【運営】スピテキ斜め読み #6店舗

【運営】スピテキ斜め読み #6店舗

クリック(応援)お願いします。 にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ にほんブログ村


法律系ランダム問題は捨て論点。
片やSCは一般常識クイズ。
店舗施設だけは面白い。

「運営」スピテキ斜め読みも、今日から後半の「店舗・販売管理」に。ところで診断士対策も3科目目となると、だんだんコツが掴めてくるもので。

法律系3兄弟は意地悪クイズ。
「経営」→労働関連法規
「財務」→企業会計原則
「運営」→店舗施設に関する法律知識

いわゆる「法律問題」は重箱の隅をつつきやすい。そして診断士「1次」は特定科目の荒稼ぎを防ぐため、原則20点は誰も解けない意地悪クイズにし実質80点満点で出題される。ココ、早めに知っておくと便利です。

ところが良く出来たもので。意地悪クイズと知りながら、

  1. 過去問を予習替わりに先に解き、
  2. 次にテキストを読むと、
  3. クイズ形式で法律の大枠をスラスラ覚える。

過去問で問われる、細かい数字や統計などどうでも良くて。それなりにテスト勉強すると、まちづくり三法の制定意図がふんわりわかる。そして店舗施設の易問ABランクだけはしっかり得点。この章はそんな感じに駆け抜ける。

「運営」#6 店舗・商業集積

重要問題

スピテキ斜め読み~重要度ミシュラン

スピテキ各論点は、重要度S~Cを頭に振って、内容を読み進む。

S論点:
最初に暗記、次いで理解しておく最重要論点。「1次」で毎年問われ、「2次」では自分なりの理解で使いこなす。スト合格狙い時の「知識の差別化」実現ツール。
A論点:
必ず暗記しておく重要論点。「1次」で毎年問われるが、「2次」では問われない、または一般常識で対応すれば良く、講義で教わる通りの理解でOK。
B論点:
余裕があれば暗記しておく出題領域。昔よく問われたが最近の出題トレンドから外れたもの、またはS~Aランクのサブ論点。時間的に理解するのは非効率で、先送り直前丸暗記でOK。
C論点:
C論点とは、過去出題があったため営業上収録された知識。追い掛けたらキリがないので、過去問の答えだけ読んでおく。

 

このS~C分類は診断士講座に限らず、多くの資格講座、スクールで使われる手法です。

スピテキ重要度S~Cランク表はこちら

S論点 頻出+理解=2次論点 ★ココが重要★

該当なし

A論点~頻出+暗記

1店舗施設の機能
1訴求機能(知らしめる)
2誘導機能(入らせる・回らせる)
3演出機能(魅せる)
4選択機能(喜ばせる)
5購入促進機能(買わせる)
6情報発信機能(伝える)

  • 第2章「店舗施設」の知識に戻る。ここが出題されることは最近ないが、基本知識として理解暗記。

1店舗構成
1外装
(1)ファサード
(2)パラペット
(3)看板

  • この辺りからいよいよテンポ良く。次の「2店頭」はBにしたが、ファサード、パラペットあたりは初見用語なのでイラスト使って確実暗記。

2売場レイアウト
1売場レイアウトの基本
(1)客導線を長くする
(2)販売効率の向上
(3)売場生産性の向上
2レイアウト上の考慮点
(1)商品のグルーピング
(2)販売方法

  • そういえば実際のスーパーマーケットでそんな感じだったな・・と暗記するまでなく納得。

3什器
3陳列の留意点
(1)有効陳列範囲
(2)ゴールデーンゾーン
(3)フェイシング管理

  • この3つの用語は、単に客として売場を見ても気づかぬ、「売り手の心理」。過去問出題もあるので、確実に納得。
B論点~暗記

1まちづくり三法
1まちづくり三法とは
(1)まちづくり三法とは
(2)まちづくり三法の背景と展開

  • 今日の#6店舗・商業集積の知識は、「2次」で問われない=使いこなす必要がないから、理解でなく暗記しておけばよいBランク以下。まちづくり三法と言われたら、なんとなく知っていた知識を講師の説明で体系化。

2大規模小売店舗立地法
1大店立地法の目的
2大店法と大店立地法の比較
3大店立地法の対象
4店舗面積
(1)店舗面積に含まれる部分
(2)店舗面積に含まれない部分
5大規模小売店舗を設置する者が配慮すべき基本的な事項

  • 大店立地法も同様。過去問解いてひっかけパターンを覚える。そこが暗記ポイント。

3中心市街地活性化法
1中心市街地活性化法の目的
2中心市街地活性化法の要点
3中心市街地活性化法のスキーム
4平成26年度の改正の主な内容

  • 中心市街地活性化法も同様。以下同文。

1商圏分析
1商圏の分類
2商圏分析
(1)ライリーの法則
(2)ライリー&コンバースの法則
(3)コンバースの法則
(4)ハフモデル

  • 商圏分析は、古き良き古典知識。個人的には面白く好きな論点ながら、最近まず出題なし。

1ショッピングセンター(SC)
1SCの構成要素
2SCの形態
3SCの事業特性
4賃料の徴収形態
2共同店舗
1共同店舗の開発および運営上の留意事項

  • 商圏分析と逆に、SC・共同店舗は最近の実勢を踏まえた出題。特に何か対策するほどのものはなく、一般常識レベル。

2店頭
(1)出入口
(2)ショーウィンドウ
(3)開放度と開放感(透視度)
3什器
1陳列棚・陳列台
(1)ゴンドラ
(2)ひな段型陳列台
2ショーウィンドウ
(1)オープン型
(2)ボックス型
3ステージ
(1)置きステージ
(2)アイランド・ステージ
4ショーケース
(1)クローズドケース
(2)オープンケース
(3)リーチインケース
(4)ウォークインケース

  • まとめてB。このBランクとは、予め知ってる、または教わればすぐ解る用語ばかりだから、素直に暗記。

4商品陳列
1陳列の分類
(1)補充型陳列
(2)展示型陳列
2その他の陳列手法
(1)エンド陳列
(2)ジャンブル陳列
(3)島出し陳列
(4)平面陳列
(5)ステージ陳列
(6)ゴンドラ陳列
(7)カットケース陳列
(8)フック陳列
(9)ボックス陳列
(10)レジ前陳列

  • 陳列方法あれこれまとめてB。覚え方として、メモを片手にスーパーや外資系大型家具店に家族で出かけ、「あれはステージ」「これはカットケース」と他人に教える。家族に嫌がられない程度に。

1照明
1照明の役割
2照明の基本的用語(単位)
4光源
5色温度
2色彩
1色の3要素
(1)色相
(2)明度
(3)彩度
2色相関
3色相の同化と対比

  • 過去の頻出論点ながら、最近はたまに出る程度。最悪でても1~2マーク=捨て論点でも良いが、このあたりの教養を磨くセンスも大事。
C論点~おまけ

4都市計画法
1都市計画法の目的
2都市計画区域の構成
3用途地域の種類
4都市計画法の要点
(1)大規模集客施設に係る立地規制
(2)公共公益施設の開発許可制度

  • 一般常識。こういう論点を暗記し過ぎないように。

5建築基準法
1法の目的
2建築基準法および建築基準法施行令の用語の定義

  • 建築基準法の細かい数値の問題は、①余程簡単 ②得点させない意地悪問題 のいずれか。そう思って過去問を眺めると、「出題者の意図」が読めてくる。

3照明方法
(1)直接照明
(2)半直接照明
(3)半間接照明
(4)間接照明
(5)全般拡散照明
(6)その他の方法
6照明器具
(1)ダウンライト
(2)スポットライト
(3)シーリングライト
(4)ブラケット
(5)シャンデリア
(6)ペンダントライト
7照明手法
(1)ベース照明
(2)重点照明
(3)装飾照明
(4)店内の照度配分
(5)照明の当て方の留意点

  • 出ない。出ても一般常識で当たるサービス問題。

3その他のマーチャンダイジングに関する用語
(1)VMD
(2)ライフスタイル・マーチャンダイジング
2LSP

  • 出ない。過去問5年内に出題があったためのテキスト収録と思われるが、2次で問われない「斜め読み」論点で、そこを調べる時間はかけない。

今日のまとめ

TACスピテキでは、店舗施設=ハード、MD=ソフト。

ところがこの「店舗施設」、昔より出題頻度が下がってしまって。1次試験案内課試験科目設置の意図と内容の通り、「店舗」として一括りでOK。でもね。

店舗施設は、診断士7科目中で最も華やか。

だってお店の話です。いつもウンウンしかめっ面よりではお客は寄らず、ライトアップや陳列の工夫で華やかに。理解は不要、答えが当たればOK。今日は軽やかに駆け抜けます。

「見てやったよ」「次はもっと頑張れよ」。
気軽なポチがイノベーションに↓

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

    D運営カテゴリの最新記事