事例Ⅳ」はルーレット。

そのココロは「何が出るかわからない」。

そんな余談はさておき、2月といえば診断士業界の新年度。実務補習が始まり、これまでの「受験生」「合格者」が、「現役診断士」としてスタートを切る第一歩です。

では区切りとして、最新現役診断士の方々が当試験にどう立ち向かったか。こちらの最新合格体験記20名分のデータで眺めてみましょう。

【新年度】新人診断士のプロフィール

1⃣学習時間  n=16  ※「2次」1回の方
中央値 平均値
「1次」学習時間 785h 746h
「2次」学習時間 245h 323h
「2次」受験回数  — 1.26回
2⃣学習スタイル  n=20人全員
学習スタイル 通学 9 通信 8 独学 3
勉強会 ○採用 11 ×不採用 9 採用率 55%
ふぞろい ○採用 19 × 不採用 1 採用率 95%
3⃣合格×知識スタイル
合格理由 解明 6 判明 8 不明 6
知識・知見 知見 9 知識 11

1⃣学習時間

「1次」学習時間は785h。長時間⇔短時間に二極化。

サンプルが16名と少ないのですが、従来型の「1次」=800h、「2次」=200hと丸く捉えると、スト合格の実態とかけ離れがちです。そこで通学⇔通信⇔独学に分けて学習時間を調べると、こう。

「1次」学習時間 「2次」学習時間
単位:h n=16 中央値 平均値 中央値 平均値
通学 8人 975 946 400 455
通信 5人 400 465 150 188
独学 3人 640 680 200 193
16人 785 746 245 323
通学スト合格者
→中央値で975h、多い方で1,200h学習。いわゆる「勉強好き」のパターン。
通信スト合格者
→MBA取得、コンサル会社勤務など、もともと学習素養があるパターン。「格安型通信」で知識を体系化し、猛スピードで合格する方も。

「1次」が問うのは7科目もの知識暗記。そのため、スタートラインの違いで合格所要時間は異なります。

「2次」学習時間は245h。一般に言われるよりやや多め。
全体の中央値245hに対し、通学400h⇔通信150hと差が出ました。さて初学スト生で「2次」対策400hも? 一体どうやったのか、実際の体験記を見ておくのが良さそうです。

2⃣学習スタイル

学習スタイル
独学が意外に少なく(3名)、むしろ通信を上手に使った印象です(5名)。通学(8名)では、「1次」はTAC、「2次」はMMCに支持が集まりました。
勉強会実施率、ふぞろい使用率
ここは複数年合格者を含む計20名で見ていきます。

勉強会実施率
→55%に達します。講師主催、自主実施、市中の勉強会に参加とスタイルは様々ですが、当試験の題意の一つ「組織学習」の活用は十分と言えます。
ふぞろい使用率
→95%!勉強会参加時の採点基準であり、やはり「マスト」でしょう。使わなかった1名の方がどう勉強したか。むしろそちらが気になります(汗)。

3⃣合格×知識スタイル

合格理由:解明6⇔判明8⇔不明6
当サイト独自の視点で、体験記での「合格時の印象」を3つに分けました。

解明(6名):
合否基準の仮定や、不合格理由を探り、安全回答を安定的に作る。
判明(8名):
一般的な合格実力をクリア。自分のベストを尽くして、合否半々。
不明(4名):
なぜ合格できたか、半信半疑。再現答案未作成、または自信なし。

「解明」に届くのは、複数年受験の方が主です。ただ、初学スト生でこの域に届く方が出始めていることに注目です。

知識スタイル:知見9⇔知識11
当サイト独自の視点で、「1次」知識の活用スタイルを2つに分けました。

知見(9名):
コンサル会社勤務、MBA経験など、日常ビジネスでの「1次」知識活用が身についているスタイルです。
知識(11名):
こちらは、試験学習を通じ「知識」を身に着けたスタイルです。

先日の【学び方改革】記事で提案された通り、「1次」知識を単なるお勉強でなく、日常ビジネスで使いこなす「知見」型。イマからの初学スト合格はこちらが主流、それが当サイトの見立てです。

参考:【2018年合格目標】参考にしたい体験記

年828通りがマイベスト。その前提がある以上、体験記の優劣比較は無意味です。ただ数が多いだけに、「平均的なスタイル」と違う所をあえて探して拾い読み。より幅広な情報を素早く掴む狙いで、数点ご紹介(引用)いたします。

①「2次」複数回受験 ~むしろこちらが一般的

自分と「合格」の間に何が足りない?そこを決めれば手段が見つかる。

【合格体験記】合格レベルとの差をチェックし続けて悲願の合格! zenzenさん

②試験慣れ~長時間の学習を苦にせず没頭

宅建はじめ資格を総舐め。暗記試験の学習法は他資格でも通用します。

【合格体験記】「短期記憶を長期記憶に」で不得意科目をなくす!”だいまつさん”

③超スピード合格

超スピード合格体験記のメリットは、「この人はすごい!」でなく、「合格に必要な本質」がコンパクトに示されること。「超短時間の中で、周囲と同じ何をやったか」。そこが試験の本質です。

【合格体験記】超超超短時間で見事一発ストレート合格! あとれゆさん

【合格体験記】千里の道も一歩から!MBAホルダー”たかじんさん”

新人診断士のプロフィールまとめ

診断士デビューの名刺代わりに。合格体験記は超便利。

「あぁ、オレのことなら、ここ見てよ」。それで自己紹介の手間を省く、それがイマ時の現役診断士を名乗るスピード感でしょう。そしてね、今日は最後にクイズを1つ。

Q:診断士試験は、なぜ年々進化・難化するの?

その答えも一発合格道場合格体験記に書いてある。つまり前年体験記を熟読し、「そこに自分オリジナルの工夫を重ねた」順に到達するのがスト合格です。

すると受験側の成長を睨み、出題側も進化して手荒く歓迎。そうか、だから年々難化するのか。

ポチっと押して「アイデアいただき」。
スッと爽やかにページが閉じます↓

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

    1次Plan:学習計画カテゴリの最新記事