【やらかし「事例Ⅳ」上】解き方で覚えてしまう(取替投資)

NO IMAGE
今日から3日間、朝5:00には「2次」スト合格に向けた【やらかし「事例Ⅳ」】シリーズが続きます。
標準的な学習ペースの方、また週末の養成答練準備用には、この後7:00に【取る順「財務」】シリーズが続きます。どうぞご安心ください。

 

初学者は「事例Ⅳ」で稼ぐのでちゅ!

今週末の「2次」合格発表が終わると、そんな「喜びの声」がネットに溢れることがありますが。

うん、それ間違ってるから。

「Ⅳ」高得点狙いの成功例+失敗例
  • スト合格率=一般に4~5%。
  • 30万円払うTAC通学でも100人中6~8人。
  • 挑戦初年度は、100人中92~96人が落ちる試験。
  • 会計士や税理士科目合格者など、会計系受験者も少なくない中、わずか1年で知識ゼロから「Ⅳ」高得点まで駆け上がる確率は何%?

とはいえ「財務」ノー勉から、「Ⅳ」荒稼ぎまで駆け上がるラッキーパーソンは実在。そして自分もそこを狙う?

その覚悟を決めるため、「事例Ⅳ」高得点狙いのリスク=やらかし例を3日シリーズで紹介しますね。

やらかし「事例Ⅳ」3回シリーズ
上:解き方ばかり覚えてしまう(例:取替投資)
・理論・体系・順序はすっ飛ばし。
・ひたすら過去問を使い、解き方を覚える。
中:まぜまぜCFにご用心
下:公式で覚えてしまう(例:FCFの公式)

1⃣取替投資のツボ+ドツボ。 H29「Ⅳ」第3問は超難問

「事例Ⅳ」最大のやらかしとは、解き方ばかり覚えてしまう。
理論・体系・順序をすっ飛ばし、問題集を買い求めては、ひたすら解き方を覚える。

最近、そんな奴が多いな。

出題側がそう気づくと、「取替投資」の様な超難問の出題が。ではそのツボとドツボを紹介します。

取替投資のツボ
  1. NPVの基本パターン ★ここが基本
  2. 差額原価、差額CFの考え方 ★★診断士では難
  3. 旧機械処分の取り扱い ★★★H29 第3問は超難問

参考:ネットで探せる最も詳しい解説はこちら。当サイトの解説(エクセルノート)はこちら

取替投資のドツボ (やらかしパターン)

2. 差額原価、差額CFは苦手にしやすい論点。
3. 旧機械処分の扱い H29第3問は受験校も手こずる難度。
1. 難論点に気を取られ、解き方を覚えることに夢中。
1-2. その結果、NPVの基本パターンさえ迷路の中に。

解き方を覚える学習を避ける ~「Ⅳ」問題集の選び方

早期「Ⅳ」対策として、当サイトが安心して紹介できる問題集。

「事例Ⅳ」の参考書、問題集は以下2つのパターンが。

①「Ⅳ」過去問の尻を追いかけ、その解き方を教える「ノウハウ系」
②アカウンティング本来の体系・順序に則る「簿記系」

自分の好みで構いませんが。決して安くはないので、当3回シリーズが問題集選びの参考になれば幸いです。

入門編Bランク 標準編Aランク 上級編Sランク
簿記未修者向け 簿記3級以上なら 簿記2級以上なら
スッキリわかるシリーズ、人気+安心して紹介できる理由

書店に今行くと、この「スッキリわかる」シリーズには、「年間売上No.1」の帯がついています。この「テキスト+問題集」型の人気の理由は、「論点別に分かれ、持ち運びに便利」なのですが。

それよりもCVPにNPVと、「Ⅳ」対策に使う論点だけ購入できる。診断士受験者にとって、実にありがたいシリーズなのです。

【一目でわかる】「事例Ⅳ」はここが出る+スッキリ1級エクセル10問分

今日のまとめ

知ってる問題は解けるけど、初見問題にからっきし。

診断士に合格するためなら、3~4年かけて良い。そのタイプの方は、「過去問の解き方を覚える」スタイルは有効です。3~4年に1回なら知ってる問題が出る年もあるでしょう。

いや、それはちょっと嫌だな。

そんな方はぜひ、明日、明後日の(中)(下)もご覧ください。

ポチっと押して「アイデアいただき」。
スッと爽やかにページが閉じます↓

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

    K事例Ⅳカテゴリの最新記事