【Ⅳ速報2】計算が当たらなくても合格点

【Ⅳ速報2】計算が当たらなくても合格点

計算が 当たらなくても 合格点

H29「事例Ⅳ」は難しい。昨日、再現答案や簡易自己採点をし、「事例Ⅳ」計算問題のワケわかならなさぶりにがっかりした方に朗報です。

「事例Ⅳ」も、絶対評価ではなく相対評価。

詳しくは明日火曜日以降の受験校正解待ちですが。

第1問 経営分析 Bランク ←ここは当てる
第2問 直接原価計算PL、CVP Dランク ←予想PLが当たればボーナス
第3問 NPV、回収期間法 Dランク ←部分点が当たればボーナス
第4問 知識問題ポエム Cランク ←何か書けばOK

第1問は普通の経営分析、第4問は何か書けば加点されるポエムなので一安心。第2~3問の計算結果が当たらず落胆した方が多いのですが、

計算問題が難しすぎる年は、その中で点差をつけるため、
部分点や複数正解で幅広く加点されるのがセオリー。

そのため数字の当てる当てないより、昨日の解法エクセルで示した

  • 第2問 直接原価計算PLを描けたか
  • 第3問 取替投資(差額CF)のタイムテーブルを描けたか

つまり、やや簿記に偏った「正しい解き方」を使えた所から加点される。そう捉える方が正しいでしょう。

H29「事例Ⅳ」 難易度D 合格点の目安

第1問 経営分析 Bランク
○ここを取る

  • 同業他社と比較した場合、以下で指標を決めていればOK。
    収益性 ×
    効率性 ○
    安全性 ×
  • 収益性、安全性はD社が明らかに劣位。効率性も褒められたものではないが、同業他社が輪をかけて悪いので。具体的な指標名、指標数値は受験校解答を参照ください。
△計算が合わなくてOK

  • 基本満点を取る問題であり、失点すると厳しいです。

 

第2問 直接原価計算PL Dランク
○ここを取る

  • CVP分析の応用問題です。(設問1)⇔(設問2、3)は数字がつながらない別の問題と気づけば、(設問2、3)でそこそこ加点できます。
  • ★(設問3)の売電単価27円が当たれば、イチ抜け+3~4点。
△計算は合わなくてOK

  • (設問1) CVP分析で頻出の感度分析の問題です。ただ簿記的な言い回しが多いため、営業利益までの完答は求めないでしょう。売上高・売上原価などの数字が当たれば、広く部分点が入るはず。
  • (設問2) 変動費(上期:試運転、下期:商用)の扱いが難しく、正解以外でも部分点の加点が期待できます。
  • (設問3) 売上単価が変動するため、通常の固定費÷限界利益率の公式では答えが出せません。売上高=変動費700+固定費370となる売電単価を方程式で求めますが、難度は高いです。
第3問 取替投資 Dランク
○ここを取る

  • 取替投資=差額CFの使い方を、簿記または類似の問題集で押さえていたかが点差です。
  • ★X5年度の新旧機械処分損が「同額原価」であることを指摘できていれば加点。
△計算は合わなくてOK

  • 旧機械の処分損、処分費用+TSの扱いが難しく、完答できた方はごく少人数でしょう。
  • X1年度の差額CFを段階的に出すやり方は至難です。差額CF76(または61)から逆算できた方は良いですが、法人税の扱いを詳しく教えない「Ⅳ」で、ここまでの出題をするのは疑問。
第4問 知識問題 Cランク
○ここを取る
一見、連結会計の知識を問う様に見えますが、実際そこまで深い話でなく、通り一編の記述ができていれば加点。

  • (設問1) D社PLについて記述。経営分析と同じ視点でOKっぽい。
  • (設問2) D-b社の銀行借入12億円があまりに不自然。長期/短期どちらかなのかは不明なので、「負債比率(自己資本比率)の悪化」をシンプルに書けばOK。
  • (設問3) 何を聞きたいか不明。何か書けば幅広く加点されるはず。

計算が当たらなくても合格点まとめ

「事例Ⅳ」なら十分勉強した、過去問の答えはすべて覚えた。でも、「だから計算問題の答えを当ててイチ抜け」とはならない。それが「事例Ⅳ」のやっかいさです。

過去問の解き方を覚えた人を、8割落とすための作問。

第2問はCVP、第3問はNPVの応用上級論点ですが、

  • 簿記1級問題集などで予め解き方を押さえない限り、解きづらい。
  • 解き方を押さえていても、条件設定の解釈が割れ、解きづらい。

つまり、計算結果を当てることは期待せず、「正しい解き方」をした方から順に部分点を与える。そんな採点基準になると見るのが妥当でしょう。では本当にそのような採点で差をつけることが可能か?それはいったん、受験校による解説にお預けしたいと思います。

<お願い>
当記事は、計算結果があまりに当たらないことにがっかりしないよう、設定が難しすぎる年は、どこで部分点が入るかを探すこと

を狙いにスピードを上げて投稿をしています。受験校の対応が示されるまでの「つなぎ」として、追加修正点の指摘など、オープンなイノベーションとしてご協力をいただけますと幸いです。

ポチっと押して「アイデアいただき」。
スッと爽やかにページが閉じます↓

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

    K事例Ⅳカテゴリの最新記事