【Ⅳ速報 】H29解答速報エクセル

【Ⅳ速報 】H29解答速報エクセル

第2問、第3問とも論点こそ簿記の基本ですが、設問条件の解釈が難しく、解答が割れやすい問題でした。特に第3問については、火曜日の受験校解答を待ち、修正含みとしてご覧ください。

エクセルのダウンロードはこちら。

※2017/12月時点の最新解答に更新済

第2問

(設問1)予想PL 単位:百万円

売上高
売上原価
売上総利益
販管費
営業利益
3,879
3,310
569
270
299

(設問2)

予想営業利益 △244百万円 ※上期試運転分の変動費60を含む。

(設問3)

予想営業利益 250百万円
損失に陥る売電単価 27円未満

第3問

(設問1) 単位:百万円

X1年度末差額CF 各年度末差額CF
項目 金額 項目 金額
税引前利益の差額
税金支出の差額
税引後利益の差額
非現金支出項目の差額
40
(※1)  6
46
30
X1期首
X1年度末
X2年度末
X3年度末
X4年度末
X5年度末
△210
(※1) 58+18=76
58
58
58
(※2) 58
X1年度末の差額CF 76

※1 旧機械の除却損△50+処分費用△10=△60で計算した場合。別解可能性あり。
※2 新旧機械のX5年度末除却損は、同額原価のため考慮しない。

第3問(設問1)は正直難しいです。

  • X1年度末差額CFは計算しにくく(当サイトは税引後CIFボックスを書き、差額76を求めてから逆算。合っているかは不明)、
  • 各年度末差額CFは、(※1)旧機械売却損+TSの扱いが難しいです。X5年度末=58(同額原価の無視)が当たれば、加点されるはずです。
  • 以上から(設問1)差額CFが当てにくく、(設問2)NPVも数字は一致しにくいです。

 

(設問2)

安全性・・受験校解答待ち(回収期間法?)
収益性・・NPV +44.63 ※別解可能性あり

NPVがプラスのため、設備更新案を採用する。

複数でなく、一個人での「事例Ⅳ」計算問題一発完答は難しいです。
  • ただそこで立ち止まらず、躊躇せず。
  • CVPやNPVの計算は鉄板ワンパターン。速報値でまず示す。
  • 条件見落とし、単位違いは、読み手の指摘をいただきすぐ修正。

当「速報」は、エクセルで解いてみた速報値であり、残念ながら「正解」とは限りません。計算ミス・見落とし・別解など、ご意見・ご指摘をお待ちしております。

※火曜日には受験校正解が発表されますが・・。

10/23 速報2 計算が当たらなくても合格点

計算が 当たらなくても 合格点

H29「事例Ⅳ」は難しい。昨日、再現答案や簡易自己採点をし、「事例Ⅳ」計算問題のワケわかならなさぶりにがっかりした方に朗報です。

「事例Ⅳ」も、絶対評価ではなく相対評価。

詳しくは明日火曜日以降の受験校正解待ちですが。

第1問 経営分析 Bランク ←ここは当てる
第2問 直接原価計算PL、CVP Dランク ←予想PLが当たればボーナス
第3問 NPV、回収期間法 Dランク ←部分点が当たればボーナス
第4問 知識問題ポエム Cランク ←何か書けばOK

第1問は普通の経営分析、第4問は何か書けば加点されるポエムなので一安心。第2~3問の計算結果が当たらず落胆した方が多いのですが、

計算問題が難しすぎる年は、その中で点差をつけるため、
部分点や複数正解で幅広く加点されるのがセオリー。

そのため数字の当てる当てないより、昨日の解法エクセルで示した

  • 第2問 直接原価計算PLを描けたか
  • 第3問 取替投資(差額CF)のタイムテーブルを描けたか

つまり、やや簿記に偏った「正しい解き方」を使えた所から加点される。そう捉える方が正しいでしょう。

H29「事例Ⅳ」 難易度D 合格点の目安

第1問 経営分析 Bランク

○ここを取る

  • 同業他社と比較した場合、以下で指標を決めていればOK。
    収益性 ×
    効率性 ○
    安全性 ×
  • 収益性、安全性はD社が明らかに劣位。効率性も褒められたものではないが、同業他社が輪をかけて悪いので。具体的な指標名、指標数値は受験校解答を参照ください。
△計算が合わなくてOK

  • 基本満点を取る問題であり、失点すると厳しいです。

 

第2問 直接原価計算PL Dランク

○ここを取る

  • CVP分析の応用問題です。(設問1)⇔(設問2、3)は数字がつながらない別の問題と気づけば、(設問2、3)でそこそこ加点できます。
  • ★(設問3)の売電単価27円が当たれば、イチ抜け+3~4点。
△計算は合わなくてOK

  • (設問1) CVP分析で頻出の感度分析の問題です。ただ簿記的な言い回しが多いため、営業利益までの完答は求めないでしょう。売上高・売上原価などの数字が当たれば、広く部分点が入るはず。
  • (設問2) 変動費(上期:試運転、下期:商用)の扱いが難しく、正解以外でも部分点の加点が期待できます。
  • (設問3) 売上単価が変動するため、通常の固定費÷限界利益率の公式では答えが出せません。売上高=変動費700+固定費370となる売電単価を方程式で求めますが、難度は高いです。

第3問 取替投資 Dランク

○ここを取る

  • 取替投資=差額CFの使い方を、簿記または類似の問題集で押さえていたかが点差です。
  • ★X5年度の新旧機械処分損が「同額原価」であることを指摘できていれば加点。
△計算は合わなくてOK

  • 旧機械の処分損、処分費用+TSの扱いが難しく、完答できた方はごく少人数でしょう。
  • X1年度の差額CFを段階的に出すやり方は至難です。差額CF76(または61)から逆算できた方は良いですが、法人税の扱いを詳しく教えない「Ⅳ」で、ここまでの出題をするのは疑問。

第4問 知識問題 Cランク

○ここを取る
一見、連結会計の知識を問う様に見えますが、実際そこまで深い話でなく、通り一編の記述ができていれば加点。

  • (設問1) D社PLについて記述。経営分析と同じ視点でOKっぽい。
  • (設問2) D-b社の銀行借入12億円があまりに不自然。長期/短期どちらかなのかは不明なので、「負債比率(自己資本比率)の悪化」をシンプルに書けばOK。
  • (設問3) 何を聞きたいか不明。何か書けば幅広く加点されるはず。
10/24 速報3 計算問題は別解OK

合格スタイルに加え、正解さえ多様化?

「事例Ⅳ」ショックと言われた日曜から2晩が明けて。「あれ、オレもしかしてイケてる?」そう前向きに捉え直した方に、さらに朗報。

H29「Ⅳ」第2、3問の計算問題には別解を認め、
極端には別解と正解が同点になる可能性。

根拠:計算問題は別解OK

例えば第2問(設問3)には、①27円未満説 ②20円未満説の2つがあります。仮に①が正解としても、②にも部分点または①と同じ点が与えられる可能性が十分あります。

  • 計算条件を文章で与える以上、解釈が割れるのは止むなし。
  • 従来は、「出題者と異なる解釈をする方が悪い」とされた。
  • ただそれが何年も放置され、むしろ悪用するような出題も。

H29で言えば、①第2問変動費(試運転⇔商用)の扱い ②第3問 X1年旧機械除却損の扱いは、読み方により含める⇔含めないどちらにも解釈できます。

第2問、第3問のこの「制約の甘さ」には意図的な臭いを感じます。

そういえば当試験における「2択」とは、

△:どちらか一方が間違いというより、
○:どちらも正しく、自分がより正しいと思う方を選べばOK

でしたっけ。このとき、

A:計算結果を当てることに血眼
→ボクの答えこそ正しいのでちゅ!=いつまでもお子ちゃま。
B:計算過程が合えば別解OK
→解釈次第で計算結果が異なって良い=オトナの割り切り。

そして第2問、第3問の題意を思い起こす。

第2問→問いたいのは、
変動費の処理<直接原価計算+CVPを扱えるか
第3問→問いたいのは、
除却損の処理<取替投資を差額CFで扱えるか

そこで計算結果への配点より、「問いたい所を押さえているか」の部分点のウェイトを上げる。そんなオトナの採点基準に期待したいですね。

ポチっと押して「アイデアいただき」。
スッと爽やかにページが閉じます↓

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

    K事例Ⅳカテゴリの最新記事