【2018年合格目標】組織論~「学ぶ」ことの面白さ

【2018年合格目標】組織論~「学ぶ」ことの面白さ

クリック(応援)お願いします。 にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ にほんブログ村


向学心~「学ぶ」ことの面白さ?

「企業経営理論」も、講義の4コマ目「組織論」に入ると。あれだけ盛り上がっていた教室の雰囲気が暗転するのにびっくり。

  • あまり面白い勉強領域ではない。
  • というか、知らない用語や外人顔の暗記だらけ。
  • あぁもういいや、早く覚えて次のマーケに行こう。

いえいえ、そうじゃなく。組織構造論/行動論、率直に言って面白くないです。

だってソレをいくらやっても儲からないし、
会社で組織や人事施策の話をしても、誰も乗ってこない。

ところが企業は社長ひとりでは動かせない。

企業経営者とは、部下をおだて、ヤル気を出させないと、自分の会社が儲からない。

ついでに「組織や人事の話が好きな中小企業経営者」など稀で、誰かに相談し丸投げできれば正直ハッピー。

そこで組織構造/行動に関して、企業経営者の代わりをしたり相談相手になるのが診断士。普通の方が「メンドクサイ」「ツマラナイ」と感じる組織論を、「向学心ついでに楽しんでしまう」タイプ。これが当試験に合格しやすい。

では「組織論」を書き手はどう楽しんでいるか。ここを見ていきます。

#4 組織構造論

構造論の過去問には、「資源依存モデル」を筆頭に悪問が多い。「事例Ⅰ」にイラナイ悪問は無視し、 基本知識を先に押さえる。

【過去問先生】問題リード文に学ぶ組織構造論

【経営】過去問タテ解き #4組織構造論

#5 組織行動論

行動論は外人顔の暗記が大変。でも組織変革→リーダーが要る→従業員を動機付けと逆引きすると、すんなり理解。

【過去問先生】問題リード文に学ぶ組織行動論

【経営】過去問タテ解き#5 組織行動論

#6 人的資源管理

ここは一般常識。ポケテキレベル以外は鉛筆転がしで十分。

【経営】過去問タテ解き#6 人的資源管理

今日のまとめ

試験ブログを見渡すとわかるのですが。

組織論(構造/行動論)に関する記事は暗記モノだらけ。
内容に踏み込む真摯な記事はまず見かけない。

それはね。当試験の合格者レベルでも、本音では組織論がキライ/ニガテだから。そこでここを「向学心ついでに楽しんでしまう」。これで当試験の合格所要年数がずいぶん違うと知って、驚きました?

クリック(応援)お願いします。

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

    C経営カテゴリの最新記事